その他

Windows7のプレビューウィンドウを使ってファイルを開かずに中身を確認する方法

今回の記事では、Windows7のパソコンに保存されたファイルの中身を個々のファイルを開かずに確認する方法を紹介します。

Windows7でファイルを表示せずに中身を確認する方法


パソコンに保存されているファイルには、ファイル名を見ただけでは内容がすぐに分からないというものも中にはあるかと思います。

そうしたファイルは内容を確認するためにファイルを一度開くという操作が必要になりますが、これを複数のファイルで行うと手間がかかります。

ただしそんな時でも、エクスプローラーに「プレビューウィンドウ」を表示しておくと、画像やテキストなどのファイルを直接開くことなく中身を確認することができるようになり作業を効率化することができます。

 

プレビューウィンドウを表示する手順


それでは、ここからWindows7のパソコンで「プレビューウィンドウ」を表示する2通りの方法を説明します。

 

「整理」ボタンから表示・非表示を切り替える方法


まずはエクスプローラー(「ドキュメント」などの任意のフォルダ)を起動し、画面左上に表示されている「整理」をクリックします。

Windows7エクスプローラー「整理」をクリックして表示したメニューからプレビューウィンドウをオンにする時の操作画面

そうするとメニューが表示されるので、「レイアウト」⇒「プレビューウィンドウ」をクリックします。

すると、エクスプローラーの右側にプレビュー領域が現れます。

Windows7プレビューウィンドウを表示した時の画面

そして中身を確認したいファイルをクリックすると、この領域部分にファイルの内容が表示され、直接開くことなくどんなファイルかを確認することができます。

 

アイコンから表示・非表示を切り替える


また上記の手順以外に、以下の操作でも同様のことが可能です。

まずはエクスプローラーを表示し、画面右上にある以下のアイコンをクリックします。

Windows7プレビューウィンドウのオン・オフを切り替える時の操作

Windows7プレビューウィンドウのオン・オフを切り替える時の操作

そうするとウィンドウが表示されていない時にはワンクリックで表示することができ、逆に表示されている時にはワンクリックで非表示にすることができます。

 

PDFファイルの中身を確認する場合


もしPDFファイルの中身を確認する際、複数のページがある場合にはページ数分の内容を確認することが可能です。

この場合には、画面下部に以下のような表示が現れます。このマークをクリックすると複数ページをまとめて表示することができます。

Windows7プレビューウィンドウで複数ページがあるファイルの中身を確認する時の画面

 

また以下の矢印マークをクリックしてページを移動して表示することも可能になります。

Windows7プレビューウィンドウで複数ページがあるファイルの中身を確認する時の操作

 

まとめ


以上、今回はWindows7でファイルを開かずに中身を確認する方法を紹介しました。

ただし、この方法ですべてのファイルの内容が確認できる訳ではありませんが(一部利用できないファイルもある)、それでもちょっとした操作で作業の効率化につながるので活用してみてください。
Share:
シゴトピ編集部