用語

「拝啓」の使い方とは?意味や対応した結語・他の頭語との違いは?現役ライターがサクッと解説

今回の記事では、手紙の文頭において挨拶の語として用いる「拝啓」の意味と使い方、結語となる言葉について、翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきます。

手紙・添え状などで挨拶に用いる「拝啓」の意味と使い方

image by iStockphoto

手紙やビジネスシーンでの送付状などでは、挨拶の言葉として「拝啓」を用いる場合があります。

ここでは、この言葉にどんな意味があり、またどのように用いるのかを説明していきましょう。

「拝啓」の意味・例文

image by iStockphoto

「拝啓」は訓読みすると「おがみもうす」となります。

「拝」には「おじぎ」、「啓」には「申し上げる」という意味がありますので、「拝啓」は「へりくだって申し上げる」「謹んで申し上げる」というように、相手に敬意を払うことを表す挨拶です。

手紙の冒頭に置き(頭語)、後には時候の挨拶を続けて以下のように用います。

「拝啓 ○○の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」
「拝啓 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます」
「拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」
「拝啓 桜花の候、心華やぐ季節となってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか」

「拝啓」を用いる場面

image by iStockphoto

この言葉は一般的な手紙などの往信で用いる語です。つまり、こちらから手紙などを相手に送る場合に文頭に置いて使用します。

 

「拝啓」の結語に用いる言葉

image by iStockphoto

「拝啓」を挨拶の語として文頭に用いる場合には、本文の後に、以下の言葉を結語として併せて使用します。

敬具

image by iStockphoto

「敬具」は、訓読みすると「うやうやしくととのえる」となります。「敬」は「うやまって」、「具」は「こまごま申し上げる」という意味ですので、「敬具」は「以上謹んで申し上げます」「謹んで申し上げました」という意味を表す言葉です。

手紙の文末に置き、拝啓とセットで用いる結語となります。

 

かしこ

image by iStockphoto

「かしこ」は、「敬具」の代わりに相手に対して敬意を表す挨拶の言葉として用いる言葉です。

「畏し(かしこし)」の語幹から生じた語で、「恐れ多く存じます」「恐れ慎む」といった意味を表し、女性が手紙の終わりに添えて用います。

この「かしこ」はすべての頭語と組み合わせることができますが、女性らしさを強調するため、ビジネスシーンでは避けた方が無難でしょう。

拝啓・敬具を使わない場合

image by iStockphoto

「拝啓」「敬具」はいつでも使えるわけではありません。

主に手紙のみで使用され、忙しい相手に負担をかけないように用件を手短に伝えるビジネスメールでは使わない言葉です。

相手に負担をかけないという意味では、お見舞い状やお悔やみ状などでも省略します。

年賀状や寒中見舞い、暑中見舞いなど季節の挨拶にも使いませんし、文字数が限られるはがきでも省略する場合が多いようです。

また、「拝啓」「敬具」は相手との距離感を示す言葉となるので、普段からよく関わっている上司や親しい相手には使いません。

その他の頭語・結語

image by iStockphoto

それでは、「拝啓」「敬具」「かしこ」以外の頭語と結語について見てみましょう。

通常の手紙では

image by iStockphoto

「啓上(けいじょう)」「拝呈(はいてい)」なども使います。

「啓上」は「申し上げる」という意味です。よく男性からの手紙で「一筆啓上」という言葉を目にしますよね。それは、「簡単な手紙を差し上げます」という意味になります。

「拝呈」は「謹んでお贈りします」の意味ですが、「拝啓」と同じように使われる言葉です。

結語には、「敬白」や「拝具」を使います。

返信するとき

image by iStockphoto

受け取った手紙に対して返信するときには、「拝復(はいふく)」「復啓(ふくけい)」「敬復(けいふく)」「謹復(きんぷく)」を使います。

「拝復」「復啓」「敬復」は「お手紙拝見しました」という一般的な言葉で、「謹復」は「謹んで拝見しました」という丁寧な言葉です。

一般的な結語としては「拝答」「敬答」、丁寧な結語には「謹言」「謹答」を使います。

特別丁寧な手紙では

image by iStockphoto

お客様などに対して特別丁寧な手紙を送る場合にふさわしい頭語は、「謹啓(きんけい)」「謹呈(きんてい)」「恭啓(きょうけい)」を使います。

それに対する結語は、「謹言」「謹白」「敬白」です。

急いでいるとき

image by iStockphoto

緊急の場合には、「急啓(きゅうけい)」「急呈(きゅうてい)」「急白(きゅうびゃく)」という頭語を使って、「取り急ぎ申し上げます」という意味を表します。

それに対する結語は、「草々」「不一」「不備」です。

「草々」には「取り急ぎのご連絡でした」「慌ただしくて申し訳ありません」、「不一」「不備」には「気持ちを十分言い表せていません」というニュアンスを含みます。

基本的な手紙の構成

image by iStockphoto

手紙は、前文・主文・末文・後付けから成るのが正式な形です。

前文には、順番に「頭語」「時候の挨拶」「相手への気遣い」「相手への感謝」を綴ります。

主文で用件を述べた後、末文では順に「用件のまとめ」「手紙の拙さに対する詫び」「時候の挨拶」「相手への気遣い」「結語」を書きましょう。

後付けには、日付と署名、そして宛名を記します。

場面に応じてふさわしい頭語と結語を使おう

以上、「拝啓」をはじめ、頭語と結語の意味や使い方について説明しました。

手紙などで多く用いられ、よく耳にする言葉でもあります。しかし実際に使用する際には、結語には何が使えるのか、どんな意味を持ちどんな時に用いるのかなど、迷うことがあるかもしれません。

基本としては、一般的な手紙で「頭語」を文頭に置くということや、それと組み合わせることができる「結語」を必ず末尾に添えるということです。

相手との距離感や手紙の目的などによってふさわしい表現は変わりますから、適切なものが使えるようにしておきましょう。

Share:
konomianko