用語

「善処」の意味と使い方・例文・「対処」との違い・ビジネスで用いる際の注意点は?現役ライターがサクッと解説!

「善処」(読み方:「ぜんしょ」)という言葉は、ビジネスの場面で何らかの依頼に対する返答をする場合に「善処します」という形でよく用いられます。

この言葉は、一見して前向きで良い返答をしているようでもありますが、曖昧なニュアンスを含み、場合によっては相手との間に誤解が生じる恐れがあるなど、使い方には気を付けたほうが良い表現といえます。

そこで、ここでは「善処」の意味と使い方、また、併せて近い意味のある「対処」との違いを説明していきます。

「善処」の意味と使い方・例文・「対処」との違い

image by iStockphoto

それでは、以下に「善処」の意味と使い方、また類義語について説明します。

善処の意味とは?

まず、「善処」には、二つの意味があります。一つ目は「適切に処理すること」といった意味で、「物事をうまく処理すること」を表す語です。二つ目は仏教用語で、「来世に生まれる良い場所」という意味で、良い意味で使われています。この記事では一つ目の意味を説明していきますね。この「善処」ですが、一見すると、いい方に向かっていると捉えられます。しかしニュアンスによっては誤解されてしまう場合もあるでしょう。なぜ誤解をされてしまうのかも、これから見ていきましょう。

 

 

善処の使い方

次に、「善処」の使い方を例文を使って見ていきましょう。日常生活ではあまり使わないかもしれませんね。ビジネスで主に使われる事が多い語です。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「その件に関しては、前向きに善処いたします」
「二度とそのようなことが起こらないよう、防止に向けて善処いたします」
「その件については出来る限り善処したいと思います」

このように相手に改善をする・処置をする、という使い方をします。処置をするとは言っていても、具体的に何をするとは伝えていないため、善処は曖昧な印象を持つことが注意点です。

ニュアンスによってはその場しのぎのように誤解を与えてしまう場合もあります。

 

ビジネスの場面で用いる際の注意点

ビジネスの場面において、商談などで「善処します」といわれた場合には何らかの改善策が取られるという印象を抱く場合もあるかもしれません。

ただし、そのように言う場合、「うまく処置する」つまり「しかるべく取り計らいます」ということを言っているだけで、具体的にどのような処置を図るかを述べてはおらず、漠然としていてどのようにも受け取れる曖昧さがあります。

そこから商談などの場面においては、その場では確約できないことを言われた場合に「その場しのぎの返答」として用いられることもあるようです。

しかしながら、そのような使い方は、場合によっては相手に期待を抱かせてしまう可能性もあるため、用いる場合には注意したほうが良いといえます。

また、逆に相手からそのような返答をされ不安な場合や納得できない場合には、具体的に「どのような処置」がなされるのかなどを確認するようにしたほうが良いかもしれません。

「対処」との違いは?そもそも対処の意味とは

では次に、似た意味のある「対処」という語との違いについて見ていきましょう。

まず、「対処」には「その事柄や状況に対して適切な処置をすること」という意味です。

 

そして、この語と「善処」の使い方を比較すると以下のようになります。

「対処」「システムの不具合に対処する」(システムの不具合を解消するために必要な処置をする)
「善処」「ご要望の件については出来る限り善処いたします」(ご要望の件については出来る限り適切に取り計らいます)

上記したように、「善処」は単に「うまく処置をする」「最良の処置をする」といった意味の言葉で、たとえばそれが「どのような方向性で処置をするのか」「誰にとって最良となる処置をするのか」といった具体性がない表現となります。

それに対して、「対処」は「その物事、個々のケースに対して適した対応をする」ことを表すというニュアンスがあるという点が「善処」との違いです。

 

「善処」の類義語はある?

曖昧、その場しのぎ、とマイナスなイメージが多い「善処」ですが、類義語に

「努力」と「改善」があり、この二つに言い換えると、以下のようになります。

「このような事態が起きないよう、防止に向けて努力いたします」
「システムの不具合については改善に向けて尽力しております」

いかがでしょうか。上記のように言い換えるだけで、印象がずいぶん変わりましたね。

「努力」とは、力を尽くして励むこと。

「改善」とは、正すべきところを改めてよいものにすること。

ちなみにですが、「改善」も抽象的に使うことが多い表現です。同様の意味を持つ「改良」は「この~~の~~を改良しました」というように、具体的に使うことが多いと思います。

相手の要望に添えるように、改善に向けた努力をしていく、という返答と受け取ってもらうことが大切です。期待を持たせる要素が強くなり、不安になるかもしれませんが曖昧に表現するよりも、このように言い切る表現の方がいい場合もあるでしょう。

ケースによって言い換えをし、使い方を分けていくと良いと思います。

「善処」とは悪いの?

善処という言葉が悪いのではなく、そう表現した後にきちんと対応をすれば、問題はありません。自信がないために、どうしてもそのようにいってしまっているだけならいいのではないでしょうか。言っておいて何も対処をしていないのでは、どのような言い方をしても、相手からの信用を欠いてしまうでしょう。

その場で返答を求められた際に、言うことの出来る「便利な言葉」でもあります。ただし、多用をすると誠実さに欠けていると思われてしまうかもしれません。はっきりと説明を出来るなら、使うことを控えた方がいいでしょう。

 

「善処」の意味とビジネスでの使い方のまとめ

以上、「善処」の意味と使い方を説明しました。

上記のように、この言葉は曖昧さが伴い、相手に誤解を与えたり納得してもらえなかったりする恐れがあります。

ケースや自信のなさ、使い勝手のよさで使いがちですが、できるだけ用いるのは避け、より具体的な表現を用いるようにすると、トラブルを避けてよりスムーズなやり取りをすることにつながるでしょう。

Share: