用語

「一期一会」の意味と使い方・例文・由来・英語表現は?小説作家である筆者がサクッと解説!

「一期一会」(読み方:「いちごいちえ」)は、広く知られた比較的馴染みのある四字熟語です。

とはいえ、この言葉は具体的にどのようなことを表していてどのような使い方ができるのか、どんな由来がある言葉なのか、また英語や類義語ではどのように表現するのかといったことを疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「一期一会」の意味と使い方、言葉の由来、また英語や類義語で表す場合の表現について、学生時代から小説をたくさん書き、現在もライターとして活動している筆者が説明していきます。

「一期一会」の意味と使い方・由来・例文まとめ

image by iStockphoto

それでは、以下に「一期一会」の意味と使い方、言葉の由来、英語や類義語の表現について説明します。

「一期一会」の意味・由来

まず、「一期一会」には「一生に一度会うこと」「一生に一度限りであること」といった意味があります。

この言葉は、もともと幕末の大老として知られている彦根藩主・井伊直弼が記した「茶湯一会集」という著書にて、「茶道において一つの出会いを大切にして悔いのないように茶を点てる」という「茶道の心構えを説いた語」として用いられたものでした。

そして、それが後に「人との出会いを大切にする」という意味で用いられるようになったものだといわれています。

「一期一会」の英語表現

image by iStockphoto

次に、「一期一会」を英語で表す場合の表現について見ていきましょう。

「一期一会」の意味を英語で表したい場合には、「またとない、一生に一度の」という意味をもつ
「a once in a lifetime」という表現を用いて、以下のような言い方をすることができます。

一生に一度の経験:「a once in a lifetime experience」

またとない機会 :「a once in a opportunity」「a once in chance」

またとない出会い:「a once in a lifetime meeting」

会話の中では、「a once in a lifetime」以外でも、「貴重な出会い」、「価値ある出会い」といったニュアンスの言葉を使うと、意味が通じやすくなると思います。

また、この出会いがチャンスであるというポジティブな用語(キーワード)が加わると、よりいっそう出会いの価値を強調することができるでしょう。

「一期一会」の使い方・例文

次に、「一期一会」を使った例文を見てみましょう。

この言葉は、以下のように用いることができるので、ぜひご参考にしてみてください。

1.部下と上司の会話の例1
部下:来月、新しい顧客が、来社して頂けることとなりました。
上司:すごいじゃないか。
   これが「一期一会」だと思い、精一杯の誠意を尽くして相手に接するようにしよう。

2.部下と上司の会話の例2
部下:これまでずっと目指してきた新規顧客獲得数で、1位を受賞することができました。
上司:すばらしい。
   ビジネスでは、「一期一会」が大事だと理解して、これまでの日々を過ごして
   きた証だね。

3.卒業生と先生の会話の例
卒業生:在学中は、ありがとうございました。今日、卒業します。
先生 :卒業おめでとう。先生から言葉のプレゼントをします。
    それは、「一期一会」を大切しましょう。という言葉です。
    これから社会に出ていくと、いろんなことにチャレンジしていくことに
    なると思います。
    「一期一会」を大切にして生きていくことが、自分の人生の価値をより
    高めることができると思いますので、がんばってください。

4.子供と父親の会話の例
子供:将来、朝日新聞社に入って、マナーの文章が書けるようになりたいな。
   それと、書籍も出せるようになりたい。
   それでね、これから大事になることを教えてほしいんだ。
父親:とてもいい夢だね。
   大事なことは、たくさんあるけど、今も昔も変わらないことがあるよ。
   それはね、日常生活で、「一期一会」を大事にすることなんだ。
   これを大事にしない人は、そのあとの結果が大きく変わるのだよ。

5.夫婦の会話の例
妻:あの人、観光業界では、カリスマ経営者らしいよ。
  外国人に対応するために日本の無料案内サイトを世界中に紹介したらしいね。
夫:その人は、世界の人を相手に「一期一会」をとても大事にしてきたという評判だよ、
  だからカリスマ経営者と言われるまでになったのだと思う。

人との出会いを大切することが大事。
言い換えると、出会いを無駄にしないという気持ちを持つことが大事。
価値ある出会いは多くは無いととらえ、人と人の縁を大事にすることが一度きりの人生の質を高めるということですね。

「一期一会」の類義語・言い換え

image by iStockphoto

「一度きりの出会い」と言う意味からも以下のような言葉があります。

・巡り会い
・偶然の出会い

それぞれの意味をみていきましょう。

「巡り会い」  :思いがけずに出会うこと。
         例文:これから巡り会う人とは、大切にしたいと思います。
「偶然の出会い」:偶然にして出会うこと。
         例文:今の成功があるのは、あの時偶然出会った人のおかげです。

このように普段よく使う言葉で置き換えることが出来ます。

また、「千載一遇」(読み方:「せいざいいちぐう」の言葉も合わせて理解することで、
よりいっそう「一期一会」の理解が深まるでしょう。

「千載一遇」は、直訳すると、千年に一回に訪れるチャンスのことや二度と訪れることが無い機会と言われています。

つまり、一期一会は、人との出会いと使われますが、千載一遇は、機会(出来事)としての
貴重な瞬間という形で使われることが多いと覚えると良いでしょう。

「一期一会」を大事にすると人生の価値が向上する!

以上、「一期一会」の意味と使い方、由来、英語での表現と類義語についてまとめました。

この言葉は「人生において一度きりの経験や出会い」という意味があり、人との出会いや一つ一つの経験を大切にすることを表します。

主に人との出会いが多い職業に就いている人が用いたり、目にする機会が多いかもしれません。

それ以外にも就職・転職の面接において座右の銘として挙げるなど、さまざまな場面で用いることができるので、どのような意味や主旨があるのかを理解して覚えておくと良いでしょう。

Share:
noah