用語

「お大事に」の意味と使い方・例文・類似表現・言い換えは?現役ライターがサクッと解説

「お大事に」は、「相手の健康への気遣いを表す語」として一般的に使われている表現で、相手を限定することなく、あらゆる場面で用いることができます。

特に使い方の難しい語ではありませんが、相手が目上の人である場合には、どう表現するのが適切なのか迷うことがあるかもしれませんし、他の言い回しを使って表現したいと思うことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「お大事に」の意味と使い方、また相手の身体を気遣う表現には他にどのようなものがあるかについて、翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきます。

「お大事に」の意味と使い方・例文・類似表現

image by iStockphoto

それでは、「お大事に」の意味と使い方、またこの言葉と似たような意味を持つ表現について説明していきましょう。

「お大事に」の意味は?

image by iStockphoto

「お大事に」は「お大事にしてください」を省略したもので、「相手の人が大切にすること、用心すること」を表し、相手の健康状態への気遣いを示す場合に使う表現です。

「お大事に」には、「早く治りますように」の意味と、「大事に至りませんように」「病気が悪化しませんように」の意味があります。

「お大事に」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「お大事に」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「お風邪を召されたと伺いました。忙しい時期だからと焦らずどうぞお大事になさってください」
「○○様が○○で療養中だと伺い驚いています。どうぞご無理をなさらずくれぐれもお大事になさってください」
「微熱だからと高をくくらず、きちんと診察を受けてお大事にしてください」
「夏風邪を引いたとのこと、長引かないように無理をせずどうぞお大事に」

この言葉は、上記のように「お大事に」「お大事にしてください」という形で用いることができますが、相手が目上の人の場合には「お大事に」と文末を省略する言い方は避けましょう。

「お大事になさってください」と言うと、より丁寧になりますので、口頭の場合はこの表現を使うことをおすすめします。

メールなどの文面で伝える場合には、「お大事に至りませんよう、お祈り申し上げます」とするのが適切な表現です。

「お大事に」に対する返事

image by iStockphoto

自分の具合が悪くて、誰かから「お大事に」と言われた場合には、「ありがとうございます」「お気遣いいただきありがとうございます」などと返事をすると良いでしょう。

「お大事に」の言い換え表現

image by iStockphoto

では、相手の体調を気遣う「お大事に」と類似した意味を表す表現について見ていきましょう。

「ご自愛ください」

image by iStockphoto

「自愛(じあい)」は、「自分を大切にすること、自分の身体に気を付けること」を意味する言葉です。

老若男女問わず使える表現で、手紙やメールなどの結びの言葉としてよく使われます。

「体調を崩さないように体を大事にしてください」というニュアンスを含みますので、既に病気やケガで治療中の人に対して使うことはできません。

また、「自愛」という言葉には「自分の体」という意味が含まれているため、「お身体をご自愛ください」というのは意味が重複してしまう間違った表現です。

「どうか無理をなさらず、くれぐれもご自愛ください」
「くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます」

などの使い方ができます。

「養生なさってください」

image by iStockphoto

「養生(ようじょう)」は、「病気やけがの回復に努めること」を表す言葉です。「休む」ことを表しますが、特に「治療のために休む」という意味合いでよく使われます。

例文は次の通りです。

「この機会にしっかり養生なさってください。一日も早いご快復をお祈り申し上げます」

「静養なさってください」

image by iStockphoto

「静養(せいよう)」とは、「病気や疲労の回復を図るために心身を静かに落ち着けて休ませること」を意味する言葉です。「仕事を離れてゆっくりする」の意味を含みます。

「くれぐれも無理をなさらず十分にご静養ください」

「まずはご回復を第一に、ご静養くださいませ」

のような使い方をする表現です。

「療養なさってください」

image by iStockphoto

「療養(りょうよう)」は、「病気を治すために治療し養生すること」を表す言葉です。健康回復のために心身を休めることを意味します。

「○○様にはぜひとも療養に専念していただき、またお元気な姿を拝見できることをお祈りしております」

などの使い方をする表現です。

「休養なさってください」

image by iStockphoto

「休養(きゅうよう)」は、「気力や体力を回復するために、仕事などを休んで体を養うこと」を意味する言葉です。

気力や体力を養うことを目的に、長期にわたって仕事を休むことを表し、次のような使い方をします。

「このところお忙しくしておいでだったので日ごろのお疲れが出たのかもしれません。ゆっくりと休養され、一日も早く元気なお姿を拝見できることを願っております」
「この機会にどうぞゆっくりと休養なさってください」

「ご回復(快復)をお祈りしております」

image by iStockphoto

「回復」は、「悪い状態になったものが元の状態にもどること」を表す言葉です。

「快復」の字を使うこともありますが、「回復」が天候などについても使えるのに対して、こちらは病気に対してのみ使える表現で、且つ「完全に治る」という意味を含んでいます。

「〇〇様の一日も早いご回復(快復)をお祈りしております」

のような使い方ができる表現です。

「お身体をおいといください」

image by iStockphoto

「いとう(厭う)」は、「嫌がる」の他に「大事にする」「いたわる」の意味を持つ言葉です。

「お身体をおいといください」という表現は、「ご自愛ください」と同様に結びの挨拶として使いますが、相手を思いやる気持ちがより強いものになります。

「これからますます寒くなってまいりますので、どうぞお身体をおいといください」

のように使える表現です。

 

「お労りください」

image by iStockphoto

「労わる(いたわる)」には「養生する」「大事にする」という意味があります。

「お労りください」は、「お大事になさってください」よりも相手の健康を思いやる気持ちが強くなる表現です。

「お疲れの出ませんように、お体をお労りください」

のように使います。

これらの表現は、いずれも相手への気遣いを表す場合に用いることができますが、それぞれ異なるニュアンスがあります。

たとえば「自愛」は「お大事に」と同じように「自分を大切に」ということを表しますが、「療養」は治療に専念する、「静養」「養生」は病気などの回復に努める、「休養」は体を休めることを表すという違いです。

そのため、その時々のケースに応じて、「相手の回復を願う」なり、「身体を大切にすることを願う」なり、「ゆっくりと休むことを促す」なり、使い分けられるようにしましょう。

相手の健康を思いやる言葉は状況によって使い分けよう

以上、「お大事に」の意味と使い方、また相手の身体を気遣う他の表現についてまとめました。

この言葉を使うことで、ビジネスで関わっている人や家族・知人などに対して、相手の健康への気遣いを表すことができます。

状況によっては、「養生」などの言葉を使って病気の回復を願う気持ちを伝えることもできるので、その時々のシーンにふさわしい表現が使えるように、違いをしっかり理解しておきましょう。

Share:
konomianko