用語

「ご無沙汰」の意味と使い方・例文・類似表現は?新聞記者歴29年の筆者が解説!

みなさんは「ご無沙汰(ごぶさた)」という言葉を使ったことがありますか?手紙などで「ご無沙汰致しております」と書いたり、友人に会って「ご無沙汰!」とあいさつすることもあります。日常の多くの場面で使われている言葉ですが、改まった場面や目上の方などに対して失礼にはあたらないのか、疑問に思うこともあるでしょう。また、似た表現にはどんな言葉があるのかも気になるところです。今回の記事では、「ご無沙汰」の意味や使い方、由来、さらに類義語や類似表現について、新聞記者歴29年の筆者が詳しく解説していきます。

「ご無沙汰」とは

image by iStockphoto

非常に幅広い場面で使われている「ご無沙汰」という言葉ですが、本当はどのような場面で用いるのが適切なのでしょうか。

それでは、以下に「ご無沙汰」の意味と使い方を説明していきます。

「ご無沙汰」の意味

「ご無沙汰」は「しばらくの間、便りがなかった(しなかった)」と言う意味の「無沙汰」の前に、敬語をつくるための接頭辞「御(ご)」がついた形です。つまり、親しい友人などの敬意が必要ない関係であれば「無沙汰」で済ませてもよいはずなのですが、一般的には「ご無沙汰」がワンセットの慣用句として用いられています。

手紙やフォーマルな場面では、さらに丁寧な語を続けて「ご無沙汰いたしておりますが〜」などと使うことが多いでしょう。一方、リラックスした場面で「とんとご無沙汰だよ」と言ったりもします。いずれにせよ現在では、「ご無沙汰」が定型化しているようです。

また、便りや連絡がなかった(しなかった)というだけではなく、もう少し範囲を拡大させ、「しばらくの間顔を見なかった・会うことができなかった」ケースでも用います。ビジネスシーンなどで「ご無沙汰いたしております」と挨拶をすると、「しばらく会う機会をつくれず、申し訳なかった」という謝罪の気持ちを込めることができるでしょう。ただし、どれくらいの時間を「ご無沙汰」と感じるのかは、個人差があるようです。

では以上を踏まえて、使い方・例文を見ていきます。

「すっかりご無沙汰してしまいましたが、皆様お変わりありませんでしょうか」

「久しくご無沙汰しております。その後いかがお過ごしですか」

「ご無沙汰しておりますが、○○様にはお元気でご活躍のことと存じます」

「仕事にかまけて(雑事に追われて)ご無沙汰しておりました」

「ご無沙汰」の「沙汰」とは?

image by iStockphoto

「ご無沙汰」で使われている「沙汰」は、「地獄の沙汰も金次第」「表沙汰」「警察沙汰」という表現の中にある「沙汰」と同じですね。実は「沙汰」は非常に多くの意味を持つ言葉です。

「沙」は砂の意味。「汰」は「よなげる」と読んで「水ですすいで混入物を取り除く」ということを意味します。したがって本来は「砂を水ですすいで細かいものを選び分ける」ことを意味しました。いつの間にかさまざまな解釈が加わり「便り・知らせ」の意味も持つようになったようです。

そして「無沙汰」は「沙汰が無い」つまり「便りがない」ことを言い表すようになります。

注意点

一方、「ご無沙汰」の語順を変えて「沙汰無し」とすると、「連絡がない」の他にも違った意味を持つようになるので気をつけましょう。

・他人には知らせないこと。内緒にすること。

・表沙汰にしないこと。穏便に済ますこと。

・話をなかったことにすること。

どちらかと言うと古い使い方で、現在ではあまり目にすることがありませんが、覚えておくと役に立つかもしれません。

「ご無沙汰」と似た表現

image by iStockphoto

連絡や面会の間隔が開いてしまったことを指す言葉は、「ご無沙汰」の他にも存在します。

シチュエーションによってはこちらを使ってみてはいかがでしょうか。

久しぶり・久方ぶり

「久しぶり」は、長い時間が経っていることを指す「久しい」に、時の経過の程度を表す接尾辞「ぶり」がついてこの形となります。「前回からしばらくの時間が経っている」ことを意味しますが、こちらも「ご無沙汰」と同じく、どのくらいの時間が「久しぶり」となるのかは人それぞれで、明確にはしないようです。

また、同じ意味で「久方ぶり」という言い回しもあります。

敬語として使いたい場合には、接頭辞の「お」をつけて「お久しぶりでございます」としてもよいですが、「ご無沙汰いたしております」のほうが堅い印象を与えるようです。

しばらくぶり

「しばらくぶり」の「しばらく」にも特に客観的な基準はなく「ある程度の長い時間」を指します。こちらも、「前回からある程度の時間が過ぎていること」の意味で用いられる言葉です。ニュアンスとしては「久しぶり」よりも多少長い時間を感じさせるでしょう。

日常の会話の中で使うと少し柔らかい印象を与えますが、目上の方に対してやビジネスシーンなどでは「ご無沙汰しております」のほうがマナーとして好まれるようです。ただ、漢字を使って「暫く振りでございます」とすると堅い印象になります。手紙などの文章ではそれほど違和感がないかもしれません。

江戸時代には…

江戸時代には、少しふざけた感じで「娑婆以来(しゃばいらい)」と言うこともあったそうです。川柳集『柳多留(やなぎだる)』には「娑婆以来是は是はとそり返り」とあります。「おおご無沙汰。よくもまあこんなところで会ったもんだ」といった感じでしょうか。

遊郭で顔見知りにばったりと出会ったようなときに使っていたそうで、冗談が許される場面で使ってみるのも面白いのではないでしょうか。

ビジネスの場面では「ご無沙汰」を

以上、「ご無沙汰」の意味や使い方、由来、さらに類義語や類似表現について、詳しく紹介してきました。

この言葉は、「しばらくの間連絡しなかった(連絡がなかった)」場合に用いる表現です。連絡・音信だけでなく、直接会うことができなかったという意味でも使用します。また、日常生活だけでなく、堅い表現が必要なビジネスシーンでも好まれる表現で、会う機会をつくれなかったことを謝罪するニュアンスを込めることもできるでしょう。

他にも「久しぶり・久方ぶり」「しばらくぶり」「娑婆以来」といった、「ある程度の時間が経っていること」を指す言葉がありますが、より丁寧な印象を与える「ご無沙汰」は、ビジネスの場面などでは推奨される言い回しです。相手やシチュエーションに応じて使い分けていくと良いのではないでしょうか。

Share:
keika03