その他

「知る」の敬語として適切な表現

目上の人と接する時や手紙を書く時など、何らかの言葉を丁寧な言い方(尊敬語)にして使いたいという場合が往々にしてあるかと思います。

 

そんな時には、ちょっと手を休めてどんな言い方ができるか考えてみたりインターネットや辞書などを使って適した表現を調べてみたりすることもあるのではないでしょうか。

 

かくいう私自身も「知る」という言葉を敬語にする場合の表現について個人的にちょっと気にかかったところがあり、使い方について考えてみました。そこで、今回は「知る」を敬語にする場合の使い方について紹介したいと思います。

 

「知る」の尊敬語


「知る」「知っている」といった言葉を敬語にする場合に思いつく表現としては、「お知りになる」や「ご存知になる」という言い方があります。「知る」の敬語としては、おそらくこれらの言葉がすぐに浮かぶ人は多いかと思います。

 

ただし「ご存知」という言い方はよいとしても「お知りになる」という使い方にはちょっとした違和感を覚えることはないでしょうか?

 

もしそうだとすると「お知りになる」という言い方にはどこに引っかかりがあるのか、また「知る」の敬語としてはどういう表現が適切な使い方になるのかについて、以下にまとめてみたいと思います。

 

「お知りになる」は正しい使い方?


まず調べてみたところでは「お知りになる」という使い方自体は間違いではありませんでした。

 

ただし「お知りになる」という表現では「お尻」という言葉が連想されてしまうため、どちらかというと「ご存知」という言葉を使ったほうがよいといわれています。

 

「お知りになる」という言い方が間違ってはいないにしても、あまり使わないほうがよいというのは納得できる気がしました。

 

とはいえ、「知る」を敬語で使いたい場合に必ずしも「ご存知」や「ご存知になる」という言葉だけでカバーできない場合もありますので、多少の意訳を含めて言い換えられる表現を考えてみました。

 

「知る」の敬語を使いたい場合の表現


「知る」を敬語にしたい場合または通常よりも丁寧な表現にしたい場合には、以下のような表現の仕方が使用できます。

 

「~について知りたければ連絡ください」



  • 「~についてご存知になりたい場合はご連絡ください」

  • 「~に関する詳しい情報をご希望でしたらご連絡ください」

  • 「~についてご不明な点がありましたらご連絡ください」


 

「~について知ってますか?」



  • 「~についてご存知でしょうか?」

  • 「~をご存知でいらっしゃいますか?」

  • 「~についてお分かりになりますか?」

  • 「~についてのご説明は必要でしょうか?」

  • 「~についてもっと詳しくお伝えしたほうがよろしいでしょうか?」


 

「~について知っていたら教えてください」



  • 「~についてご存知でしたらお教えください」

  • 「もし~についてご存知のことがありましたら教えていただけませんでしょうか」

  • 「もしご存知でしたら、~についてご教示ください」

  • 「~についての情報をお持ちでしたら教えてください」


 

「知っての通り」



  • 「ご存知の通り」

  • 「ご存知のように」

  • 「すでにご承知かとは存じますが」

  • 「お聞き及びでしょうが」


 

まとめ


「知る」の敬語や丁寧な言い方をしたい場合に使用できる表現をいくつか挙げてみました。ただし、実際そういった使い方をしたいケースというのは多岐にわたります。

 

ここに挙げた以外にも個々のケースに応じて適した表現を選ぶともっとバリエーションが豊富にあります。敬語の使い方として明らかに間違っていないということを抑えてさえいれば、あとは場面に応じて適した表現を使い分けていくことができればよいかと思います。
Share:
シゴトピ編集部