用語

「各位」の意味とビジネス文書・メールにおいての使い方は?現役ライターがサクッと解説

「各位」(読み方:「かくい」)という言葉は、ビジネスメールや文書などでよく使われます。

使用する機会や目にする機会の多い言葉ではありますが、「各位」が具体的に何を表しているのか、どのような場面でどのようにして用いるものなのか、その使い方に迷うことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「各位」の意味と使い方、また使用する時の注意点について、翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきます。

「各位」の意味と主な使い方

image by iStockphoto

それでは、「各位」の意味と使い方について説明していきましょう。

「各位」の意味は?

image by iStockphoto

「各位」は「複数の人を対象に、各人を敬って使う」敬称の一つで、「皆様」などよりも丁寧な表現です。

「各位」の「各」には「多くの人」「それぞれ」という意味があり、「位」は敬称を表す「~様」の意味を含んでいます。つまり、「各位」は「皆様方」「各方(おのおのがた)」に相当する言葉です。

本来は一人一人の名前を書くべきところを、人数が多い場合に「各位」を使うというわけですね。

主に、書面やメールで複数の人に対して一斉に送る案内状やお知らせなどで、個人名の代わりにその関係している人々を指す宛名として用いることができます。

「各位」の使い方について

image by iStockphoto

「各位」は、メールを送信するときや書類を送付する際、文書の冒頭部に単独で「各位」と使ったり、「関係者各位」のように相手の肩書の後ろに付けたりします。

文書の形式としては、右上に日付、その次に左上に宛名を記載しますが、その宛名の部分に「〇〇各位」を持ってくるのが決まりです。

「各位」は個人に対して使うものではありません。複数の人に対する敬称に当たるので、一般的には社外の人に対して使用しますが、社内で使うこともできます。

また、文書だけでなく、改まった場所での挨拶などで話し言葉として使われることもありますが、かしこまった印象を与えることになるため、日常的に使われることはあまりありません。

「〇〇各位」は、次のような形で使用することができます。

「会員各位」
「父兄各位」
「従業員各位」
「保護者各位」
「参加者各位」
「出席者各位」
「取引先各位」
「関係者各位」
「お得意様各位」
「お客様各位」

「各位」を使用するにあたっての注意点

image by iStockphoto

それでは次に、「各位」を使用する場合に注意しておきたい点について見ていきましょう。

「各位」にプラスして敬称は必要なのか

image by iStockphoto

「各位」を宛名として用いる際に、「様」や「殿」といった語を付けるべきかどうか迷う人は多いようです。

しかし、「各位」にはそれ自体に尊敬の意味が含まれていますので、「様」や「殿」といった語を付ける必要はありません。むしろ、「○○様各位」「各位様」「各位殿」などというのは「様様」のような二重敬語で、誤った使い方になります。

また、特別な取引先やお得意様などに「各位」を使用すると、失礼な印象を与えてしまうかもしれません。その場合には、相手が複数人だとしても、個人名を列記するようにしましょう。

ただし、使用例にもあるように「お客様」「お得意様」も敬称が重複することになりますが、これらの場合はそれぞれを一つの名詞として認識しており、「お客様各位」「お得意様各位」の形で用いても良いことになっています。

「お客各位」という言い方をした場合は、違和感があることに加えて失礼な印象を与える恐れがありますので、注意した方が良いでしょう。

目上の相手にも使えるのか

image by iStockphoto

相手が目上の人であっても用いることはできますが、使用するケースを考慮する必要があるかもしれません。

というのもこの言葉は、大勢の人に向けて一斉に文書やメールを送る場合に用いますので、相手が複数とはいえ少人数の場合に「各位」を使うと、「自分はその他大勢の中の一人なのか」と相手に失礼な印象を与える恐れがあるからです。

そのため、ある程度相手を限定した内容のものを送るケースには、「宛名となる個人名をそれぞれ記す」もしくは「個別にメールを送信する」方が良いでしょう。その際には、「各位」の代わりに「〇〇様」「〇〇課長」などとします。

「各位」と「御中」の違いとは?

image by iStockphoto

「各位」と「御中」は混同して使用されがちですので、気を付けましょう。

「御中」は「各位」と同様に「皆様」の意味を持っていますが、文書を郵送する際に、封筒の宛名の下に付ける言葉です。「〇〇株式会社御中」「〇〇事業部御中」のように使います。

それに対して「各位」は、宛名ではなく、中身の文書の冒頭に使う言葉です。

対象者別の「各位」使用例

image by iStockphoto

それでは、「各位」の使い方を、送り先別に見ていきましょう。

取引先や顧客に送る場合

image by iStockphoto

「〇〇株式会社 営業部 受注ご担当者各位 いつも大変お世話になっております」

「お客様各位 〇〇の候、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます」

「株主各位 拝啓 日頃から格別のお引き立てを賜り、深く感謝申し上げます」

このように、文書の内容が事務的なものであっても、日頃の感謝を示す言葉は忘れずに入れるようにしましょう。

社内の関係者に送る場合

image by iStockphoto

「社員各位 創立記念パーティーのお知らせ」

「〇〇会 参加者各位 イベント会場変更のお知らせ」

「管理職各位 管理職研修会のお知らせ」

この他にも、

「つきましては、各位のご参加・ご支援を伏して懇願申し上げます」

のように、冒頭だけでなく文中で使うこともあります。

「各位」の正しい使い方を身につけよう

以上、「各位」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は、大勢の人に対して共通した案内を送る場合などに用いる表現です。そして「皆様」のように相手への敬意を含んでいるため、「様」などの敬称を付けずに使うことができます。

使い方自体は難しいものではありませんが、場合によっては失礼な印象を与える恐れがありますので、少ない人数を相手にメールを送信するときなどには注意が必要です。

「各位」の正しい使い方を学んで、スムーズなやりとりを心がけましょう。

Share:
konomianko