用語

「つきましては」の意味と使い方・例文・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説

「つきましては」は、文書やメールなどでよく用いられる接続語です。

特別に難しい言葉ではありませんが、「何かを依頼する」「協力を呼びかける」など、ビジネスの場面で使用する機会が多い言葉の一つですので、正しい使い方を心がけたいものですよね。

そこで今回は、「つきましては」の意味や使い方、言い換え表現について、翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきます。

「つきましては」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、「つきましては」の意味と使い方、また言い換え表現について説明していきましょう。

「つきましては」の意味は?

image by iStockphoto

「つきましては」は「ついては」を丁寧な言い方で表した言葉で、漢字で書くと「就きましては」となります。

「ついては」とは、「前に述べた事柄が関係して後に述べる事柄が必要となること」を示す接続詞で、「したがって、それゆえに、そのため、それだから、そういうわけだから」といった言葉と同じような意味を表す言葉です。

また、「~については」の丁寧語で「~につきましては」という使い方をして、「~に関しましては」の意味になる場合もあります。

「つきましては」の使い方・例文その1

image by iStockphoto

まず、理由などを説明して本題へと導く「したがいまして」「それゆえに」と同様の使い方についてです。

たとえば「○○さんの歓迎会を予定しています。つきましては、参加の可否を返信していただきますようお願いいたします」という文章があった場合、「つきましては」の直前で述べられた文(○○さんの歓迎会を予定しています)を前提に、後に述べている事柄(参加の可否を返信)が必要であるという使い方です。

「つきましては」の使い方の一つとしては、前後の文章がこのような関係性にある形で用いる語となります。

「相手に何かを依頼する」「参加や協力を呼びかける」などの場面において、その他の例文は次の通りです。

「来週新入社員の歓迎会を行います。つきましては、皆様奮ってのご参加をお願いいたします」

「記事のサンプルを添付いたします。つきましては、よろしくご査収のほどお願い申し上げます」

「本日○時より○○地域周辺の道路工事を行います。つきましては、近隣に住む皆様のご協力をお願いいたします」

「本日17時より定例ミーティングを行います。つきましては、5分前までに会議室にお集まりいただくようお願いいたします」

「ペーパーレス化の導入に関するアンケートを実施します。つきましては、○日までに部署内の回答を集めて提出していただくようお願いいたします」

「つきましては」は話し言葉としても使えますが、文書やメールで使う場合には、改行してから用いるようにしましょう。その方が読みやすく、相手を思いやることになります。

「つきましては」の使い方・例文その2

image by iStockphoto

もう一つの使い方として、「~につきまして」「~につきましては」という表現があります。

これは「~について」「~につき」を丁寧に表したもので、「~に関しましては」と同じような意味を表し、対象となるものを限定的に示す場合に使う表現です。

このように文中に「つきましては」を入れると、前述の事柄を指すことになり、対象が人になることはありません。

「その件につきましては」は、「その件に関しましては」と言い換えることもできます。

また、「~に従いましては」というよりも砕けた印象になりますので、文書上だけでなく、話し言葉としても適切です。

「~につきましては」は、次のような使い方をします。

「その件につきましては、ただいま確認中でございます」

「商品の詳細につきましては、弊社の公式ホームページをご覧くださいませ」

「懇親会の日程につきましては、詳細が決まり次第、こちらから改めてご連絡させていただきます」

「〇〇の件につきましては、誠に勝手ながら辞退させていただきたく存じます」

「採用テストの結果につきましては、数日後改めてご連絡させていただきますので、いましばらくお待ちくださいますようお願いいたします」

「つきましては」という表現は、目上の人に対しても使うことができます。「ついては」を丁寧に言い表した言葉ですので、問題ありません。

「つきましては」の言い換え表現

image by iStockphoto

では、「つきましては」を別の言葉で言い換える場合の表現について見ていきましょう。

代わりに使える言葉としては、「よって」「そのため」「そこで」などがありますが、その他にも次のような表現に言い換えることが可能です。

「~におかれましては」

image by iStockphoto

「~におかれましては」は、「~においては」を丁寧にした表現です。

「~につきましては」の対象となるのが事柄であるのに対して、「~におかれましては」は人や会社、団体に対して使います。

「〇〇様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」

のように使うことができる言い方です。

「したがいましては」

image by iStockphoto

「したがいましては(従いましては)」は、前文を受けて使う「つきましては」と同じ使い方ができます。

「つきましては」よりも硬い印象を与える表現です。

「無料キャンペーンは本日23時59分をもって終了いたします。したがいましては、期間中にお忘れのないよう、ご応募をお急ぎください」

のように用いることが可能です。

「関しましては」

image by iStockphoto

「~に関しましては」は「~に関しては」を丁寧に言い換えた表現で、「~につきましては」と同じように使うことができます。

「その件に関しましては、後ほど改めて回答させていただきます」

といった形で用いる表現です。

「~するにあたりましては」

image by iStockphoto

「~するにあたりましては」は「~するにあたって」を丁寧に表した言い方です。

「工事を行うにあたりましては、周辺の住民の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解賜りますようお願い申し上げます」

のように使います。

「つきましては」の英語表現

image by iStockphoto

「つきましては」を英語で表現するには、文頭で使う「その1」の場合には ” therefore ” (それゆえ、つきましては)が適切です。

一方、「その2」の「~につきましては」の意味で使う場合には、” regarding ” (~の点では) , ” concerning ” (~に関して) が良いでしょう。

「つきましては」を積極的に使ってみよう

以上、「つきましては」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は「ついては」を丁寧に表した語で、「したがいまして」「それゆえに」の意味として使ったり、「~に関しては」の代わりに使ったりします。

何かを依頼する際に「つきましては」を使うと分かりやすい文章を作ることができますし、「~につきましては」の形で使うと丁寧な印象を与えることができますので、意識して文書や会話の中に取り入れてみてください。

Share:
konomianko