用語

「妥協」とは?意味と使い方・例文・類似した表現は?現役記者がサクッと解説!

「妥協」(読み方:「だきょう」)という言葉は、「妥協する」「妥協を図る」などの形でよく用いられています。

しかしながら、一般的に用いられている意味や使い方は、本来定義されているものと異なるものとなっています。

それでは本来この言葉にはどのような意味がありどのような使い方をするのか、ここでは「妥協」の意味と使い方、また併せて類似した意味のある言葉や表現について、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「妥協」の意味・主な使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「妥協」の意味と使い方について説明していきます。

「妥協」の意味は?

まず、「妥協」には「利害や主張が対立している場合に、双方が折れ合って一致点を見出し、事をまとめること」「折り合い」といった意味があります。

もしくは、お互いが働きかけるのではなく片方だけが歩み寄りを示す場合も含まれますが、いずれにしても「不本意ではありながらも自分の主張する条件などを相手のそれに近づけて妥当な線へ持っていくこと」が本来の意味です。

このように、この言葉は「相手との利害の対立に対して条件などを譲って穏やかに解決を図る」といった意味で定義されているものとなりますが、「希望する職種ではなかったが妥協して応募することにした」など「提示されている条件などに対して自分の中で折り合いをつける」という意味で用いられることがあります。

しかしながら、前者のほうの意味が本来のものとなるため、この言葉を用いる場合にはその点に留意することが必要です。

「妥協」の使い方は?

次に、「妥協」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「家事分担の妥協案を練る」

「労働条件から退職を申し出たが引き止められ、やむを得ず妥協に踏み切った」

「あくまでも海外で挙式をしたいと彼女は意見を譲らず、妥協の余地がなかった」

「妻と教育方針の違いから対立し妥協を余儀なくされる」

「話は平行線だが、安易に妥協はしたくない」

「共同経営者である友人と経営方針の食い違いで喧嘩になり妥協を図った」

「このインターチェンジは隣接する2市が建設に反対したことで、妥協策としてその中間である現在地に建設されることになりました」

「意見の異なる相手と交渉して妥協点を探す技術は、ビジネスに携わる上で重要です」

「長年2国の間で問題となっていた領土問題は、今回の我が国の妥協的な提案によって前進することが期待されています」

「この監督は映画界有数の完璧主義者で、妥協を許さない厳しい演出で知られています」

「今回の外交交渉で妥協を引き出すことができず、問題は来年に持ち越された」

「両政党はそれぞれの政党内で妥協を模索しながら協力し、両党による大多数で法案を通してきた」

このように「妥協」は、「妥協に踏み切る」「妥協を余儀なくされる」「妥協を図る」「妥協を許さない」「妥協を引き出す」「妥協を模索する」といった形や、「妥協案」「妥協点」「妥協策」「妥協的」といった語を複合した形で用いられます。

なお「妥協点」は、「妥協」の慣用句で「互いに歩み寄って一致できるところ」がその意味です。

「妥協」と類似した意味のある言葉は?

image by iStockphoto

では次に、「妥協」と類似した言葉や表現について見ていきましょう。

まず、「妥協」に近い意味がある言葉としては以下のような語があります。

歩み寄る」:一方もしくは互いに譲歩し合う

譲歩する」:考えを曲げて他人の意見に従うこと

折り合う」:互いに譲り合って意見を一致させる

「歩み寄る」の使い方は?「妥協」との違いは?

それでは、次は「歩み寄る」の使い方、また「妥協」との違いについて見ていきましょう。

「歩み寄る」は、例えば以下のように用いることができます。

「民主党はこの選挙の敗北を受けて方針転換し、より中道に歩み寄る姿勢にシフトした」

「一時は鉄道が停止するほどであったが、労使が歩み寄ることによってストライキは回避された」

「両市はサッカーチーム誘致を巡ってたちまち犬猿の仲となり、結局双方とも対立したまま歩み寄ることはなかった」

上記の例文において「歩み寄る」は「妥協する」で置き換えても意味はほぼ変わりませんが、どちらかと言うと「妥協する」は「渋々・不本意ながら」といったニュアンスが「歩み寄る」よりも強い傾向があります。

「譲歩する」の使い方は?「妥協」との違いは?

それでは、次は「譲歩する」の使い方、また「妥協」との違いについて見ていきましょう。

「譲歩する」は、例えば以下のように用いることができます。

「妻の提示した家事分担の要求に対して譲歩する」

「彼は日本が戦争決意をしていると知れば、アメリカは譲歩するだろうという考えていた」

「彼は核開発に関して欧州連合諸国との交渉に厳格に反対し、譲歩してはならないと表明したことがある」

「譲歩する」は「自分の考えを曲げて、他人の考えに従うこと」という意味の通り、その対立構造における相手との関係性にて主従や上下を導くことがあります。

一方「妥協」は、対立を収めるために「一致点を求める・事をまとめる・妥当な線を見出す」が本質的な意味で、あくまで目的を達成するための行動であると捉えることができますので、「譲歩する」が含意する主従や上下といったニュアンスはありません。

「折り合う」の使い方は?「妥協」との違いは?

image by iStockphoto

それでは、次は「折り合う」の使い方、また「妥協」との違いについて見ていきましょう。

「折り合う」は、例えば以下のように用いることができます。

「家事の分担について夫婦で折れ合って話をまとめる」

「原料価格高騰により品質管理とコスト面の折り合いがつかなくなってしまった」

「価格面で製造会社と折り合わず独自で製造し、販売することになった」

「折り合う」は「妥協」と同様な意味のほか、「人との関係」という意味もあり「姑とは折り合いが悪い」などと用いることができます。

「妥協」の本来の意味は「対立している二者が折れ合って事をまとめること」

以上、「妥協」の意味と使い方、また類似した意味を持つ言葉についてまとめました。

この言葉は、「主張などが対立している場合に、双方または一方が無理をして筋を曲げ穏便に事をまとめる」ことを表しますが、微妙に本来の意味とは異なるニュアンスで使われることがあるため、用いる場面には留意する必要があります。

また「歩み寄る」「譲歩する」「折り合う」という言葉も「妥協」とほぼ同様の意味を持っていますが、それぞれニュアンスに違いがあるので、この記事で述べたことを念頭に使い分けられるようにすると良いでしょう。

Share:
KHajime