用語

「相対的」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?校正者がサクッと解説!

「相対的」(読み方:「そうたいてき」)という言葉は、「相対的な~」「相対的に見て~」などの形で用いられています。

よく見かける言葉ですが、その意味を具体的に説明することはできますか?
意外にきちんと意味や使い方を理解していないという人は多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは「相対的」の意味と使い方・例文・類義語・対義語について、法律事務所の事務職として、弁護士が作成した文書の校正やマニュアル改訂作業を行った経験を持つ筆者が解説します。

「相対的」の意味と使い方・例文・類義語・対義語

image by iStockphoto

それでは、以下に「相対的」の意味と使い方・例文・類義語・対義語を説明します。

「相対的」の意味は?

まず、「相対的」を辞書で引くと以下のように解説されています。

他との関係・比較の上で成り立っているさま。

出典:大辞林(発行所 株式会社三省堂)

つまり、「物事が他との比較関係においてそのように存在しているさま」という意味があります。

「相対的な価値」といえば、「何かと比べて判断する価値」という意味ですから、何と比べるかによって価値が変わるということになりますね。

たとえば、身長160cmの人が、平均身長170cmの集団の中にはいれば「相対的に背が低い」ことになりますが、逆に平均身長150cmの集団の中にいれば、「相対的に背が高い」ことになります。

同様に、学校の中では「相対的に一番足が速かった」生徒でも、オリンピックの陸上選手の中に混ざれば、「相対的に一番足が遅い」ことになるでしょう。

「相対的」の意味が、具体的にお分かりいただけたでしょうか?

「相対的」の使い方・例文

image by iStockphoto

では次に、「相対的」の具体的な使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「この会社の製品は相対的にいってレベルが低い。」

「商品の信頼性が薄れたことで、当社の製品に対する相対的な価値が上がった。」

「確かにこの商品は優れた機能を搭載しているが、物事は相対的に見て判断しなくてはならない。」

「A社の台頭によりB社の評価が相対的に下がっている。」

相対的に見てこちらのほうがデザイン・機能ともに優れていると思う。」

「作品は相対的な価値で評価されるものだ。」

「比較的」との違い

ここからは、「相対的」に近い意味のある「比較的」との違いについて見ていきましょう。

まず、「比較的」には「同種のものや一般的基準と比べて考えてみると、他と比べて」といった意味があり、比べる基準が特にはっきりと決まっているわけではなく、一般的な基準に照らして自分がどう感じるか、といったあいまいなニュアンスで使われる言葉です。

それに対して、「相対的」は比べる対象がよりはっきりしている、という違いがあります。

例文で比較してみると以下の通りです。

【例文】この辺りは比較的静かで治安も良い。
【例文】今回の試験は普段と比べて比較的良い結果だった。

【例文】この辺りは、東京都の中では相対的に治安の良い地域だ。
【例文】今回の試験は、クラスの中では相対的に良いスコアだった。

つまり、「相対的」は「他と比べてそれがどのように存在しているかを表す」ことに対して、「比較的」は「一般的な基準と比較した時にどのような傾向が見られるかを表す」というニュアンスの違いがあります。

「相対性理論」とは?

image by iStockphoto

「相対性理論」というものをご存知でしょうか?
物理の理論の一つで、天才といわれた物理学者アインシュタインが1905年から作り上げました。

大変に難解な理論なので、詳しく説明するのは難しいのですが、要するに、これまで「絶対的」だと思われていたものが、実は「相対的」な価値だった、という発見なのだそうです。

この相対性理論によれば、

・光の速度に近い速さで動くものは、時間が遅く流れる
・重いものの周りでは、時間は遅く流れる

と言われています。

時間の長さというのは絶対的で何と比べても変わらないもののように思われますが、物理の世界ではそうではないようですね。

「相対的」の対義語

「相対的」の反対の意味を持つのは「絶対的」という言葉です。

「それ自体に何ものにも制約されない価値があり、他の何とも比較するものがなく制約も受けないさま」をいいます。

「絶対的」は何ものとも比較できない揺るがない価値を持っているものであるのに対して、「相対的」は比較対象によって価値が変わるもの、という違いがあるのですね。

たとえば、クラスの生徒の成績を「絶対評価」でつけるのであれば、基準点を全員がクリアできていれば、全員に「A」評価がつく可能性ももちろんあります。

一方で「相対評価」でつけるのであれば、クラスの上位10人がA、真ん中の10人がB、下位の10人がCというように、周りと比べてどうか、というところが基準になるというわけです。

【例文】この国では、国王が絶対的な権力を握っている。
【例文】この会社の社長は、社員から絶対的な信頼を得ている。

「相対的」の意味を正しく理解して適切に使えるようになろう

以上、「相対的」の意味と使い方・例文・類義語・対義語についてまとめました。

「相対的」は、物事を単体で捉えるのではなく、何かと比較して判断する価値を表す言葉です。

つまりは何と比較するかによって、そのものの価値は変わるということでしたね。

一方で「絶対的」とは何と比較しても変わらない価値、もしくは他と比べることのできない価値のことをいいます。

「相対的」と意味が近い言葉として「比較的」という言葉がありますが、これらの違いは「比較対象がはっきり決まっているかどうか」ということでした。

このように、似ている言葉でも少しずつニュアンスや意味に違いがあるのが日本語の面白さです。

ぜひ意味を正しく理解して、適切に使い分けられるようになりましょう。

Share:
sakura328