用語

「概要」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッと解説!

「概要」(読み方:「がいよう」)という言葉、日常、ビジネスを問わず一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

たとえば、会社情報を調べた時に、「会社概要」という形で用いられ、会社の情報が簡単にまとめられているということ見たことがある人は少なくないと思います。

これ以外にも、「~の概要」「事業概要」などで用いられ、「物事における主要な部分や大まかななりゆきのこと」を表している語です。

比較的よく用いられている語のため、概ね意味を理解しているという場合でも、「要約」といった近い意味の語とはどのような違いがあるのか疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「概要」の意味、由来や使い方、対義語、類似語を例文を交えながら、半年で独立したプロブロガーの筆者が解説していきます。

「概要」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

まず、「概要」の意味と使い方を解説します。

「概要」の意味とは?

「概要」:あらまし、おおよそ、概略、大略、物事の大事な点をかいつまんでまとめた要点のこと。


たとえば、物事における主要な部分や大まかななりゆき・いきさつなどを文章で書き表す時や言い表す時に用いることができます。

「概要」の語源

概要を分けると、「概」と「要」という2つの言葉で構成されていることが分かりますよね。


それぞれの意味を見てみると、「概」は「おおむね、おおよそ」、「要」は「必要なもの、ものごとの大切なもの」という意味を持っています。


この2つの言葉を組み合わせることで、「物事の内容や情報を簡単に大まかにまとめて把握しやすくする」という意味を持った「概要」が生まれたのではないでしょうか。

「概要」の英語表現

次に、「概要」を英語で表す場合の表現について見ていきましょう。

「概要」の意味を英語で表した場合、「Summary」「Overview」「Outline」と用いることができます。

「Summary」は、まとめという意味も持っているので、普段のビジネスシーンでも使用したことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここで、「概要」の英語表現を例文で見ていきましょう。

「新規プロジェクトの概要を説明することになった」:「I was given an overview of the new project」

「こちらのサプリメントの効果については概要欄をご覧ください」:「Please see the summary column for the effects of this supplement」

「先ほどの会議の概要はメールに記載しております」:The outline of the previous meeting is described in the email

「概要」の使い方と例文

次に、「概要」を例文を使って見てみましょう。

たとえば以下のような使い方をすることができます。

「就職活動のため会社概要を閲覧する」


「彼女は簡潔に事件の概要を述べた」


「本年度の事業計画の概要を示す」


「法人概要・事業概要を掲載する」


「調査結果の概要を依頼主に報告する」


「映画の概要を読んでから実際に視聴するかどうかを決める」


「どのような用途で使うものなのか製品の概要を読んでみる」


「普段から食べている加工食品の成分が気になったので成分の概要を調べる」

「概要」の類義語

image by iStockphoto

「概要」の単語の意味を学んでいただいたところで、もう少し理解を深めていただくために、どのような類義語があるのか解説していきます。

「概要」の類義語:要約

「要約」:物事の大切な箇所、肝要なところ。

「この本を要約したものを簡潔に文章にまとめて提出してください」


「あなたが考えていることを要約して説明してください」


「この報告書は過去の膨大なデータから要約されたものである」

上記のことを踏まえて、「概要」との使い方を比較すると以下のようになります。

「要約」:「本の内容を要約する」(筆者の言いたいことなどのその本の中での重要な部分を短い文量でまとめる)


「概要」:「本の概要を書く」(内容の大まかなあらすじ、刊行に関する情報、本の要点となることなどを大雑把にまとめる)

「概要」は単にその物事の内容やそれに関する情報を大まかにまとめ、それによっておおまかな全体像が簡単に把握できるようなものであることに対して、「要約」は全体の中でも大切な部分、重要となる部分についてのみを短くまとめたものであるといったニュアンスの違いがあります。

「概要」の対義語

image by iStockphoto

ここで「概要」にはどのような対義語があるのか解説していきます。

「概要」の対義語:詳細

「詳細」:細かいところまで詳しいこと。

「書類を提出したが、さらに詳細な内容を上司に記載するように指示を受けた」


「実験の詳細なデータについては、別紙に記載しておりますのでそちらをご覧ください」


「彼女は会議の内容を詳細に記載しようとしているが、進行スピードに追いついていないようだ」

「概要」を上手く使いこなそう

以上、「概要」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は、「ある物事の大まかななりゆき」といった意味があり、何かの物事についての全体像を簡単に理解できるようにまとめたものを表します。

それに対して「要約」は「物事の大切な部分」を意味し、物事の重要なところを簡潔にまとめたものを表す言葉です。

これらの言葉は具体的に意味を捉えにくいところがあるかもしれませんが、両者の使い方を比較してみると、それぞれどのようなものを表しているのかが理解しやすくなるため、その点を意識して使い分けていくと良いのではないでしょうか。

Share:
shinkai