用語

「真摯」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッと解説!

「真摯」(読み方:「しんし」)という言葉を、ビジネスをしている人は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

主に「真摯に~する」「真摯な~」といった形で用いられ、遊び心やいい加減なところがなく、熱心に一つのことに打ち込む姿勢を持つ人に向けて使われる言葉です。

ビジネスメールなどでも使用する機会が多い語ではありますが、たとえば似た意味のある「真面目」「真剣」といった語とは具体的にどのような違いがあるのか、中には疑問をいだくことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「真摯」の意味、由来や使い方、対義語、類似語を例文を交えながら、半年で独立したプロブロガーの筆者が解説していきます。

「真摯」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

まず、「真摯」の意味と使い方を解説します。

「真摯」の意味とは?

「真摯」には以下の意味があります。

まじめでひたむきなこと。

出典:明鏡国語辞典「真摯」

つまり、「真摯」は「遊び心やいい加減なところがなく、熱心に一つのことに打ち込むこと」という意味を表します。

「真摯」の語源



ここで真摯の由来について見ていきましょう。


真摯を分けると、「真」と「摯」という2つの言葉で構成されていることが分かりますよね。


それぞれの意味を見てみると、「真」は「うそ偽りでないこと」、「摯」は「まこと、まじめ」という意味を持っています。


この2つの言葉を組み合わせることで、上記の意味を持った「真摯」が生まれたのです。



「真摯」の使い方と例文

次に、「真摯」を例文を使って見てみましょう。

たとえば以下のような使い方をすることができます。

「苦情の電話に真摯な態度で対応する」


「彼女の何事にも真摯に取り組む態度は、上司からの良い評価につながっている」


「彼の仕事に対する真摯な姿勢は認めるが、この業務に適任だとはいえないだろう」


「今回いただいたご指摘を真摯に受け止め、今後のサービス向上に努めて参る所存でございます」


 「彼の実力は彼女に比べて高いが、真摯に向き合うことが少ないため選ばれることはなかった」


「貴社に紹介していただいた◯◯さんは、どのようなことでも真摯に取り組むので信頼できる人物です」


「彼はどのような相手にも真摯に向き合うので人気がある」


「彼女は部下が起こした問題に対して真摯に取り組む姿勢を見せた」

「真摯」の類義語

image by iStockphoto

「真摯」の単語の意味を学んでいただいたところで、もう少し理解を深めていただくために、どのような類義語があるのか解説していきます。

「真摯」の類義語1:真面目

「真面目」には以下の意味があります。

本気であること。真剣であること。

出典:明鏡国語辞典「真面目」

つまり、「真面目」は「人や物事に私利私欲を交えずに接する」「いい加減なところや嘘偽りがない」ことを表す語となります。

「大事な事はどんなに小さな作業であっても真面目に取り組むことだ」


「彼はどんな状況でも真面目な顔をしている」


「彼はクレームを真面目に受け取りすぎるので心配だ」

「真摯」の類義語2:真剣

「真剣」には以下の意味があります。

真心がこもっていること。誠実であること。

出典:明鏡国語辞典「真剣」

つまり、「真剣」は「いい加減さや遊び半分ではなく本当の気持ちから何かをする、必死で取り組む」ことを表す語となります。

「大事なものを探しているのか、友人はいつにもまして真剣な目をしていた」


「彼は謝罪をしなければならない問題を起こしたにも関わらず、真剣に見えない」


「この仕事に対して思い入れがあるのか、彼は真剣な表情で聞いていた」

「真摯」「真面目」「真剣」の3つの語における違い

上記のことを踏まえて、「真摯」との使い方を比較すると以下のようになります。

「真面目」:「それまでは勉強することに意義を感じずただの義務感に縛られていたが、将来に具体的な目標を持ち始めてから真面目に勉強をするようになった」(それまでは勉強することに意義を感じずただの義務感に縛られていたが、将来に具体的な目標を持ち始めてからいい加減な気持ちではなく真剣に勉強をするようになった)


「真剣」:「今年中に資格を取得することを目標に真剣に勉強をする」(今年中に資格を取得することを目標に本気で勉強に取り組む)


「真摯」:「彼は新商品の開発を任され、真摯に仕事に打ち込んでいた」(彼は新商品の開発を任され、一途に仕事に打ち込んでいた)

「真面目」は「嘘偽りなしに真剣に何かをすること」、「真剣」は「本気で、必死に何かに取り組むこと」、「真摯」は「ただ一つのことに熱心に打ち込むこと」を表すというニュアンスの違いがあります。

「真摯」の対義語

image by iStockphoto

ここで「真摯」にはどのような対義語があるのか解説していきます。

「真摯」の対義語1:不誠実

「不誠実」:ふまじめ、誠実ではないこと。

「不誠実な態度をとり続ける限り、彼は信頼されることはないだろう」


「これまでの不誠実な出来事で彼は心を痛めている」


「さまざまな手段を試したが、彼女の不誠実さが改善されることはなかった」

「真摯」の対義語2:不真面目

「不真面目」:まじめさがないこと。

「彼はどんな状況でも不真面目な態度を見せているが、実際はそうではない」


「小さな作業だからといって不真面目に取り組むと、後で痛い思いをするよ」


「日頃の不真面目さが災いして、上司から信用されることはなかった」

「真摯」の対義語3:無責任

「無責任」:自分の言動に責任をもつことがないこと。

「全ての問題を上司に押し付けるのは無責任だ」


「仕事の納期を破ることは無責任である証拠だ」


「彼の無責任な態度に呆れ返ることとなった」

「真摯」の対義語4:軽佻浮薄

「軽佻浮薄」:考えや行動が軽はずみでうわついていること。

「常日頃から軽佻浮薄な行動をしていると、足もとをすくわれるかもしれない」


「軽佻浮薄な仕事の仕方が原因で、彼は会社をクビになった」


「目的を持つことで、彼の軽佻浮薄な姿勢が改善されるだろう」

「真摯」を上手く使いこなそう

以上、「真摯」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は「いい加減さがなくひたむきなこと」を表し、たとえば「真摯に~をする」といった形で、仕事や勉強など、ある物事に一途に取り組むことを表します。

「真面目」「真剣」といった語も近い意味がありますが、「嘘偽りなしに何かを行う」「本気で物事に取り組む」といったことを表し、「真摯」とは違ったニュアンスがあるため、さまざまな場面で意識して使い分けるようにすると良いでしょう。

Share:
shinkai