用語

「恣意的」の意味と使い方・例文・「作為」「故意」との違い・類義語は?現役記者がサクッと解説!

「恣意的」(読み方:「しいてき」)という言葉は、「恣意的な判断」「恣意的な振る舞い」などの形で用いられています。

それほど日常において頻用する語ではありませんが、実際のところ、この言葉はどのようなことを表しているのか、また似た意味があるとして混同されることがある「作為」「故意」という語とどのような違いがあるのか、疑問に思うこともあるかも知れません。

そこで、ここでは「恣意的」の基本的な意味と使い方、また「作為」「故意」との違いや類義語について、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「恣意的」の意味と使い方・例文・「作為」「故意」との違い

image by iStockphoto

それでは、始めに「恣意的」の意味と使い方、また「作為」「故意」との違いを説明していきます。

「恣意的」の意味は?

まず、「恣意」は「自分の欲するままに振る舞う、行動する心や考え」を意味し、「そのような性質の」「そのような様子の」といった意を表す接尾語「的」を付けることで形容動詞化したものが「恣意的」です。

そして「恣意的」には、「気ままな、自分勝手なさま、好みやその時の思いつきで行動するさま」といった意味があり、その時の気分任せで自分の好きなように振る舞うことを表す語となります。

また「恣意」は、「欲しいまま・勝手気まま」を意味する「恣」と「こころ・気持ち・思い・考え」を意味する「意」から「勝手気ままな考え」といった意味となっており、前の漢字が後の漢字を修飾する形で構成されている熟語です。

「恣意的」の使い方は?

それでは、次に「恣意的」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「最近の教材は彼が恣意的に選んで採用しているようだ」

「採否は担当者の恣意的判断に依存しているところが大きいらしい」

「言動が恣意的且つ一貫性に欠いた親の元で育った子どもは健全に成長することは難しい」

「教師たるものは生徒に対して恣意的に振る舞うべきではない」

「親の恣意的な振る舞いは子どもの価値観や自尊心を歪んだものにしてしまう」

「規則を恣意的に解釈してはならない」

「彼の議論の進め方は恣意的なんじゃないかという印象を持った」

「米国による恣意的な貿易ルールの変更は、日本や豪州、フランスなどに大きな影響を与えた」

このように、「恣意的」は「論理的必然性がなくその時の思いつきで行動するさま」と「(相手のことを考えず)自分本位に、または自分の欲するままに行動するさま」という微妙に異なる2つの意味で用いられます。

「恣意的」と「作為」「故意」の違いは?

次に、混同した使い方をされることがある「作為的」「故意」といった語との意味や使い方における違いについても見ていきましょう。

まず、「作為」は「何か企むところがあってわざと手を加えること」といった意味があり、「作為的」とすると「わざとこしらえること、故意にそうしたことが明らかで不自然なさま」を表します。

また「故意」については、「意識して行うこと、わざとすることやその気持ち」がその意味です。

そして、これらの語の使い方を「恣意的」を比較してみると以下のようになります。

「作為」:「彼が提出した報告書は作為的な痕跡がある」
(報告書はわざと何らかの修正が施されたような不自然な内容になっている)

「故意」:「彼は不注意からなどではなく、故意に操作を誤ってデータを削除したのだろうか」
(わざと間違った操作をする)

「恣意的」:「部長はいつも恣意的な判断で採用者を決めているように見えるが、きちんと業務の適性に合った優秀な人材が入社している」
(その時の思いつきで採用者を判断しているようだ)
(会社の利益などは考えず、自分の好みや自分の勝手な基準で採用者を決めているようだ)

つまり、「作為的」は「事実ではない何かを故意に作り出したような不自然さがあること」、「故意」は「偶然などではなくわざと何かを行うこと」を表し、「恣意的」とはニュアンスの違いがあります。

また「恣意的」を用いる場合は、「何らかの論理的な要素がある訳ではなく、単なる気まぐれや思いつきで何かを行うこと」か「自分の好みや自分の勝手で何かを行うこと」のどちらかの意味となりますが、今回のような例文では後者の意味で使うことが多いでしょう。

「恣意的」の類義語は?

image by iStockphoto

それでは、次は「恣意的」の類義語・類語である「随意(ずいい)」「任意」について見ていきましょう。

まず、これらの語の意味は以下のようになります。

「随意」:思いのままであること。束縛や制限がないこと。

「任意」:思いのままに任せること。(選択や行動の決定を)その人の自発的な意志に任せること。

「随意」の使い方は?「恣意的」との違いは?

では次に、「随意」の使い方と「恣意的」との違いについて見ていきましょう。

「随意」は、例えば以下のように用いることができます。

「日本風情に満ちた落ち着きあるお部屋です。どうぞご随意にお休みください」

「多くの内臓の筋、とくに消化管の筋は、随意的には動かせない」

「今から出かけるのはあなたのご随意ですが、約束の時間はお忘れなくお願いいたします」

「随意契約とは、競争入札によらずに任意で決定した相手と結ぶ契約をいう」

「随意」には「思いのまま」という意味が含まれますが、これはどちらかというと「自由に」という意味を表現し、「恣意的」の「自分が欲するまま」とは微妙に意味が異なります。

また、「恣意的」は否定的な評価で述べられることが多く、こういった点でも「随意」とはニュアンスが異なるでしょう。

「任意」の使い方は?「恣意的」との違いは?

image by iStockphoto

では次に、「任意」の使い方と「恣意的」との違いについて見ていきましょう。

「任意」は、例えば以下のように用いることができます。

「任意捜査の名目で部屋に踏み込むのは少し無理がある」

「この国は、任意でシェルターを装備している企業や個人が多いことで有名だ」

「ホテル側の協力を得て資料を任意提出してもらった」

「任意同行を求めて自供を得た後で、緊急逮捕するという方針が決定した」

「任意」は「随意」とほぼ同じ意味であるため、「随意」と「恣意的」の違いと同様なニュアンスの違いがあります。

「恣意的」は「思いつきで」「自分の欲するままに」行動することを表し、否定的なニュアンスが含まれる

以上、「恣意的」の意味と使い方、「作為的」「故意」との違い、類義語についてまとめました。

「恣意的」には「自分勝手、気ままな振る舞い」といった意味があり、あまり良い意味で使われる言葉ではありません

ただし、意図して何かを行うという意を含む「作為的」「故意」といった語とは異なるため、混同しそうな場合には上記のようなニュアンスの違いを意識すると良いかもしれません。

また、「恣意的」の類義語として「随意」「任意」を挙げましたが、「随意」「任意」はどちらかというと「自由に、自発的に」といった意味であり、また「恣意的」のように否定的なニュアンスもないため、場面や状況に応じて適切に使い分けると良いかと思います。

Share:
KHajime