用語

「漠然」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッと解説!

「漠然」(読み方:「ばくぜん」)は、「漠然とした答え」「漠然とした考え」などの形でよく用いられている言葉です。

はっきりとしないことがある時に用いる言葉ですが、取り立てて使い方に迷うことはあまりないかもしれません。

しかし、たとえば近い意味のある「曖昧」「抽象的」といった語と比べた時に、それらの語と具体的にどのような違いがあるのか分かりにくいところがあるのではないでしょうか?

そこで、ここでは「漠然」の意味や使い方、対義語、類似語を例文を交えながら、半年で独立したプロブロガーの筆者が解説していきます。

「漠然」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

まず、「漠然」の意味と使い方を解説します。

「漠然」の意味とは?

「漠然」:まとまりのないさま、ぼんやりとしてはっきりとしないさま、捕まえどころのないさま、取り留めのないさまのこと。

「漠然」の英語表現

次に、「漠然」を英語で表す場合の表現について見ていきましょう。

「漠然」の意味を英語で表した場合、「vaguely」「obscure」「indistinct」と用いることができます。

ここで、「漠然」の英語表現を例文で見ていきましょう。

「課題を課されたが漠然としたテーマだったため、完了させることができなかった」:「The task was imposed but was a vague theme and could not be completed」

「作業の報告内容が漠然としていたため、どこまで完了しているのか分からなかった」:「Because the content of the work report was obscure, I did not know how far it was completed」

「提出された書類は漠然とした記載内容だったため、修正して再提出するように指示した」:「As the submitted documents were indistinct description, I instructed to correct and resubmit」

「漠然」の使い方と例文

次に、「漠然」を例文を使って見てみましょう。

たとえば以下のような使い方をすることができます。

「何ということではないが、将来に対する漠然とした不安がある」

「彼とは初めて会ったが、漠然たる印象でどんな人物かは説明しにくい」

「当時のことは記憶が漠然としていてあまり思い出せない」

「何か仕事が見つかるだろうという漠然とした考えで、具体的な計画も何もなしに上京した」

「機械の不具合について問い合わせたが、漠然とした答えで全く理解ができなかった」

「漠然」の類義語

image by iStockphoto

「漠然」の単語の意味を学んでいただいたところで、もう少し理解を深めていただくために、どのような類義語があるのか解説していきます。

「漠然」の類義語1:曖昧

「曖昧」:物事がはっきりしないさま、紛らわしく確かでないさま、あやふや、不明瞭なこと。

この言葉は、実態をはっきりとさせないようにするためにわざと対象がどういうものかを掴み得ないようにする様子も表します。

「どんなに些細なことでも曖昧な状態で結論を出すことは良いことではない」

「気づかれたくないことでもあるのか彼は曖昧な態度でごまかしていた」

「契約内容について記載されていたが曖昧な内容が多く信用することができなった」

「漠然」の類義語2:抽象的

「抽象的」:物事の共通した特徴を取り出して一般化して把握すること。

「作業するように言われたが抽象的過ぎて何をすれば良いか分からない」

「彼の説明は抽象的すぎるため、多くの人が理解できていないようだ」

「今回の試験は自然を描写することだったが、何を描くかで悩んでしまった」

「漠然」「曖昧」「抽象的」の3つの語における違い

では「漠然」と類義語を比較して違いをおさらいしましょう。

「曖昧な答え」:「その書類ならもう提出しました。先週か、もしくは先々週あたりだったかと思いますが、担当の人に直接渡したと思います」(言っている内容が明瞭でなく頼りない)

「抽象的な答え」:「今度の週末には空気が良く涼しいところに行きたいと思っている」(「空気が良く涼しい」とその場所の特徴となる部分を取り出して一般化して表している)

「漠然とした答え」:「以前は教育関係の仕事をしていました。やり甲斐のある仕事でけっこう長く勤めていたのですが、残業も多く体調を崩して退職しました」(言っている内容にまとまりがなく掴みどころがない)

つまり、「漠然」は「はっきりとしたまとまりがなく掴みどころがない様子」、「曖昧」は「内容がはっきりとせず2つ以上の意味で取れるような頼りないもの」、「抽象的」は「物事の特徴を広く通じるような概念で捉えること」を表すというニュアンスの違いがあります。

「漠然」の対義語

image by iStockphoto

ここで「漠然」にはどのような対義語があるのか解説していきます。

「漠然」の対義語1:判然

「判然」:はっきりとしていて分かりやすいこと。

「今回の問題に対する原因がまだ判然としていない」

「2種類の水を飲み比べてみたが判然と判断することができなかった」

「彼が消息を絶って1週間が経過したが、まだ判然としていない」

「漠然」の対義語2:歴然

「歴然」:はっきりとしていて間違えようがないこと。

「富裕層と貧民層では、暮らしに歴然の差があることは一目見れば分かることだ」

「本物と偽物のブランド品では、価格に歴然の差があることは誰でも知っていることだ」

「彼は歴然たる証拠があるにもかかわらず、無罪を主張している」

「漠然」を上手く使いこなそう

以上、「漠然」の意味と使い方、「曖昧」「抽象的」との違いについてまとめました。

上記のように、「漠然」は「ぼんやりとしていて掴みどころがないこと」を表しますが、「曖昧」は「内容がはっきりとせずどうとでも取れるような頼りないもの」であることを表します。

また「抽象的」は「物事の特徴を広く通じるような概念で捉えること」をいい、他の2つとはニュアンスが違いますが、これらの使い方を比較してみると違いが分かりやすく、使い分けしやすくなるでしょう。

Share:
shinkai