用語

「携わる」の意味や英訳・使い方・類義語まとめ

「携わる」という言葉は、「営業に携わる」「~の活動に携わる」などの形で用いられています。

この言葉は、普段の日常生活の中ではあまり口にすることはないですが、ビジネスシーンにおいては頻繁に用いられる言葉です。主に人が就いている仕事などについて説明する場面で用いられますが、具体的にはこの言葉がどのようなことを表すのか、もしくは近い意味のある「関わる」「従事する」といった言葉とはどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「携わる」の基本的な意味や英訳・使い方・類義語などについて、「誰にでも分かる言葉で伝える」を心掛ける現役ライターが分かりやすく解説していきます。


「携わる」の意味や英訳・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは、以下に「携わる」の意味や英訳、使い方について説明します。

#1 「携わる」の意味は?

まず、「携わる」の意味を見ていきましょう。「携わる」の意味は以下のようになります。

ある物事に(特に仕事として)関係する。かかわる。従事する。

出典:明鏡国語辞典「携わる」

つまり、「ある物事に関係する、仕事として関係する、勤める」ことを表す言葉です。

「携わる」の「携」という漢字には、「物事に関係する」の他にも「手を取り合う」という意味があります。そのため、ただ関係しているというわけではなく、手を取り合うほどの適度な関係性の強さを表している場合に用いられる言葉です。漢字の意味を知ると、言葉の意味をよりしっかりとイメージできますね。

#2 「携わる」の英訳は?

次に、「携わる」を英語でどのように表現するのか見てみましょう。

●concern oneself with~

「concern」は「関係している」という意味の単語のため、「concern oneself with~」で「~に関係している、携わる」という意味になります。

#3 「携わる」の使い方・例文

次に、「携わる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、自身が従事している仕事について述べる場面などにおいて、たとえば以下のように用いることができます。

「これまではずっと教育に携わって参りました」
「ボランティア活動に携わってきたことで、ただ日常生活を送っているだけでは得ることができない貴重な経験をすることができた」
「私は将来、病気や医療に携わる仕事に就きたい」
「畑違いではあるが、ゆくゆくは出版に携わりたいと思っている」
「学生時代より趣味として陶芸に携わっています」

#4 志望動機に「携わる」を用いる場合

ビジネスシーンにおいて「携わる」が用いられる場合、「仕事として関係する、勤める」ことを意味しています。そのため履歴書や企業面接時などに志望動機として用いられる場合もあるでしょう。ここで注意したいのが、「携わる」を漢字で書いた場合、送り仮名は「~る」ではなく「~わる」である点です。履歴書などに記載する際には、気を付けましょう。

また、「私は~の分野に携わる仕事がしたいです」などのように用いることができますが、志望動機として述べる際には、その理由もしっかり述べることが大切です。正しい言葉の使い方と意味を理解し、自己アピールにつなげましょう。

#5 「携わる」の敬語表現は?

「携わる」は「関わっている」という言葉を丁寧に表現した言葉でもあり、敬語としても用いられます。

尊敬語として用いる場合には「~は携わっておられます」「~携わられます」などのように、謙譲語としては「私は~に携わってまいりました」などのように用いることができるでしょう。また、丁寧語としては、「携わっております」などのように用いることができます。

敬語としても、使い方が比較的簡単な言葉なので、相手に応じてしっかり使いこなせるようにしておきましょう。

「携わる」とは、「ある物事や仕事に関わっている、または勤めている」ことを表す言葉です。この言葉は、ビジネスシーンなどにおいて用いられることが多く、「~の業務に携わる」などのように使われます。

「携わる」の類義語は?

image by iStockphoto

では次に、「携わる」の類義語について、見ていきましょう。この類義語には「関わる」「従事(する)」などが挙げられます。

#6 「関わる」

それではまず、「関わる」という言葉について見ていきましょう。この言葉の意味は、以下のようになります。

ある事柄や組織・人などと何らかの関係を持つ。関係する。

出典:明鏡国語辞典「関わる」

そして、この言葉を用いると、たとえば以下のようになります。

「できれば今後はシステム開発に関わる業務に就きたい」
「毎日子供たちと関わる中で、彼らの好奇心を育む取り組みを行いたいと思った」
「彼は事故で大けがをしたが、命に関わるような事態にならなかったのは幸いだった」

#7 「従事(する)」

次に、「従事(する)」という言葉について見ていきましょう。この言葉の意味は、以下のようになります。

ある物事に関係して、それを仕事としてつとめること。たずさわること。

出典:精選版 日本国語大辞典「従事」

そして、この言葉を用いると、たとえば以下のようになります。

「大学卒業後は教育に従事していましたが、転職後の職場では英文事務や英文経理などを担当しました」
「彼は最近、あの人気作品の続編発売のため、編集に従事している」
「私はの父は医療従事者です」

つまり、「関わる」は「何らかの事柄や人などと関わり合いを持つこと」を表し、「従事」は「ある物事に仕事として関係すること(仕事に就く、勤めること)」を表している言葉です。「携わる」「ある物事や仕事に深く関係する」ことを表すというニュアンスの違いがあるので、これらの言葉を用いる際には使い分けに注意しましょう。

また、「携わる」という言葉は、「仕事に関わる」を丁寧に表現した言葉であるとも言えます。ビジネスシーンなどにおいて、目上の人に対してやプレゼン発表など丁寧な言葉を用いる場合には、「携わる」を用いると良いでしょう。

「携わる」を使いこなそう

以上、「携わる」の意味と使い方についてまとめました。「携わる」は「物事や仕事に深くに関係すること、勤めること」を表す場合に用いる言葉で、「~に携わる」といった形で用います。主にビジネスシーンくや就職活動の場において用いられることが多いため、しっかりと言葉の意味と使い方を理解しておきましょう。

また類義語は「関わる」「従事(する)」などです。「関する」は、ある事柄や人に関係する、関わり合うことについて表し、「従事」は「そのことに仕事として関係する、つまり仕事に就く、勤める」ことを表しています。

これらの言葉は、同じように用いられる言葉ですが、微妙にニュアンスが異なるため、意識して場面に応じた使い方をするようにしましょう。

Share:
tanpopo409