用語

「考察」の意味と使い方・例文・「総括」「感想」との違いは?日本文学専攻の現役ライターがサクッと解説!

「考察」という言葉は、「~を考察する」などの形で、主にレポートや報告書、プレゼンなどで用いられています。

しかし、それほど日常において頻用する語ではなく、ビジネスや実験の場面で用いられることが多い語であるために、具体的にこの言葉がどのようなことを表すのか、また近い意味のある「総括」「感想」という言葉とどのような違いがあるのか、疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「日本語」が好きすぎて「言葉」をひたすら研究していた筆者が、「考察」の基本的な意味と使い方、また「総括」「感想」と比較してそれぞれの違いを解説していきます。

「考察」の意味と使い方は?例文は?「総括」「感想」との違いは?

image by iStockphoto

それでは、以下に「考察」の意味と使い方、また「総括」「感想」との違いを説明します。

「考察」の意味や使い方は?例文はどんなものがある?

そもそも、「考察」には、どのような意味があるのでしょうか。

日常で使うよりも、報告などの改まった場面で使用されることが多いため、「なんとなくこの場面では『考察』を使うんだろうな」と、深く意識せず、流れで使っている人も多いと思います。

しかし、「流れ」で言葉を使用するのは、誤った使用をしてしまうことにつながり、時には恥ずかしい思いをしてしまう危険性もありますよね。

そのようなことがないように改めて意味を確認してみましょう。

調べてみると、「考察」には、「物事を明らかにするためによく調べて考えること、道理を考えて物事を明らかにすること」といった意味があることがわかりました。

よって、「考察」「何らかの物事について考えを巡らせ導き出したこと」を表します。感情論ではなく、事実やデータなど根拠にあるものに基づいて分析した物事に使用することが多い言葉です。

「考察」は具体的には、以下のように用いることができます。

・「一部の部署においてリモートワークを導入した効果について考察する」

・「10代を対象としたアンケート調査を基に現代の若者文化について考察する」

・「背景となっていることからその事件の原因を考察する」

・「それについてはさまざまな方向から考察する必要があるだろう」

つまり、「よく調べた物事」に関しては「考察」という言葉を用いるのが適切です。

ただ感じたことやまとめたことに対しては、「考察」という言葉は使いません。

イメージとしては、「事象をどんどん掘り下げていった結果としてわかったこと」=「考察」と捉えると、わかりやすいと思います。

「総括」「感想」との違いは?

image by iStockphoto

「考察」と同じようによく報告で用いる類語に、「総括」や「感想」が挙げられます。

同じ報告書に混在するパターンもありますので、「一体何が違うのだろう?」と疑問に思うこともあるのではないでしょうか。

対象物が同じ「事象」や「物事」ですので、言葉だけだと違いが少々わかりづらいと思います。

そこで次は、「考察」と「総括」「感想」の違いについて見ていきましょう。

たとえば、これらの語を表す具体例を挙げて意味を比較してみると、以下のようになります。

「総括」の意味は?

まず「総括」には「全体を総合して締めくくること、またすべての過程を検討・評価すること」という意味があり、全体を見渡してこれまでの経過をまとめることや、過程を評価することを表します。

つまり、「総括」は掘り下げるというよりも包み込む、丸め込むような形ですね。「結論」という言葉に非常に近い立ち位置になります。

「感想」の意味は?

「総括」に対して、「感想」「ある物事に触れて心に感じたことや思ったこと、所感」を意味する語となります。

何かの事象や物事に遭遇して、感じたことは総じて「感想」です。

「考察」は理論的に「考え」を巡らせるものになりますが、「感想」は「感情」や「意見」に近い言葉になります。

「考察」は左脳(ロジカルな部分)、「感想」は右脳(クリエイティブな部分)と例えるとわかりやすいのではないでしょうか。

「総括」「感想」「考察」の具体例は?

「考察」「総括」「感想」のそれぞれの正しい意味は理解したものの、いざ使おうとすると「どのように使い分ければ良いのだろうか?」と思い悩んでしまいますよね。

具体例をいくつか知っているだけでも、その悩みは解消できます。

そこで、次は「考察」「総括」「感想」のそれぞれの具体例を頭に入れておきましょう。

「考察」「総括」「感想」の具体例は、下記のようになります。

「総括」:「第一四半期の業績は、原材料価格の高騰を受け一部商品の価格改定を実施するも、主力製品である○○の販売が好調に推移し、結果として増収増益となった」(第1四半期という一定期間の過程をまとめて検討・評価する)

「感想」:「この本は一つの事件を立場や事情の異なるそれぞれの登場人物の目線から描かれているところに興味を持って読み始めた。実際にストーリーを読み進めていくと、彼らの心情の描写が実に細やかで、心に訴えかけてくるものがあった。こんなに魂を揺さぶられる本には久しぶりに出会ったと感じている。またこの本が多角的に物事を見るきっかけとなったということからも、ただ面白いというだけではない一読の価値ある良書であると思っている」(本を読んだ後に感じたことなどを書く

「考察」:「その調査結果からは、現代の若者が○○という方向性に対する興味が強いことが分かるが、それを○年に実施された同様の調査結果と比較してみると対照的ともいえる結果となっている。そのことから、現代の若者はこの数十年間で保守的・右傾化しているいうことがいえ、その背景には○○や○○などの影響を受けていると考える」(アンケート調査の結果に至った理由などを考えを巡らせて明らかにする

「総括」「事象や物事を包み込んでまとめたもの」「感想」「事象や物事に対して抱いた感情」とイメージすると、感覚がつかみやすいです。

このように、「どの言葉を用いるのが正しいのか?」と判断に迷った場合は、「イメージ」してみることで、言葉の違いがわかりやすくなります。

言葉選びに悩んだときは、是非頭の中に「イメージ」を描いてみてくださいね。

ちなみに、この「感想」をどんどんと掘り下げると「考察」につながっていきます。

ただし、「総括」は掘り下げても「考察」にはつながりません。

全く性質が違うものになるので、注意が必要です。

「考察」「感想」「総括」を適切に使い分けて、正しい説明ができるようにしましょう!

以上、「考察」の意味と使い方についてまとめました。

この「考察」という言葉は「物事についてよく考えて明らかにすること」を表します。

それに対して、「感想」は「自身の心に思ったこと」を表す、「総括」は「ある過程においての評価をする」ということで、それぞれ何らかの物事について述べているという使い方がされていますが、全く違った意味を表す言葉となっているため、使用には注意が必要です。

必要がある時に適切な使い方ができるよう、ニュアンスの違いを理解しておき、正しい説明ができるように訓練しましょう。

Share:
shr0805