用語

「遺憾」の意味と使い方・例文・「残念」との違いは?現役ライターがサクッと解説!

「遺憾」という言葉は、よく何かの不祥事を謝罪するなどの場面で用いられますね。

とはいえ、そうした場面において、この語が実際にどのような意味で用いられていてどんなことを表しているのかをはっきり認識していないということは意外と多いかもしれません。そんな「遺憾」という言葉について、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が説明していきます。

この言葉の意味や使い方と併せて、近い意味のある「残念」という言葉と比較しながら、両者の語の違いや、それぞれの言葉のもつニュアンスについて見ていきましょう。

「遺憾」の由来と意味・使い方・例文

image by iStockphoto

政府の声明や、その他社会的な場面でもよく使われる「遺憾」という言葉は、古くから使われている言葉でもあります。どこか重たく重大な事柄に対する意見として述べられることも多いですね。日常生活では使う機会も少ないかも知れませんが、公的な文書を作成する時や、自分の意見を示す時にも使うことができます。しかしながら、よく似た意味を持つ「残念」という言葉とは捉え方に違いがありますね。成り立ちも気になる「遺憾」の意味と使い方、また「残念」との違いもご紹介します。

「遺憾」という言葉の由来

少し固い印象がある「遺憾」という言葉の歴史は古く、一般の人々の間で使われだした時代は江戸時代から使用されているようです。そして、「遺憾」を使った言葉として「遺憾ながら」「遺憾なく」という使い方がありますが、これらは明治時代ごろからこのような言いまわしがされるようになったという歴史を持ちます。「遺」は「残ること」を表し、「憾」は「念」を示す漢字です。「念が残る」というような意味として解釈できますね。現代でも使われる「遺憾」について、その正しい定義を確認していきましょう。

「遺憾」が示す意味とは

類義語も多い「遺憾」という言葉ですが、その意味は「思い通り、期待通り、または有るべき形に物事が収まらず、念が残る気持ち」を表す言葉であり、自分の気持を表明するときはもちろん、相手に対して意思を表明する時に使うことができます。辞書による定義も確認しましょう。

1. 思いどおりにならなくて、心残りなこと。残念。 「万々━のないように心して進め」

 

2.事柄が不首尾で、到底容認できるものではないさま。よくない。まずい。 「住民側が市政に━の意を表明した」 「当社は今回の脱線事故を誠に━に思っている」

 

表現2は、取り返しのつかない行為に言って、相手側には非難の、自分側には釈明の言い方となる。謝罪ではない。

出典ー明鏡国語辞典 大修館書店

つまり、「遺憾」とは「あるべき形に収まらず心残りなこと」を示す言葉であり、対人や組織に対して「自分にとっては釈明、相手を避難する」言葉としても使われます。

「遺憾」の使い方と例文

「遺憾」という言葉の応用例として、「遺憾なく」「遺憾ながら」「遺憾千万」といった形で用いる例文をご紹介します。また、「遺憾」の基本的な使い方も知っておけば便利です。「思い通りにならないことで期待に背いた自分の行為を詫びる」「相手の行為を非難する」などの場面でも活用できるので、例文を確認しておきましょう。

「遺憾なく」:「心残りになることなく」「十分に、申し分なく」
「遺憾ながら」:「残念ではあるが、気の毒ではあるが」
「遺憾千万」:「物事が思い通りにいかず非常に心残りであるさま、この上なく残念に思うこと」

 

「遺憾ながら、○○という理由から弊社は海外事業から撤退することを決定いたしました。皆様方にはご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんが、何とぞご理解賜わりますようお願い申し上げます」
「このたびの不祥事について深く遺憾の意を表します」
「この場に彼がいないことは誠に遺憾である」
「こういう人為的なミスが頻発するとは誠に遺憾千万である」
「今回その賞の受賞を逃したことは遺憾に堪えない」
「この作品には彼の才能が遺憾なく発揮されている」

 

「残念」が示す意味とは

image by iStockphoto

「残念」は「思い通りにいかず心残りなこと、またそのさま、残念、気の毒」という意味です。何らかの思い通りにならなかった結果によって期待に背き心残りがすることを表します。この表現は、古くから使われている表現であり、現代でもこの意味を示す言葉として多用される言葉ですね。辞書による定義も合わせて確認していきましょう。

1.期待と食い違った結果や状態に落胆し、心残りに感じること。 「━ながら、不合格だった」 「画家の死を━に思う」 「━無念」

 

2.期待通りにいかなかった人に対し、その気持ちをくみ取って慰めるのに言うことば。 「━でした、またどうぞ」

 

出典ー明鏡国語辞典 大修館書店

「残念」は、「自分の気持ちを表す言葉」であり、相手に対しては「慰めの言葉」として使うことが出来ます。

「遺憾」と「残念」の違いを例文でチェック

よく似た意味の言葉となる「遺憾」と「残念」ですが、「遺憾」は相手に対して非難を意味する言葉であり、「残念」は相手に対して慰めを込めた言葉として使うことができます。では、この両者の言葉の違いを例文をチェックして確認してみましょう。

「遺憾」:「遺憾ながら本公演は中止とさせていただきます」(計画通りにならなかったことで期待に背いたことを残念に思う)

「残念」:「本日はお会いできずに残念でした」(すでに済んだことに対して満足できず心残りに思う)

つまり、「残念」は「何らかの実現を心待ちにしていた結果がその通りではなかったことに自身が満足できず心残りを感じること」を表すことに対して、「遺憾」は「あらかじめ思っていた通りの状況にならず、期待に背く結果になったことに対して心残りを感じること」を表すというニュアンスの違いがあります。

「遺憾」の類義語

image by iStockphoto

あらゆる場面で活用できる「遺憾」という言葉ですが、「残念」以外にも類義語があるので確認してみましょう。これらの類義語をシチュエーションごとに分けて使うことができれば、表現の幅も更に広がりますね。意味と例文を理解して、日常生活で活用しましょう。

「遺憾」の類義語 「無念」の意味と例文

「無念」という言葉に聞き覚えがある人も多いのではないでしょうか。「無念」は時代劇などでも使われる言葉であり、「遺憾」や「残念」の類義語として広く知られています。「無念」の意味として、仏教で使われる「無念」と、日常会話における「無念」には違いがあり、主に日常で使われる「無念」の意味は、「思いが残る」というような意味で聞くこともありますね。実際の定義について辞書の定義を確認しましょう。

1.仏教で、無我の境地に入り、心に何も思わないこと。 「━無想(=すべての雑念を去り、無心になること)」

 

2.くやしく思うこと。 「━を晴らす」 「彼もさぞ━だろう」 「━の涙」 「残念━」

 

出典ー明鏡国語辞典 大修館書店

「無念」を使った例文

「長年の努力の末に、頂いたチャンスを逃してしまうのは無念だ」

「彼は無念にも、ある事件によってこの企業で大きく出世をする機会を棒に振ってしまった」

「不慮の事故によってあなたのご家族が先立たれたことを無念に思っております」

「その僧侶は、長期間に渡る山での修行をこなしても術を会得できなかった無念を書き記す」

「無念」という言葉は、本来は「念が無い」という仏教用語で使われていますが、日常生活においては「残念」よりも念が深く重い言葉として使うことができます。

「遺憾」と「残念」を上手く使い分けましょう

以上、「遺憾」の意味と使い方、「残念」との違いについてまとめました。

この言葉は、「思い通り、計画通りにならなかったことで期待に背いたことを心残りに感じること」を表し、それについてお詫びをする場面や相手を非難する場面などで用いることができます。

また、「残念」という語は「期待した通りの結果にならなかったことに対して自身が満足できずに心残りに感じること」を表現する時に使いましょう。

両者ではニュアンスに大きな違いがあり使用する場面も異なりますが、厳密に使い分けたい場合には、上記のようなニュアンスの違いを意識して使い分けると良いですね。

Share:
prescott