用語

「僭越(ながら)」の意味と使い方・例文・「恐れながら」「恐縮ながら」「勝手ながら」との違いは?現役記者がサクッと解説!

「僭越」(読み方:「せんえつ」)という言葉は、「僭越ながら」という形でスピーチや挨拶などでよく用いられます。

ただし、挨拶やスピーチで使うとはいっても、それらの場面で型通りに使う語ではないため、必ずしも「僭越ながら~」といって挨拶を始めるのが適切な使い方だとは限りません。

そこで、ここではこの言葉の意味と主な使い方、また併せて似た使い方をする表現との違いについて、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「僭越/僭越ながら」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「僭越/僭越ながら」の意味と使い方を説明していきます。

「僭越/僭越ながら」の意味は?

まず、「僭越」には「自分の身分・地位・立場などを越えて出過ぎたことをすること」という意味があり、分際をわきまえずに出過ぎたことをすることを述べる場合に使うことができるでしょう。

そして、「僭越ながら」という表現は「出過ぎたことではありますが」ということを意味し、「失礼ですが」「恐れながら」「出過ぎたことを言うようですが」といったニュアンスがあります。

「僭越/僭越ながら」の使い方は?

次に、「僭越/僭越ながら」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

主な使い方を例文を使って表すと、以下のようになります。

「会社の上役を相手に僭越な振る舞いをする」

「いくらなんでも、そこまで彼の生活に立ち入るのは僭越だ」

「社長に直接進言したのはさすがに僭越だった」

「専門家に意見するなど僭越だが、やはり予算が足りなくなってしまうと思う」

「イブセンやトルストイなどの偉大さを思うと、自分が文学をやるのさえ、僭越なのではないかと思った」

「既成作家を受賞の対象にする賞の選考を行うなんて、私には僭越なことです」

「僭越ながら本日の司会を務めさせていただきます」

「僭越ながらその件について、私の意見を申し上げてもよろしいでしょうか」

「ご指名に預かりましたので、僭越ながら一言ご挨拶を述べさせていただきます」

「私も僭越ながらこの映画の脚本に参加させていただいております」

「モダン・ホラーと呼ばれる作品群には惹かれ続けていたので、僭越ながら一筆寄せさせていただきました」

「僭越ながら、本プロジェクトをお任せいただけませんでしょうか」

このように、「僭越ながら」は自分よりも役職の上の人などを差し置いて挨拶やスピーチをする場面、また目上の人を相手に意見を述べる場合や何らかの出過ぎた振る舞いについていう場合などに使用できます。

「僭越ながら」の類似表現は?

image by iStockphoto

それでは、次は「僭越ながら」と似た使い方をする「恐れながら」「恐縮ながら」「勝手ながら」という語との違いについて見ていきましょう。

まず、「恐れながら」には「恐れ多いことですが」という意味があり、「相手に対して無礼で申し訳ないことではあるが」ということを表すクッション言葉として用います。

また、「恐縮ながら」は「恐れから身がすくむ思いですが」を意味しますが、主に「相手に迷惑をかけたり相手の厚意を受けたりしたときの謝罪や感謝の意」を表明する言い回しとして使うことができるでしょう。

そして、「勝手ながら」には「勝手なことですが」という意味があり、「自分側の都合で物事を決めたりそれを実行すること」を表明する言い回しとして用いられます。

「恐れながら」の使い方は?

それでは、次に「恐れながら」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「恐れながら申し上げますが、当方においては同商品は扱っておりません」

「恐れながら、次回の打ち合わせは欠席させていただきます」

「恐れながら、お願いしたきことがございます」

「恐れながら御身にお声をかける無礼をお許しください」

「恐縮ながら」の使い方は?

それでは、次に「恐縮ながら」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「ご予約は恐縮ながらキャンセルの扱いとさせていただきます」

「誠に恐縮ながら、来月のお取引より価格を変更させていただきます」

「恐縮ながら関係者の皆さんにも、改めて感謝の気持ちを伝えたいと思います」

「恐縮ながら折り返しご連絡を承りたく、よろしくお願い申しあげます」

「勝手ながら」の使い方は?

それでは、次に「勝手ながら」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「誠に勝手ながら、当社はゴールデンウィーク期間中はお休みさせていただきます」

「勝手ながら、ゴミはお持ち帰りいただくようお願いいたします」

「勝手ながら、体調が優れないので本日は欠勤させてください」

「誠に勝手ながら、締め切りは一ヶ月後とさせていただきます」

「僭越ながら」と「恐れながら」「勝手ながら」の違いは?

image by iStockphoto

では次に、「僭越ながら」と「恐れながら」「恐縮ながら」「勝手ながら」の違いについて見ていきましょう。

これらの語の使い方を比較すると、たとえば以下のようになります。

「恐れながら」:「恐れながら、書面でのご案内のみとさせていただきます」(申し訳ないことではありますが、書面による案内のみとなります)

「恐縮ながら」:「誠に恐縮ながら、今回はご縁がなかったものとしてあしからずご了承頂きたく存じます」(誠に申し訳ありませんが、今回はご縁がなかったものとしてあしからずご了承ください)

「勝手ながら」:「誠に勝手ながら、明日は休業とさせていただきます」(勝手なことではありますが、明日は休業とします)

「僭越ながら」:「僭越ながら、その件について私からご説明申し上げます」(分不相応で出過ぎたことではありますが、その件については私から説明します)

なお、「恐れ入りますが」は「恐れ多いことですが」という意味を表し、「出過ぎたこと」を表す「僭越ながら」とはニュアンスが異なるものとなりますが、「無礼で恐れ多いこととは思いますが」といったニュアンスで目上の人を前に意見を言う場合にも用いることができます。

「僭越ながら」は目上の人を前に出過ぎたことをする場合に用いる

以上、「僭越ながら」の意味と使い方、「恐れながら」「恐縮ながら」「勝手ながら」との違いについてまとめました。

この言葉は主に挨拶で用いられることが多いですが、挨拶における決まり文句などではなく、あくまでも「出過ぎたこと」を表す語となるため、目上の人を相手に件を述べる場合などにも用います。

また「恐れながら」「恐縮ながら」も似た使い方で用いることができるので、ケースに応じてニュアンスの違いを認識した上で置き換えて用いるようにすると良いかもしれません。

Share:
KHajime