用語

「臨機応変」の意味と使い方・例文・「柔軟性」との違いは?現役ライターがサクッと解説

「臨機応変」は、「臨機応変に対応できる」などの形で、就職や転職の際に自己PRとしてよく用いられる表現です。「臨機応変な対応」を指示されるなど、普段から特にビジネスシーンでは耳にすることが多いでしょう。

そこで今回は、「臨機応変」の意味と使い方、「柔軟性」との違いなどについて、翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきます。

「臨機応変」の意味と使い方・例文・「柔軟性」との違い

image by iStockphoto

それでは、「臨機応変」の意味と使い方、「柔軟性」との違いなどについて説明していきましょう。

「臨機応変」の意味は?

image by iStockphoto

「臨機応変」を訓読みすると、「機に臨んで変に応ず」となります。

「臨機」は「その場に臨む」、つまり「その場に遭遇すること」、「応変」は「変化に応じる」、つまり「変化に応じて適切な対応をすること」を表す言葉です。

そして「臨機応変」で「型通りの処置にとらわれず、時と場合に応じて適切な手段を講じること」を意味する表現になります。

「臨機応変」の由来について

image by iStockphoto

「臨機応変」は、中国の歴史書『南史(なんし)』の中の話に由来があります。

当時、梁(りょう)の国に蕭明(しょうめい)という司令官がいました。敵を取り囲んだまま、それ以上なかなか動こうとしない蕭明に対して、部下たちがあれこれと敵を攻める方法を提案してきます。

そこで蕭明は、「吾自ら機に臨みて変を制す。多言する勿れ(私は自分自身で機に臨んで変化に応じて相手を制する。余計なことを言うな)」と言ったということです。

「臨機応変」の使い方・例文

image by iStockphoto

「臨機応変」は、主にビジネスの場面において以下のように用いることができます。

「秘書の仕事には、即時の判断や臨機応変な対応ができる人材が求められる」

「接客の仕事は何事もケース・バイ・ケースだ。臨機応変な対応力を身につけることが必要になる」

「彼は不測の事態にも臨機応変に処理しながら、うまく難局を乗り切ってきた」

「これまでは接客業に従事してきました。さまざまなお客様と接する中で、必ずしもマニュアル通りの対応が全てにおいて正解ではないことを経験として学び、臨機応変な対応をする能力を身につけることができました」

「柔軟(性)」との違い

image by iStockphoto

では次に、「柔軟に対処する」など「臨機応変」と同じような使い方をする「柔軟(性)」という言葉との違いについて見ていきましょう。

「柔軟」には「人または事柄の性質が順応性に富んでいて、その場に応じて素直に対処するさま」という意味があります。

「柔軟」と「臨機応変」の具体例は次の通りです。

「柔軟に対処する」:「仕事内容の全く異なる部署に異動しても、新しい部署にうまく順応して仕事をこなす」

「臨機応変に対処する」:「突発的に入電が増えオペレーターだけでは対応できないため、急遽スーパーバイザーも電話対応を行うことにした」

また、両者の使い方を例文で表すと以下のようになります。

「柔軟性」:「彼女は生活習慣の違う海外での生活でも柔軟性を発揮してうまくやっているようだ」

「臨機応変」:「顧客からのクレームに対して臨機応変に対応する」

つまり、「柔軟性」は「決まった価値観などにとらわれず、融通性がありどんな環境にも適応できる様子」を表すことに対し、「臨機応変」は「自分がしていることに対して、その場その時の状況に適した処置を施すこと」を表すという違いがあります。

「臨機応変」のその他の類義語

image by iStockphoto

「臨機応変」には、他にも同じような使い方のできる表現がいくつかあります。

「当意即妙」

image by iStockphoto

「当意即妙(とういそくみょう)」には、次のような意味があります。

その場の状況や変化に対して、即座に機転をきかして対応すること。気がきいていること。また、そのさま。

出典:三省堂

「当意即妙」の「当意」は「その場で即座に考え出すこと、工夫すること」、「即妙」は「すぐに思いつくこと」を意味し、「当意即妙」は「即座に、その場に応じた機転を利かせること」を表す言葉です。

語源はは仏教用語の「当位即妙(とういそくみょう)」にあるとされています。これは「煩悩を持つ凡人でも、ありのままの状態で悟りを開くことができる」ということです。それが一般に浸透していく中で、「位」の字を、人の意志を表す「意」に換えたと考えられています。

「当意即妙」の例文は、次の通りです。

「どうなることかと思ったが、彼の当意即妙な返答のおかげで大事に至らずに済んだ」

「営業職に求められる能力は、当意即妙な受け答えができることだ」

 

「臨機応変」が人の行動に対して使われるのに対して、「当意即妙」は人の言葉や心の動きに対して使われます。

「融通無碍」

image by iStockphoto

「融通無碍(ゆうずうむげ)」には、次のような意味があります。

考え方や行動にとらわれるところがなく、自由であること。また、そのさま。

出典:小学館「融通無碍」

「融通無碍」の「融通」は「滞りなく通ること」、「無碍」は「障害がないこと」を表し、「融通無碍」で「行動や考えが自由でのびのびしていること」という意味になります。

語源は仏教の「華厳経」というお経の言葉から来ていると言われており、そこでの「融通無碍」の意味は、「この世に存在するすべてのものは互いに影響し合いながらつながっている」ということです。

現在では「融通無碍」を略して「融通を利かせる」などの形で使われることが多いですね。

「融通無碍」は次のような使い方をします。

「豊かな人生を送るために、融通無碍でありたいと思う」

「見ていて愉快なその作品には、融通無碍な彼の生き方が現れている」

「臨機応変」の対義語

image by iStockphoto

「臨機応変」の反対の意味を表すのは、「杓子定規(しゃくしじょうぎ)」「四角四面(しかくしめん)」などの言葉です。

「杓子定規」は、曲がった杓子の柄を定規代わりにすることから「一定の基準でしか物事を見ようとしないこと」を意味し、「杓子定規な対応」というような使い方をします。

「四角四面」は、四つの角や面がはっきりしていることから「まじめすぎて堅苦しいこと」を表し、「杓子定規」とともに「応用が利かないこと」とも言える言葉です。

「臨機応変」の英語表現

image by iStockphoto

「臨機応変」を英語で表すには「flexible(適応性のある)」「play it by ear(楽譜を見ないで耳で聴いて演奏することから)」などが使えます。

また、「臨機応変に対応する」は「act according to circumstances(状況に応じて行動する)」と表現するのが良いでしょう。

「臨機応変」とその他の類語を使い分けよう

以上、「臨機応変」の意味と使い方、「柔軟」との違いなどについてまとめました。

「臨機応変」は、「その場の状況に応じて適切な手段を講じること」を表し、就職・転職時に自分の能力をアピールする場面や、不測の事態に対処するなどの場面で用いられる言葉です。

「柔軟性」も同様に「その場に応じて対処する」ことを表しますが、「相手や環境に依存せず融通が利いた対応ができる様子」を表し、臨機応変とはニュアンスが異なります。

「臨機応変」とその他の類義語との違いを知って、それぞれ適切な場面で使えるようにしておくと良いですね。

Share:
konomianko