用語

「対峙」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッと解説!

「対峙」(読み方:「たいじ」)という言葉は「自分自身と対峙する」「問題に対峙する」などの形で用いられています。

「対峙」という言葉を見るとなんとなく意味が分かるので、ニュアンスだけで使ったことがあるという人が少なくないかもしれません。

そこで、ここでは「対峙」の意味、由来や使い方、対義語、類似語を例文を交えながら、半年で独立したプロブロガーの筆者が解説していきます。

「対峙」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

まず、「対峙」の意味と使い方を解説します。

「対峙」の意味とは?

「対峙」には、「(山などが)向かい合ってそびえ立つこと」「対立するもの同士がじっと向き合って動かずにいること、睨み合ったまま動かないでいること」という意味があります。

「対峙」の語源

ここで対峙の由来について見ていきましょう。


対峙を分けると、「対」と「峙」という2つの言葉で構成されていることが分かりますよね。


それぞれの意味を見てみると、「対」は「こたえる、向かい合う」、「峙」は「そびえ立つ、まっすぐ立つ」という意味を持っています。


この2つの言葉を組み合わせることで、「山などが向かい合って高く立っていること」「対立する二者が向き合って動かないでいること、相手の動きを伺って手を出さずにいること」という意味を持った「対峙」が生まれたのです。

「対峙」の英語表現

次に、「対峙」を英語で表す場合の表現について見ていきましょう。

「対峙」の意味を英語で表した場合、「confront」「face」と用いることができます。

ここで、「対峙」の英語表現を例文で見ていきましょう。

「彼は敵と対峙したが恐怖で動くことができなかった」:「He faced an enemy but couldn’t move with fear」

「戦力の消耗を避けるために直接対峙をするべきではない」:「It should not be confronted directly to avoid exhaustion of strength」

「対峙」の使い方と例文

次に、「対峙」を例文を使って見てみましょう。

たとえば以下のような使い方をすることができます。

「その映画の川を挟んで両軍が対峙するシーンを固唾を飲んで見守る」

「穂高連峰と対峙する位置にある霞沢岳は、穂高連峰の展望台として知られている」

「答案用紙と対峙したまま、かれこれ10分が経過した」

「彼女はすべてを悟ったかのような顔つきで彼と対峙していた」

「対峙」の類義語

image by iStockphoto

「対峙」の単語の意味を学んでいただいたところで、もう少し理解を深めていただくために、どのような類義語があるのか解説していきます。

「対峙」の類義語1:対立

「対立」:2つのものが反対の立場に立つこと、互いに譲らないこと。

「意見の対立を避けるためには、誰かが譲らなければならない」


「兄弟は意見の食い違いから対立していたが緩和したようだ」


「対立が原因で同じチーム内で亀裂が生まれてしまった」

「対立」と「対峙」を例文を使って比較した場合、以下のようになります。

「対立」:「彼らは教育方針を巡って真っ向から対立した」(彼らは教育方針を中心に正反対の立場に立ち、互いに譲らなかった


「対峙」:「彼女は夫の不倫相手と決着をつけようと相手を喫茶店に呼び出した。テーブルを挟んで向かい合ったが、しばらくは互いに言葉を発することもないまま対峙していた」(夫の不倫相手と決着を付けようとテーブルを挟んで向かい合ったが、しばらくは互いに何も言わないまま相手の出方を窺っていた)

「対立」は2つのものが反対の立場に立ち、互いに考えを曲げないこと」、「対峙」は「反対の立場に立つもの同士がじっと動かないでいること、睨み合っていること」というようにニュアンスの違いがあります。

「対峙」の類義語2:対抗

「対抗」:互いに張り合う、相対して競りあうこと。

「強力な助っ人を雇ったライバルチームに対抗して、同じく助っ人を雇うことにした」


「現在の状況を打破するための最適な解決策がなく、力で対抗するしか方法がないようだ」


「不正行為を否定しているため、対抗するために証拠つきだした」

「対峙」の類義語3:対決

「対決」:向い合って決着をつけること。

「世界各地で正面から敵と対決する戦略を立て実行した」


「対決を受けさせるために、彼を侮辱したが受け流されてしまった」


「逃げられないこと事態であることを悟った敵兵は、正面切って対決することを選んだ」

「対峙」の対義語

image by iStockphoto

ここで「対峙」にはどのような対義語があるのか解説していきます。

「対峙」の対義語1:回避

「回避」:物事からさけること。

「現在差し迫っている問題を回避する手段はないようだ」


「操作ミスによって事故を起こしかけていたが、回避することができた」


「彼は回避できない手段を用いることで、相手を追い詰めることに成功した」

「対峙」の対義語2:逃避

「逃避」:困難な問題から逃げること。

「彼は上司からのプレッシャーに耐えられず逃避した」


「現実逃避をしていたが、すぐに引き戻されることになった」


「政府が現実逃避にしかならない政策を公表したため、国民から反感を買うことになった」

「対峙」の対義語3:結託

「結託」:お互いに心を通じて事を行う、示し合わせてぐるになること。

「結託して利益を最大化しようとしていたが、ことごとく失敗していた」


「領主をすげ替えるために住民と結託して反乱を起こした」


「やっかいな問題に直面したため、友人と結託して対応していたが解決することはなかった」

「対峙」を上手く使いこなそう

以上、「対峙」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は、「山などが向き合ってそびえ立つこと」「対立するものが向き合って睨み合うこと」を表します。

「何かと向き合う」という意味合いで使われることもありますが、その場合はもともとの意味とニュアンスが異なるので注意しましょう。

Share:
shinkai