用語

「気が置けない」の意味と使い方・例文・類義語は?日本文学専攻の現役ライターがサクッと解説!

「気が置けない」という表現を聞いたことがあるという方は多いでしょう。
しかし、この言葉を正しい意味で理解できていますか?

近年では、本来とは違った意味で解釈されていることが多く、誤用が増えているようです。

そこで、ここではこの言葉本来の意味や使い方、また似た意味を持つ言葉と比較しながら、法律事務所の事務職として、弁護士が作成した文書の校正・マニュアル改訂作業を行った経験を持つ筆者が解説します。

「気が置けない」の意味・使い方・類義語や言い換え表現

image by iStockphoto

それでは、以下に「気が置けない」の意味と使い方、および類義語について説明します。

「気が置けない」の意味は?

「あの人は気が置けない人だ」と言われたら、あなたはどういう意味に解釈しますか?

気配りや遠慮をする必要のない人、でしょうか。
それとも、気配りや遠慮をしなくてはならない人のことでしょうか。

文化庁が毎年行っている「国語に関する世論調査」の中で、同じ質問をしたところ、結果は以下の通りでした。

(ア) 相手に気配りや遠慮をしなくてよいこと・・・・・・・・・・・・・・・42.4%

(イ) 相手に気配りや遠慮をしなくてはならないこと・・・・・・・・・48.2%

(ア)と(イ)の両方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1.4%

(ア),(イ)とは全く別の意味・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1.4%

分からない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6.7%

 

出典:平成18年「国語に関する世論調査」(文化庁)

正解は、(ア)の「相手に気配りや遠慮をしなくてよいこと」です。

しかし、調査結果では、正反対の意味に誤解してしまっている人の方が多かったことが分かります。

「~ない」という打消しの語がついていることで、ネガティブな言葉というイメージを持ってしまうのかもしれませんね。

これを読んで、これまで勘違いしていた!と思った方もいるのではないでしょうか。

今回は、この慣用句の語源と共に、正しい意味をしっかり覚えていきましょう。

「気が置けない」を辞書で引くと、以下のように解説されています。

気遣いする必要がない。遠慮がない。

 

出典:大辞林 第3版(発行所 株式会社三省堂)

そもそも「気が置けない」とは、「気が置ける」という慣用句に否定の「ない」をつけた言葉です。

「気が置ける」とは、相手に対して「気を置く」、つまり自分の気をその人に向けるわけですから、気になってしまう、気を遣ってしまう、という意味になります。

「気が置けない」はその打消しの言葉ですから、相手に対して気を遣う必要がない、つまり遠慮がいらない、気を許せる間柄という意味になるのですね。

しかしながら上述したように、最近では「気が置けない」を、「油断できない」「打ち解けられない、気を許せない」という、本来と真逆の意味で捉えている人が多いようです。

これは誤用ですので注意しましょう。

「気が置けない」の使い方・例文

「気が置けない」は、たとえば以下のように用いて文章を作ることができます。


「気が置けない仲間と過ごす時間は最も寛いだ気分になれる」

「気が置けない仲といっても、そんな頼み事をするのは図々しいというものだ」

「彼は初対面の相手とはなかなか打ち解けないが、気が置けない友人といる時にはいつも楽しそうにしている」

「彼は離婚して最近気が滅入っているらしいから、今度気が置けない仲間だけで集まって愚痴でも聞いてやろうかと思っている」

ちなみに、反対の「気が置ける」という言葉は、たとえば以下のように使うことができます。

彼女とは知り合って日が浅いので、まだなんとなく気が置ける間柄だ。

類義語その1 「気心の知れた」・「気の許せる」・「肩のこらない」

image by iStockphoto

ここからは、「気が置けない」と似た意味を表す言葉について見ていきましょう。

気心の知れた

「気心」には「本来持っている気質や考え方」といった意味があり、「気心の知れた」というと「親しい、信頼できる」ということを表します。

気の許せる

信頼できる・頼りになる相手、遠慮のいらない親しい相手のことを指す言葉です。

肩のこらない

これも、緊張しないで接することができる気楽な間柄であること、つまり親しい仲であることを指しています。


「気が置けない」の代わりにこれらの言葉を使った例文は、以下の通りです。

「彼は気心の知れた友人だ」

(≒「彼は気が置けない友人だ」)

 

「友人の少ない私にとって、彼は数少ない気の許せる相手だ」

(≒「友人の少ない私にとって、彼は数少ない気が置けない相手だ」)

 

「彼と酒を酌み交わしながら、肩のこらない会話を楽しんだ」

(≒「彼と酒を酌み交わしながら、気が置けない会話を楽しんだ」)

類義語その2 「懇意(こんい)」・「昵懇(じっこん)」

image by iStockphoto

仕事の場面など、あらたまった場面で「親しい間柄」であることを表現したいなら、「気が置けない」を「懇意(こんい)」や「昵懇(じっこん)」という言葉に置き換えてみましょう。

【懇意(こんい)】

親しくしていること。遠慮のいらない間柄であること。また、そのさま。

 

【昵懇(じっこん)】

間柄が親しいこと。心安くしていること。また、そのさま。

 

出典:大辞林 第3版(発行所 株式会社三省堂)

たとえば、以下のように使うことができます。


「あちらの会社とは大変懇意にさせていただいております。」

「今後とも、どうぞ懇意なお付き合いの程をお願い申し上げます。」

「彼とは大学時代から昵懇の間柄だ。」

「今後とも、どうか御昵懇にお付き合い願います。」

いずれも、「親しい付き合いのある間柄」であることを表していますが、少々堅い表現なので、ビジネスシーンや、書き言葉で使われることが多いでしょう。

また、特に「昵懇の仲」というと「長年交流があって、お互いに何でも言い合えることができる深い付き合いの友人」という意味になります。

知り合って数年という関係の間柄ではなく、幼い頃からずっと苦楽を共にしてきた幼馴染などに使うことが多い表現です。

このような「昵懇の仲」の関係にある友人がいるなら、その人の人生の中で非常に貴重な財産といえるでしょう。

「気が置けない」は誤用が多いので要注意!

以上、「気が置けない」の意味と使い方、類語についてまとめました。

「遠慮や気遣いをする必要がない」ことを表す言葉ですが、間違った意味で解釈して使われることが非常に多いので要注意です。

この言葉の元になっている「気が置ける」は、相手に対して「気を置く」、つまり気にしてしまう、気を遣ってしまうという意味で、その否定形の「気が置けない」は気を遣う必要がない、ということになります。

迷ってしまった場合には語源を思い出してみると良いかもしれませんね。

筆者も、「気が置ける」は相手に対して少し距離をとって接してしまうイメージ、と覚えるようにしたところ、間違えないようになりました。

また、同じような意味を持つ言葉として「気心の知れた」「気の許せる」「肩のこらない」「懇意」「昵懇」をご紹介しましたが、そのほかにも「心安い」など似た意味を持つ言葉はたくさんあります。

日本語はとても奥深く、紛らわしい言葉も多いですが、正しく意味を理解して使いこなせると良いですね。

Share:
sakura328