用語

「幻想」の意味と使い方・例文・「空想」「妄想」との違いは?現役ライターがサクッと解説!

「幻想」(読み方:「げんそう」)という言葉は、「幻想を抱く」「幻想する」などの形でよく使われています。

「幻想」は、実際に触れることが出来ないもの、またはまぼろしなどを表す言葉ですが、例外として目を見張るような美しい景色や、白昼夢のような風景に対して「幻想的」という言葉で使われることもあります。しかしながら、「空想」「妄想」という言葉とは明らかな違いがあるのが分かりますね。

一般的に現実にないことを事実かのように想像することをいう時に使われている言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また似た意味のある「空想」「妄想」という語とはどのような違いがあるのか、中には疑問を抱く人もいるかもしれません。

「幻想」の意味と使い方、例文について見ていきましょう。また、よく似た意味を持つ「空想」「妄想」という言葉について、その意味と例文もチェックしていきましょう。これらの言葉について、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が解説していきます。

「幻想」の意味と使い方・例文・「空想」「妄想」との違い

image by iStockphoto

美術品やアニメ、その他現実的でないことを表す言葉として用いられる「幻想」という言葉は、日常で触れる機会の多い言葉でもありますね。人の想像をいかにリアルに感じたとしても、その段階では「幻想」の範囲を出ることはありません。これと同じように使われている言葉に、「空想」と「妄想」がありますね。これら3つの言葉はよく似た意味を持ち、また似た使い方がされる言葉ではありますが、そのニュアンスには違いがあります。これらの言葉を適切に使い分けるためにも、「幻想」についての意味や使い方、例文をチェックしておきましょう。また、「空想」と「妄想」についても後述でご紹介していきます。

「幻想」の意味

「幻想」とは、その使われている漢字からも「まぼろし」というような位置づけで使われています。頭に浮かんだり、目の前にあるように見えることについても使われるこの言葉は、実際に触れることのできないまぼろしを言い表す便利な言葉ですね。また、景色や風景について言い表す言葉としても使われています。この便利な言葉について理解し使い慣れている人も、まずは辞書に記載されている内容からその意味についておさらいしておきましょう。

現実にないことをあるように感ずる想念。とりとめもない想像。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「幻想」

 

つまり、「現実には存在しないことを実際にあるかのように思い浮かべること」を表す語となっています。

 

「幻想」の使い方・例文

普段会話や文章の中で触れることがある「幻想」は、現実になく触れることが出来ない想像などについて表すことが出来ます。動詞使いや名詞使いされる言葉であり、「幻想的」という言葉は美しいものや白昼夢のような景色に対しても使える便利な言葉です。日常で馴染みのあるこの「幻想」のニュアンスを掴む意味も含めて、その使い方のヒントになる例文をご紹介します。「幻想」についての意味とニュアンスを掴んで、適切なシチュエーションで使えるようにしておきましょう。


「自分の子供を愛していない親はいないというのは幻想に過ぎない。虐待したり意図的に子供の幸せを妨害したりする親も存在する」

「弁護士になればエリートコースを歩むことができ一生安泰だと幻想する人もいるようだが、今では弁護士は飽和状態で就職も厳しいのが実情だ」

「子供の頃は自分の夢は将来必ず実現するという幻想を抱いていた」

「その庭園は夜になるとライトアップされ、夜の暗闇の中にぼんやりと色とりどりの淡い光りが浮かぶ、いかにも幻想的な雰囲気になる」

「幻想」は、上記のように現実ではないことをまるでそれが事実であるかのように想像することについていう場合に、「幻想を抱く」「幻想的」といった形で使うことができます。また「幻想的」という言い方をする場合には「現実から離れた空想のような様子」を表すのに適切です。

「空想」「妄想」との違いとは

image by iStockphoto

「幻想」という言葉に近い意味をもつ「空想」や「妄想」ですが、これらの言葉をまとめて「幻想」ということもできそうですが、実際にはニュアンスが異なるため、使用するときには注意したいところですね。これらどの言葉も現実にないことを表す言葉として、日常生活で多用されている言葉になります。「空想」は「空想にふける」という言葉があるように、頭の中でぼんやりと思い浮かべること、そして「妄想」はそこに主観のようなものが含まれているような言葉です。では、これらの言葉と「幻想」にはどのようなニュアンスの違いがあるのでしょうか。「空想」「妄想」の意味と使い方、例文をご紹介していきます。

「空想」「妄想」の意味

「幻想」と同じく、普段の日常生活で使うことも多い「空想」と「妄想」ですが、正しい意味を把握しておけばシチュエーションごとに適切に使用できます。例えば、「被害妄想」という言葉は、「妄想」を「空想」に置き換えても「幻想」に置き換えても意味とニュアンスが少しおかしくなりますね。若干のニュアンスの違いがあるこれらの言葉は、使い分けを正しく行うことでさらにその深い意味やニュアンスを伝えることに役立ちます。「空想」「妄想」についての意味を辞書から引用してチェックしましょう。

現実をはなれて、頭の中であれこれと想像すること。また、その想像物。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「空想」

根拠のない判断に基づき、事実や論理によっても訂正されることのない主観的な信念をつくりあげること。また、その信念。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「妄想」②

 

「空想」「妄想」の使い方・例文

image by iStockphoto

「空想」は頭の中で想像をすることに対して使われ、「妄想」は事実ではないことを主観的な観点から判断したときに使われる言葉です。意味の内容からも、「幻想」「空想」「妄想」にはニュアンスの違いがあることがお分かりいただけたでしょう。同じような意味を持つ言葉であっても、主観が入る、またはただ頭で考えるというだけで、かなり意味やニュアンスに変化が付きます。ではこれらの言葉を適切に使用するためのヒントとなる例文をチェックしましょう。「幻想」と比較して、そのニュアンスについて把握してみてくださいね。

「空想」:「サンタクロースは実在していない空想上の人物であることは言うまでもないが、存在を信じている小さな子どもの夢を壊してはいけない」
(≒「サンタクロースは現実離れした想像からつくられた実在しない人物であることは言うまでもないが、存在を信じている小さな子どもの夢を壊してはいけない」)

「妄想」:「両親と同居している彼は、母親が最近被害妄想気味でちょっとのことで気分を害しては愚痴や文句を言ってくるとこぼしていた」
(≒「両親と同居している彼は、母親が最近自分の中の物の見方で物事を判断して、ちょっとのことで気分を害しては愚痴や文句を言ってくるとこぼしていた」)

「幻想」:「失敗するのは良くないことだという考えは幻想に過ぎない。実際には失敗から見出だせるものはたくさんあるものだ」
(≒「失敗するのは良くないことだという考えは、それが事実であるかのように頭の中で考えているだけのことに過ぎない。実際には失敗から見出だせるものはたくさんあるものだ」)

つまり、

「空想」「ありそうにもないことを頭の中であれこれと想像すること」

「妄想」「根拠のないことを主観に基づいて判断してそうと信じること」

「幻想」「現実ではないことをそれが事実かのように頭の中で考えること」

を表すというニュアンスの違いがあります。

「幻想」「空想」「妄想」を適切に使い分けよう

以上、「幻想」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は「事実ではないことを現実かのように想像すること」を表し、現実ではないことをそれが実際にあることや真実であるかのように考えていることについていう場合に、「幻想を抱く」「幻想する」などの形で使われています。

また、「空想」や「妄想」も同じような意味がありますが、「空想」は現実離れしたことを想像することをいい、「空想に耽る」「空想する」などの形で使われることが多いです。

「妄想」は主観的判断でそれを正しいと信じることをいい、「被害妄想」などの形で使うことができます。

これらの語はいずれも現実ではないことを想像することについていいますが、それぞれ異なるニュアンスがあるため、適度に場面で使い分けてみましょう。

Share:
prescott