用語

「変革」の意味と使い方・例文・類義語は?現役記者がサクッと解説!

「変革」(読み方:「へんかく」)という言葉は、「~を変革する」「~に変革をもたらす」などの形で用いられています。

概ね意味は分かるという人がほとんどかとは思いますが、具体的にこの言葉はどのようなことを表すのか、また似た意味のある「改革」「革新」「改変」とはどのような違いがあるのか疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「変革」の意味と使い方、また類義語である「改革」「革新」「改変」との違いについて、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「変革」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「変革」の意味と使い方を見ていきましょう。

「変革」の意味は?

まず、「変革」には「物事を根本から変えて新しくすること」という意味があり、「社会・制度など、何かを大もとの部分から変えて新しくすること」を表します。

また、「変革」は「変える」を意味する「変」と「改める」「新しくする」を意味する「革」から構成されており、似た意味を持つ漢字を重ねて成り立っている熟語です。

「変革」の使い方は?

次に、「変革」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「その政党は政治体制を変革することを目標としている」

「人類は新しい環境によって生活様式を変革していかなければならなかった」

「停滞した営業成績を上げていくためには意識の変革が必要だ」

「人材不足を解消するために組織の大変革に踏み切る」

「綿産業の発展によって起こった産業構造の変革を産業革命という」

「需要の減少で業界全体が低迷していることからみても大変革を試みる必要がある」

「会計ソフトの普及は、中小企業や個人事業主の会計業務に変革をもたらした」

「ソフトウェア業界はこれから大変革期を迎えようとしている」

「生活保守主義の人々は、消費社会に満足して社会変革を望まない」

「常に新しい時代に対応できるように情報収集と知識の研鑽、そして自己変革を促した」

このように、「変革」は「~を変革する」「~の変革」「変革を~する」といった用法があり、「社会変革」「体制変革」「自己変革」、つまり「~変革」という形でも用いられます。

「変革」の類義語は?

image by iStockphoto

それでは次は、「変革」の類義語・類語である「改革」「革新」「改変」について見ていきましょう。

「改革」の意味と使い方は?「変革」との違いは?

「改革」は「(旧来からの制度・組織などを)改め変えること」を表し、たとえば以下のように用いることができます。

「離職率を下げることを目標に組織風土の改革を進めた」

「女性の職業進出は、今日の社会制度を改革しない限りは初めから無理な相談である」

「戦後は行政改革のための町村合併の動きが始まった」

「その公園は、享保の改革の一環として徳川吉宗が整備・造成を行った」

「改革」は「もともとあるものの悪いところを良いものに変えること」を表すため、「変革」のような元からあるものを取り去って新しいものに置き換えてしまうといった意味はありません。

「革新」の意味と使い方は?「変革」との違いは?

「革新」は「(古い習慣・制度・組織・方法などを)改めて新しくすること」を表し、たとえば以下のように用いることができます。

「急速な情報通信技術の革新により、情報通信機器の普及や関連市場の拡大が進んでいる」

「技術革新で各種記録メディアの小型化・高密度化なども進んだ」

「この政治革新は、民衆が気づかぬ間に成し遂げられたと言われている」

「明治の初期における社会の革新は、日本の歴史史上未曾有のものであった」

「革新」は「古くからの制度などを改めて新しくすること」表すため、その意味は「変革」と極めて似通っていますが、これらの語の字面から「革新」は「新しくすること」を、「変革」は「変えること」を強調した意味であると考えられるでしょう。

「改変」の意味と使い方は?「変革」との違いは?

image by iStockphoto

「改変」は「物事の内容を変えて違ったものにすること」を表し、たとえば以下のように用いることができます。

「海賊版の横行により、改変されたソフトウェアが市場に溢れた」

「教育改革とは、教育の制度・内容・方法などを大きく改変することだ」

「改変は極めて少なく、原作に忠実にしようとしていた作品だ」

「本作品の内容 を無断で改変、改ざん等を行うことを禁止します」

このように、「改変」は単に「物事の内容を変えて違うものにする」ことを表し、物事自体を変えて新しくしてしまう「変革」とはニュアンスが異なります。

「変革」は根本から変える、「改革」はより良くする、「革新」は新しくする、「改変」は単に変える

以上、「変革」の意味と使い方、また類義語である「改革」「革新」「改変」についてまとめました。

この言葉は、「物事を根本から新しく変えること」を表し、元からあるものを取り去って新しいものに変えることを述べる場合などに用いられます。

「改革」「革新」という語についても、「改める、新しくする」という意味の「革」という字が共通していて近い意味がありますが、それぞれ「現状をより良く変えること」「古いものを改めて新しくすること」といった違いがあるため、適切に使い分けることが必要です。

一方、「改変」は単に「物事の内容を変えて違うものにする」ことを表し、「改革」「革新」「改変」それぞれの「根本から変える」「より良く改める」「新しくする」といった意味とはニュアンスが異なります。

このように、これらの語はそれぞれ微妙にニュアンスが違い、異なる場面で用いることができるため、場面に応じて適切に使い分けると良いでしょう。

Share:
KHajime