用語

「不条理」の意味と使い方・「理不尽」「不合理」「非合理」との違いは?現役記者がサクッと解説!

「不条理」(読み方:「ふじょうり」)という言葉は、主に「不条理な世の中」「世の不条理」などの形で用いられています。

といってもこの言葉は日常的によく使われる語ではなく、具体的にどのようなことを表しているのか、また「理不尽」「不合理」「非合理」といった同じような意味のある語とはどのような違いがあるのかと疑問に思うことがあるかもしれません。

そこで、ここではこの言葉の基本的な意味と使い方、また「理不尽」「不合理」「非合理」と比較しながらそれぞれの違いについて、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「不条理」の意味と使い方

image by iStockphoto

それでは、始めに「不条理」の意味と使い方を説明していきます。

「不条理」の意味は?

まず、「不条理」には「物事の筋道が立たないこと、道理に合わないこと」という意味があり、「物事のあるべきさまや理、もしくは論理に反していること」を述べる場合に用いられます。

また、「不条理」には、「人生に意義を見出す望みがないこと、絶望的な状況」という意味もありますが、これは哲学における実存主義で用いられる専門用語です。

そして、この言葉の由来も実存主義から来ており、同哲学分野におけるフランス語の「absurde」やドイツ語の「Absurdität」を日本語訳したものが「不条理」であるとのこと。

さらに言うと、「absurde」や「Absurdität」は、「不協和な」を意味するラテン語の「absurdus 」を語源としているそうです。

「不条理」の使い方は?

それでは、次は「不条理」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「若くして病気で亡くなった彼のことを思うと、その不条理な運命を嘆かずにはいられない」

「人生や世の中の不条理を挙げたらきりがないが、だからこそ、その不条理の中での在り方を追求することが必要だ」

「大地震で周辺の街が一変し、この世の不条理を実感する」

「震災による被害を目の当たりにして、不条理な現実に呆然とする」

「不条理演劇では、人間、特に現代人の不条理性や不毛性を描く」

「その漫画は、シュールな作風と常軌を逸した不条理な展開から漫画界以外でも大いに話題となった」

「私は中世ヨーロッパの歴史を学んだ時、魔女裁判のあまりにも不条理な判定にショックを受けた」

「猛威を振るう台風の影響で農作物に大きな被害が出たというが、何とも不条理な話だ」

「幼い頃の純真さは、やがて世界の不条理にぶつかり、戦い、敗北し、消えていった」

「不条理」の類義語は?

image by iStockphoto

それでは、次は「不条理」の類義語・類語である「理不尽」「不合理」「非合理」について見ていきましょう。

まず、これらの語の意味は以下のようになります。

「理不尽」:道理をつくさないこと

「不合理」:道理や理屈に適っていないこと

「非合理」:論理や道理に合わないこと

「理不尽」の使い方は?「不条理」との違いは?

それでは、次に「理不尽」の使い方と、「不条理」との違いについて見ていきましょう。

この語はたとえば以下のような使い方があります。

「理不尽なクレームに冷静に対応する」

「私がいじめにあったのは理不尽なことではなく、自身の生意気さと高慢さからだった」

「会社からの指示は理不尽なものだったが、我々の部署はそれに従わざるを得なかった」

「その植民地が本国からの理不尽な要求に抵抗しているうちに、抵抗はやがて戦争となった」

「彼の連載は、人気が非常に高く、アンケートで1位をとるほどであったが、理不尽な理由で打ち切られた」

このように、「理不尽」は主に「(理屈に合わない無理な要求をされるなど)他者による道理に合わない行動」について言及する場合に用い、「不条理」は主に「天災などの人の力ではどうにもならないこと」に対して用いるというニュアンスの違いがあります。

「不合理」の使い方は?「不条理」との違いは?

それでは、次に「不合理」の使い方と、「不条理」との違いについて見ていきましょう。

この語はたとえば以下のような使い方があります。

「残業代を固定にする制度を不合理だとして改善を求める」

「歴史には隆盛を誇った大国は数あるが、非民主国家はみなその不合理性ゆえに崩壊した」

「明治維新を通して、封建的な制度の不合理性が明らかにされた」

「彼はその著作を通して、社会の不合理への抗議の意識を晩年までもち続けた」

「日本のような湿度の多い所では、ネクタイはどう考えても不合理である」

このように、「不合理」は主に「(何かの制度などが)道理に適っていないこと」や「(手法や方法などが)理屈に合わないこと」について述べる場合に用います。

そのため、「不合理」を用いることが適切な場面で「不条理」を用いると、意味としては同じであっても大げさに聞こえてしまうことがあるでしょう。

「非合理」の使い方は?「不条理」との違いは?

image by iStockphoto

それでは、次に「非合理」の使い方と、「不条理」との違いについて見ていきましょう。

この語はたとえば以下のような使い方があります。

「私は科学以外の非合理的な考え方は出来ない人間だとよく言われる」

「現実が全く非合理的であるとすれば、実験することも無意味でなければならない」

「一見非合理に見える現象も俯瞰して全体を見れば、その合理性が明らかになるだろう」

「市場が非合理性を持つからこそ投機によって巨利を得ることができるのだ」

「日本企業は、経済学的にはまったく非合理的でナンセンスな行動をとっている」

このように、「非合理」は主に「(理論や考え方などが)論理に合わないこと」を述べる場面で用います。

「道理に合わないこと」を招く事物に応じて使い分けよう

以上、「不条理」の意味と使い方、「理不尽」「不合理」「非合理」との違いについてまとめました。

これらの語は、一見すべて同じ意味で違いが分かりにくいものとなりますが、それぞれ使用する場面が異なります。

「不条理」は「道理に合わないこと」を表し、対象が「天災や死などの人の力とは関係しないこと」である場合に用いることに対して、「理不尽」は他者による理屈に合わない言動。そして、「不合理」は制度や組織など、「非合理」は理論や考え方などを対象にする場合に用いるという点で違いがあります。

このことを意識して、これらの語は「道理に合わないこと」を招く事物に応じて使い分けると良いでしょう。

Share:
KHajime