用語

「刷新」の意味と使い方・例文・類義語は?現役記者がサクッと解説!

「刷新」(読み方:「さっしん」)という言葉は、「~を刷新する」という形でよく用いられています。

どちらかと言うとビジネスの場面で用いられることの多い語ですが、概ね意味が分かっていても具体的にこの言葉はどのようなことを表すものなのか、また「一新」「改善」「革新」「更新」といった似た意味のある語とどのような違いがあるのかと疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「刷新」の意味と使い方、また類義語である「一新」「改善」「革新」「更新」と比較しながらそれぞれの意味や使い方、また違いについて、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「刷新」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「刷新」の意味と使い方を説明していきます。

「刷新」の意味は?

まず、「刷新」には「悪いところを改めて新しくすること」という意味があり、「それまでの悪い面を取り除いてまったく新しくすること」を表します。

また、「刷新」は「払い除く」を意味する「刷」と「新しくする」を意味する「新」から構成されて「払い除いて新しくする」という意味になっています。

「刷新」の使い方は?

次に、「刷新」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「評価者の偏見や独断による評価結果を排除するよう評価制度を刷新する」

「社長の独断で給与が決まっていた賃金制度を刷新する」

「年功序列ではなく評価によって給与金額が決まる実力主義の報酬制度に刷新する」

「プロジェクトチームを組織して社内人事の刷新を図る」

「第三者委員会の指摘により経営陣は刷新された」

「社員へのアンケートの結果を分析して報酬制度を刷新する」

「デフレーション脱却のため、政府は金融政策を刷新する考えを示した」

「市政の刷新を訴えて選挙戦を戦い、当選した」

「刷新」の類義語は?

image by iStockphoto

次は、「刷新」の類義語である「一新」「改善」「革新」「更新」の意味や使い方、またそれぞれの違いについて見ていきましょう。

「一新」の意味と使い方・「刷新」との違い

「一新」は「すべて新しくすること」ことを意味し、以下のように用いることができます。

「遠方へ引っ越しをして生活を一新する」

「人事の一新により人材の若返りを図った」

「趣のある駅舎だったが、今は改築されて面目を一新している」

ちなみに、「面目を一新する」は「一新」の慣用句で「様子をすっかり改める」「低い評価を改める」ことを表します。

このように、「一新」は単に「物事をすべて新しくする」を意味しており、「悪いところを改める」という「刷新」に含まれるニュアンスはありません。

「改善」の意味と使い方・「刷新」との違い

「改善」は「物事の悪いところを良い方向へ改めること」を意味し、以下のように用いることができます。

「健康状態の改善にはジョギングがおすすめです」

「自分の仕事のやり方にはまだまだ改善の余地があると思う」

「食事を見直して体質改善を図る」

このように、「改善」は「刷新」と同じ「悪いところを改める」という意味を含んでいます。しかし、「改善」では程度の問題として「改める」だけであり、「悪いところを取り除いて新しくする」という意味は含みません

「革新」の意味と使い方・「刷新」との違い

image by iStockphoto

「革新」は「旧来の制度・組織・方法・習慣などを改めて、新しくすること」を意味し、以下のように用いることができます。

「技術革新により停滞した経済を打破する」

「その現象は一人の研究者の革新的なアイデアによって解明された」

「ビジネスモデルの革新こそが成長への近道だ」

上記のように、まず「革新」には「悪いところ」を「改める」「変える」といった意味は含まれていません。

そしてこの語は、単に「何かを改めて、新しくすること」時に使うのではなく、現在の状態を違う状態に変えようとする場面で使用します。

「取り除いて新しくする」という意味を含んだ「刷新」とは、このような点でニュアンスが違うので、使い分けには注意が必要です。

「更新」の意味と使い方・「刷新」との違い

「更新」は「新しいものに改めること」を意味し、以下のように用いることができます。

「オリンピックで日本の水泳選手が世界記録を更新した」

「オペレーティングシステムの更新によって不具合は修正された」

「生産性向上を図るため全社のシステムを更新しました」

このように、「更新」は単に「新しいものに変えること」を意味しており、「刷新」が含む「悪い面を取り除いて」といった意味はありません。

「刷新」は悪い面を取り除いて、「一新」はすべて、「改善」は良い方へ、「革新」は現状を変えるため、「更新」は単に新しく「改めること」

以上、「刷新」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

上記のように、「刷新」は「それまでの物事の悪い点を取り除いて新しくする」ことを表し、組織や制度などに対して用いられていることが多くあります。

それに対して、「一新」は単に「物事をすべて新しくすること」を表し、「悪いところを改める」といったニュアンスはありません。

また、「改善」は「物事の悪いところを良いものに変えること」を表していますが、
それは程度の問題として「改める」だけであり、「悪いところを取り除いて新しくする」といった「刷新」に含まれている意味はありません。

一方、「革新」は「古くからの習慣・制度・状態・考え方などを改めて、新しくすること」を表しますが、単に「何かを改めて、新しくすること」ときに使うのではなく、何らかの状態を変えて新しい状態にしようとする場面で使います。

そして、「更新」は単に「新しいものに改めること」を表し、「悪い面を取り除いて改める」「すべてを新しくする」「良い方向へ改める」といったニュアンスは含まれません。

それぞれ、異なるニュアンスを持ち、異なる使い方ができるので、意識して使い分けると良いかと思います。

Share:
KHajime