用語

12月に送る手紙の挨拶文・結びの言葉に使う言葉の意味と使い方は?現役ライターがサクッと解説

12月は、ビジネスでもプライベートでも忙しくなる時期ですが、1年を振り返って感謝を伝えるために手紙を書く機会も多くなることでしょう。そのときの挨拶文などには、大雪・冬至・初冬・師走・歳末という言葉がよくつかわれます。今回、この記事では、その5つの言葉の意味や使い方について、翻訳経験のある現役ライターの筆者が解説していきます。

12月 手紙の挨拶文や結びの言葉に用いる言葉 意味と使い方

image by iStockphoto

それでは、手紙のあいさつなどに使用される言葉を5つ挙げて、意味や使い方(使用例)を紹介していきましょう。

#1 大雪(たいせつ)

image by iStockphoto

「大雪」は二十四節気の一つで「太陽の黄経(太陽の高さ)が255度に達する時」をいい、暦の上では「12月7日頃」、または冬至までの期間を指します。

「大雪」は、北国や山間部だけでなく平地でも雪が降り始め、本格的な冬が到来する時期です。動物たちは冬ごもりを始め、人々も年末に向けて忙しくなってくるころですね。

「大雪」という言葉には「激しい雪が降るころ」といった意味があり、この日以降に送る手紙の挨拶文において、たとえば以下のように使用することができます。

「大雪の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます」
「大雪の候、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます」
「大雪を過ぎ、めっきりと寒くなって参りましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか」

二十四節気とは、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、それをさらに6つずつに分けたもののことです。春分、秋分、夏至など、現在でも季節の節目をしめす言葉として使われていますから、なじみのある言葉も多いのではないでしょうか。この節気は、その年によって日にちが変わる場合がありますので、「何月何日」と決められているわけではありません。

#2 冬至(とうじ)

image by iStockphoto

「冬至」は二十四節気の一つで「太陽の黄経が270度に達する時」をいい、暦の上では「12月22日頃」、または次の節気である小寒の前日までの期間にあたります。

「日中の長さが最も短く夜が長い日」となり、この時期から本格的な寒さが訪れるとされている日です。冬至は、その翌日から日が長くなり、弱くなっていた太陽の力が甦ってくることから「一陽来復(いちようらいふく)」ともいわれ、この日を境に運気が上昇するのだとか。ゆず湯に入るのも、一陽来復に備えて身を清めるのが元来の目的だったようです。

「冬至」はその日以降に送る手紙の挨拶文において、たとえば以下のように用いることができます。

「冬至の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」
「冬至を迎え、いよいよ年の瀬も押し迫って参りました」
「冬至のみぎり、本格的な寒さが到来するころとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか」

冬至にはにんじんやだいこんなど「ん」のつくものを食べると運が呼び込めるといわれます。冬至に食べる代表的なものといえばかぼちゃですが、別名を南京(なんきん)といいますから、やはり縁起を担いでいるのですね。β-カロテンをはじめ、ビタミンCやビタミンEもそろった栄養価の高いかぼちゃを食べて、風邪を予防するという目的でもあります。

#3 初冬(しょとう)

image by iStockphoto

「初冬」は「冬の始めごろ」を表し、立冬(11月7日ごろ)から大雪の前日ごろまでに適した言葉です。秋が終わり、次第に寒くなってくる頃ですね。もっとも、近頃では本格的な冬の到来が遅れ気味ですので、「晩秋」と重なる時期でもあるようです。

「初冬」は旧暦10月の異称でもありますから、同じく旧暦10月を表す「小春(こはる)」「孟冬(もうとう)」という言葉も、「初冬」と同じような使い方ができます。

「初冬」は12月に送る手紙の挨拶文や結びで、次のように使われる言葉です。

 

「初冬の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます」
「初冬の候、寒さが一段と身にしみる今日このごろですが、皆様にはお変わりありませんでしょうか」
「初冬のみぎり、お風邪など召されませぬようくれぐれもご自愛ください」

#4 師走(しわす)

image by iStockphoto

「師走」は、「旧暦12月の別称」(新暦の12月にもいう)を表す言葉です。由来にはさまざまな説がありますが、よく知られているのは、年末は「師」が忙しく走り回ることから「師走」だという説でしょう。その「師」が誰を指すかについても諸説ありますが、昔は年末にお経を上げてもらうためにお坊さんを呼ぶ風習があったことから、「師」を「お坊さん」とする説が有名です。

また、年が終わるという意味で 「年果つ(としかつ)」から、としはす→しはす→しはす という説も。

「師走」の別名、異称には、晩冬(ばんとう)、三冬月(みふゆづき)、梅初月(うめはつづき)、春待月(はるまちづき)、歳極月(としはすづき)、苦寒(くかん)などとたくさんあります。

「師走」は12月に送る手紙の挨拶文で、次のように用いられる言葉です。

「師走を迎え、美しいクリスマスのイルミネーションに街が華やぐ季節となりました」
「師走に入り、何かと気忙しい(きぜわしい)毎日ではございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか」
「今年も早いものでもう師走となりました」

#5 歳末(さいまつ)

image by iStockphoto

「歳末」は「年の暮れ、年末」を表す言葉で、一般的には12月1日から31日までの1か月間を指します。

「歳」は年齢を数える単位で、数え年でのそのときの年齢が年末で終わりを迎えることから、年末のことを「歳末」というようになりました。

「歳末」は12月の1か月間を指すのが一般的だと前述しましたが、時候の挨拶として使う 「歳末の候」の場合は12月下旬ごろが適しています。12月上旬から中旬は「師走の候」とした方が良いでしょう。

「歳末」は、12月下旬ごろに送る手紙の挨拶文や結びの言葉において以下のように使用することができます。

「歳末の候、今年もいよいよ残すところあとわずかとなりました」
「歳末の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます」
「歳末のみぎり、新年を迎える準備でご多忙のことと存じますが、体調を崩されることのないよう気をつけてお過ごしください」

12月には冬を表す言葉を使おう

以上、12月に送る手紙の挨拶文などに使用する季語の意味や使い方を紹介しました。

12月はいよいよ本格的な寒さが到来すると同時に、年の瀬が迫り何かと気ぜわしくなる時期です。

この時期には、たとえば「大雪」「冬至」「初冬」といった言葉を使って、これから本番を迎える冬の初めの寒さを表したり、「師走」「歳末」といった言葉を用いて、年の瀬が迫っている時期であることを強調したりすることで季節感を表すことができます。

状況に応じて、上記のような言葉を適度に使い分けながらこの時期特有の季節感を表していくと良いですね。

Share:
konomianko