用語

「付け焼き刃」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説

「付け焼き刃」(読み方:「つけやきば」)という言葉は、「付け焼き刃の知識」「付け焼き刃のテーブルマナー」などの形でよく用いられています。
とはいえ、具体的にこの言葉がどのようなことを表しているのか、また他に近い意味の言葉にはどのようなものがあるのか、中には疑問が浮かぶ人もいるかもしれません。
そこで、ここでは「付け焼き刃」の意味と使い方、また類義語にあたる言葉などについて翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきます。

「付け焼き刃」の意味と使い方・例文・類義語

image by iStockphoto

それでは、以下に「付け焼き刃」の意味と使い方、また類義語などについて説明します。

「付け焼き刃」の意味は?

image by iStockphoto

「付け焼き刃」には「間に合わせに知識や技術などを身につけること」といった意味があり、 その場をしのぐために、急いで覚えたり身につけたりした知識や技術のこと」 を表す言葉です。

「刃」を「やいば」と読むのは「焼き刃」からきていますが、「付け焼き刃」の場合は「つけやきば」と読みます。「つけやいば」と読むのは間違いです。

「付け焼き刃」はもともと鎌倉・室町時代の刀鍛冶(かたなかじ)用語で、「刃こぼれして切れ味の悪くなった刀に、応急処置として鋼の焼き刃を付け足したもの」のこと。本来、切れ味の良い鋭い刀に仕上げるためには、何度も地金を打って作られますが、鋼の焼き刃を付けただけの刀は、「切れそうに見えても実際にはもろくて役に立たない」ことから転じて上記の意味を表しています。

なお、「焼き刃」とは焼き入れした刃のことで、焼き入れとは金属を高温状態にしたのちに急冷させる熱処理のことです。焼いたり冷やしたり、叩いたり伸ばしたりと、本来ならば手間暇かけて、硬く頑丈な刃を作るのですね。

「付け焼き刃」の 使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「付け焼き刃」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「付け焼き刃の知識で資格を取得しても、実務には役に立たない」
「転職の書類選考や面接対策に付け焼き刃の資格を取得する」
「語学は付け焼き刃ではとうてい通用するものではない」
「パーティに参加するために付け焼き刃でマナーやダンスを学ぶ」

「付け焼き刃」の類語 「一夜漬け」

image by iStockphoto

「付け焼き刃」と似た意味のある言葉といえば、「一夜漬け」でしょう。

「一夜漬け」は「急場をしのぐために一晩でする仕事や勉強」を表す語で、

「部活やバイトで勉強する時間がなかなか取れず、一夜漬けの勉強で試験を乗り切った」
「一夜漬けで集中して作業し何とか納期に間に合わせて納品する」

というように使います。「付け焼き刃」が知識や態度について使われるのに対して、「一夜漬け」は勉強や作業などに使われる言葉です。

 

「付け焼き刃」の類語 「その場しのぎ」

image by iStockphoto

また、「その場しのぎ」も「付け焼き刃」と似たような意味で使われる言葉です。

「その場しのぎ」は、「その場を取り繕って当面の問題を切り抜けること」を表し、

「上司に遅刻の理由を聞かれ、その場しのぎの言い訳をする」

「特にやりたいことが見つからず、その場しのぎに進学を決める」

のように使います。「その場しのぎ」には「ごまかす」というニュアンスもあるので、あまり良いイメージの言葉ではありませんね。

その他、「間に合わせ」「にわか仕込み」「にわか仕立て」「生かじり」「生半可」なども似たような意味です。

 

 

「付け焼き刃」の対義語

image by iStockphoto

「付け焼き刃」の反対の意味を表す言葉には、準備や用意が十分に整っているという意味の「準備万端」「用意周到」、落ち度なく準備を行う「抜かりがない」などがあります。

急いで覚えたのではなく、じっくり時間をかけて身につけた知識や技術という意味では、「実力」も対義語になるでしょう。

「付け焼き刃」を使ったことわざ

image by iStockphoto

「付け焼き刃」は、「付け焼き刃はなまり易い」 「付け焼き刃ははげやすい」 ということわざにも使われています。その意味は、「その場しのぎで身に付けたものは、すぐにぼろが出てしまう。根本的な解決にならない」というものです。切れ味の悪い刀に鋼の焼き刃を付けても、見た目は修復されて切れそうだが実際はほとんど切れず、脆くてすぐだめになる、はがれやすいということからきています。

「付け焼き刃」の英語

image by iStockphoto

では、「付け焼き刃」を英語に訳するとしたら、適した言葉はあるのでしょうか。「付け焼き刃」は日本刀に関する言葉ですから、当然そのままの訳はできません。西洋の剣は、日本刀ほどの複雑な工程を経て作られるものではないようです。

そうすると、 「張り板、見せかけ」という意味 を持つ”veneer”や、「表面、うわべ、見かけ」という意味の”surface”が適していると言えるでしょう。

学ぶときは「付け焼き刃」にならないように

以上、「付け焼き刃」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

この言葉は「間に合わせで何かの知識や技術を身につけること」を表し、確実に知識などを身につけるのではなく目先のことを考えて、その場しのぎに知識を覚えることなどをいいます。

また「一夜漬け」「その場しのぎ」といった語も近い意味がありますが、「一夜漬け」は「(試験や納期などが差し迫っている場合にそれを切り抜けるために)一晩でする勉強や仕事」、「その場しのぎ」は「その場を取り繕って目の前にある問題を切り抜けること」を表す言葉です。

それぞれ当面をしのぐために何かをするといった意味がありますが、微妙に用いる場面が異なるため、ケースに応じて適度に使い分けましょう。

いずれにしても良い意味とは言えないので、何かを学ぶときには「付け焼き刃」にならないように、しっかり身に付けたいものですね。

Share:
konomianko