用語

「鶏口牛後」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役ライターがサクッと解説

「鶏口牛後」(読み方:「けいこうぎゅうご」)という故事がもとになってできた四字熟語があります。

この言葉は日常的に用いる類の語ではなく、たとえば具体的にどのようなことを表すのか、また近い意味、反対の意味の語にはどのようなものがあるのか、中には疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは、「鶏口牛後」の意味と使い方、また類義語・対義語にあたる言葉などについて翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきます。

「鶏口牛後」の意味と使い方・例文・類義語・対義語

image by iStockphoto

それでは、以下に「鶏口牛後」の意味と使い方、また類義語との違いなどを説明します。

「鶏口牛後」の意味は?

image by iStockphoto

「鶏口牛後」は中国の故事『史記』蘇秦列伝をもとにした「鶏口となるも牛後となるなかれ」ということわざから来た語で、以下のような意味があります。

大きな団体や組織の中で使われるよりも、小さな団体や組織の長となるほうが良い

明鏡国語辞典より

 

つまり、「大きな組織に雇われて仕事をさせられるよりも、小さな組織でも上に立って統率する立場になるほうが良い」ことを表す語となっています。

 

「鶏口牛後」の「鶏口」は鶏のくちばしを意味し、そこから転じて「小さな団体の長」、「牛後」は牛の尻の意味で、「強い人の配下につく人」を例えていう語です。

「鶏口牛後」の由来

image by iStockphoto

『史記』には、次のような話があります。

中国の戦国時代には、7つの国が争っている時期がありました。その中で最も力を持っていた国が「秦」です。

強国の秦に従うべきか、それとも戦うべきか迷っていた韓王に、遊説家の蘇秦(そしん)が、「たとえ小国でも一国の王として権威を保つ方が良い。秦に従って臣下に成り下がってはいけない」と説き、秦以外の6つの国が連合して秦に対抗することを勧めました。

この話が元で、「鶏口となるも牛後となるなかれ」のことわざが生まれました。

 

「鶏口牛後」の使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、「鶏口牛後」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「鶏口牛後を選び、大企業からベンチャー企業に転職する」
「鶏口牛後とはいうが、鶏口と牛後どちらが良いのかは働き方やライフスタイルにも依るだろう」
「大企業に勤めるも思うように出世が望めず、鶏口牛後の精神で独立する」
「彼は大企業の平社員にやり甲斐を見出だせず、鶏口牛後で中小企業に転職したが、今では複数の仕事を兼任するようになり仕事が楽しいと言っていた」

「鶏口牛後」はこんな場面で使われる

image by iStockphoto

「鶏口牛後」は、進学や就職、転職する人へのアドバイスや贈る言葉としてよく使われます。また、この言葉を座右の銘としている人も多いようです。

レベルの異なる2つの進学先や就職先をどちらにするか選ぶ際に、ぎりぎり入れそうな行き先を選んで大きな組織の末端になるのではなく、余裕を持って入れそうな方に進むと、小さな組織の中でトップに立てる可能性が高くなるということですね。

 

「鶏口牛後」使い方の注意点

image by iStockphoto

「鶏口」を「鶏頭」、「牛後」を「牛尾」として「鶏頭となるも牛尾となるなかれ」とするのはよくある間違いです。

「鶏口」はくちばしのことであり、小さな団体の長以外の者には使いません。つまり、先頭は一人になるわけです。確かに「頭」より「くちばし」の方が範囲が狭いですね。

日本では、「頭」や「尾」という言葉の方が、それぞれ「先頭」「末端」のイメージがわきやすいので、「鶏頭牛尾」と間違って広まったのかもしれません。

「鶏口牛後」の類義語

image by iStockphoto

次に、「鶏口牛後」の類義語について見ていきましょう。

この言葉と同じような意味を持つことわざの一つが、「鯛の尾より鰯の頭」(たいのおよりいわしのかしら)です。

高級魚である鯛の尾より、大衆魚の鰯の頭の方が良いということから、「鶏口牛後」と同じように「大きな組織で人に付き従うよりも、小さい団体で頭となるほうが良いこと」を表すことわざとなり、以下のように用いることができます。

「大企業の出世コースから外れ、鯛の尾より鰯の頭と思い転職を決意する」
「名の知れた大企業でのルーティーンワークに疑問を覚え中小企業に転職した。今では責任ある仕事を任されるようになり、大企業にはなかった充実感を得られるようになったが、鯛の尾より鰯の頭とはこういうことをいうのだろうか」

その他にも、類語には「芋頭でも頭は頭」「大鳥の尾より小鳥の頭」が挙げられます。

「鶏口牛後」の対義語

image by iStockphoto

「鶏口牛後」の対義語には、「寄らば大樹の陰」(よらばたいじゅのかげ)があります。

この言葉は、(雨宿りには大きな樹の下のほうが濡れずに済むし、日差しを避けることもできることから)「頼るならば力のある者のほうが良いこと」を表し、使用例は次の通りです。

「寄らば大樹の陰と思い、安定感があり福利厚生の充実した大企業に入った」

「近頃の就活生は寄らば大樹の陰の傾向があって、中小企業は人材確保に苦労する」

その他、対義語には「犬になるなら大家の犬になれ」「箸と主とは太いがよい」などがあります。

「鶏口牛後」を英語で言うと?

image by iStockphoto

「鶏口牛後」は中国の故事からきたことわざですが、実は英語でも同じような意味のことわざがあるのです。

Better be the head of a dog than the tail of a lion.(ライオンのしっぽになるよりも、犬の頭になるほうが良い)

鶏が犬に、牛がライオンになっていますが、「鶏口牛後」とそっくりですね。

また、こんな言い方もあります。

Better be first in a village than second at Rome.(ローマで2位になるよりも、村で1位になるほうが良い)

これは、カエサル(ジュリアス・シーザー)の名言です。

「鶏口牛後」はひとつの考え方

以上、「鶏口牛後」の意味と使い方、類義語・対義語についてまとめました。

この言葉の意味は「大きな組織の末端よりも小さな組織の長となるほうが良い」ということです。

同じような意味の語としては「鯛の尾より鰯の頭」などがあり、この語も「鶏口牛後」と同じような使い方をすることができます。

また、対義語としては「寄らば大樹の陰」などが挙げられ、意味は「頼るならば力のあるものが良い」ということです。

これらの言葉は、たとえば就職先を選ぶときに大企業と中小企業を比較して、それぞれの良いところを強調したい場合などに用いると良いかもしれません。

Share:
konomianko