用語

「杜撰」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?日本文学専攻の現役ライターがサクッと解説!

「杜撰」(読み方:「ずさん」)という言葉は、「杜撰な~」などの形でよく用いられています。

比較的用いる機会や耳にすることの多い語ではありますが、具体的にどのようなことを表すのか、もしくは他に似た意味の語としてどのような言葉があるのか、疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「杜撰」の意味と使い方・例文・類義語・対義語などを、法律事務所の事務職として、弁護士が作成した文書の校正やマニュアル改訂作業を行った経験を持つ筆者が解説します。

「杜撰」の意味と使い方・例文・類義語・対義語

image by iStockphoto

「杜撰」は「ずさん」と読みます。

「とせん」などと読み間違えてしまう人が多いようなので、ぜひここで覚えてくださいね。

それでは、以下に「杜撰」の意味と使い方・例文・類義語・対義語を説明します。

「杜撰」の意味は?

まず、「杜撰」を辞書で引くと以下のように解説されています。

1. 著作物などの典拠が確かでないこと。いい加減に書かれていて、誤りが多いこと。

2. 物事のやり方がぞんざいで、手抜きが多いこと。

 

出典:明鏡国語辞典

つまり、「著作物の根拠が確かでないことや、いい加減で誤りが多いこと」「物事のやり方が丁寧でなく必要となる工程に省かれている部分が多いこと」を表す言葉です。

「杜撰」の語源

「杜撰」という言葉は、中国の故事が由来となって生まれたという説が有力です。

宋の杜黙(ともく)という詩人の作った詩は、律(詩の様式)に合わないものが多く、杜黙が作った詩=いい加減であるという認識が定着してしまいました。

「杜」という字は、この詩人杜黙を表し、また「撰」という字は詩文を作ることを表します。

この2つの字を合わせて、いい加減なこと、誤りが多いことを「杜撰」と言うようになったと言われているのです。

「杜撰」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「杜撰」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

注意すべきなのは、物事のいい加減さを表すときに使う言葉であって、 人の性格を表すときには適さないということです。

たとえば以下のように用いることができます。

杜撰で実現性の乏しい計画を修正する。」

「その職場は勤怠管理が杜撰で、平気で遅刻する社員も多いようだ。」

「食中毒事件をきっかけとして、その店の杜撰な管理体制が明らかになった。」

「その企業は研修制度や新人のバックアップ態勢が杜撰で、スキルが追いつかずに就業後わずかな期間で退職する人が多い。」

※「彼は杜撰な人間だ。」とは言わない。

「杜撰」の類義語

次に、「杜撰」の類義語について見ていきましょう。

この言葉に近い意味のある語には、以下のようなものがあります。

ぞんざい

「ぞんざい」は「物事の扱いがいい加減で投げやりな様子」を表し、以下のように使うことができる言葉です。

「このところ忙しかったのだろうが、近頃の彼は仕事のぞんざいさが目に余る。」

ぞんざいな扱いをされるのが嫌なので、人に物を貸すことは避けている。」

この「ぞんざい」という言葉、漢字ではどのように描くのだろうと思い調べてみたのですが、すべてひらがな表記で、漢字表記は出てきませんでした。

言葉の由来ははっきりとは分かっていないものの、有力な2つの説をご紹介しましょう。

1.「存在」が転化した

「存在のまま・あるがまま勝手にふるまう様子」を略して「存在」となり、さらに「ぞんざい」に転じた、という説です。

ややこじつけ感があるような気もしますが、夏目漱石は「ぞんざい」という言葉に「存在」という字をあてて表記しています。

2.「粗雑」が転化した

下に類語としてもご紹介する「粗雑」が転じて、「ぞんざい」になったとする説です。

どちらの説も裏付けがされているわけではないのですが、いずれにしても「ぞんざい」はひらがなで表記するのが一般的となっています。

粗雑(そざつ)

「粗雑」は「やり方や考え方が細かい点まで行き届かず、荒っぽい様子」を表す語です。

上述した「ぞんざい」は「物事の扱いが投げやりでいい加減、つまり無責任な様子」を表すのに対して、「粗雑」は「やり方などが細かい点まで注意が払われていないこと」を表し、両者には微妙なニュアンスの違いがあります。

「彼は粗雑な考え方をする人なので、入念さが必要な業務には向いていない」

「その店は料理は美味しいが、接客が粗雑であまり良い印象を受けない」

粗漏(そろう)

あまりなじみのない言葉かもしれませんが、「粗漏」も「杜撰」とほぼ同じ意味で、「おろそかで手落ちがあること」を意味します。

「疎漏」と表記することもありますが、どちらも同じ意味です。

粗漏な計画が、今回のプロジェクトの失敗につながった。」

粗漏なく最後までやり遂げる。」

やっつけ

口語的な表現ですが、杜撰な仕事・適当に片づけた仕事のことを「やっつけ仕事」と言ったりするのを聞いたことがあるでしょうか。

もともとは「やっつける」という動詞からきていて、「結果を考えずいい加減にやってのける」という意味を表します。

カジュアルな印象を与えてしまうので、ビジネスシーンなどでは使わない方が良いでしょう。

「さあ、この仕事をやっつけて早く飲みに行こう。」

「締め切りが迫っているからと言って、やっつけ仕事はするな。」

「杜撰」の対義語

image by iStockphoto

「杜撰」と反対の意味を持つ言葉にはどんなものがあるでしょうか。

緻密(ちみつ)

「細かい所まで行き届いていること」を表します。

丁寧(ていねい)

「注意深く念入りであること」「細かい点にまで注意が行き届いていること」を表す言葉です。

入念(にゅうねん)

「細部まで十分に注意すること」を表します。

 

これらの言葉を使った例文は以下の通りです。

「彼の作品は、細い筆で非常に緻密に描かれているのが特徴だ。」

「彼女はとても丁寧な仕事ぶりで、周囲からの評価も高い。」

「本番前に機材の状態を入念にチェックした。」

「杜撰」の意味を正しく理解して効果的に使おう

以上、「杜撰」の意味と使い方・例文・類義語・対義語についてまとめました。

この言葉は、「やり方がぞんざいで手抜きが多いこと」を表し、主に体制や工事、計画などの状態について述べる場合に用いられます。

もともとは中国の故事から生まれた言葉であるという説が有力なのでしたね。

類義語として「ぞんざい」「粗雑」「粗漏」「やっつけ」、対義語として「緻密」「丁寧」「入念」という言葉をご紹介しましたが、まだまだ沢山あるのでご自身で調べてみても面白いかもしれません。

日本語は似た意味の言葉でも少しずつニュアンスの異なるものが数々存在し、使い分けるのが難しいですが、それだけに奥深い面白さがあります。

意味を正しく理解して、効果的に使い分けられるようになると良いですね。

Share:
sakura328