用語

「寛容」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?日本文学専攻の現役ライターがサクッと解説!

「寛容」(読み方:「かんよう」)という言葉は、「寛容な~」「~を寛容する」などの形でよく用いられています。

人の性質を表す語としてよく使われる語ではありますが、どのような場面で使うことができるのか、もしくは同じような意味のある「大らか」「寛大」といった語とは具体的にどのような違いがあるのかなど、中には疑問を抱いている方もいるかもしれません。

そこで、ここでは「寛容」の意味と使い方・例文・類義語・対義語などを、法律事務所の事務職として、弁護士が作成した文書の校正やマニュアル改訂作業を行った経験を持つ筆者が解説します。

「寛容」の意味と使い方・例文・類義語・対義語

image by iStockphoto

それでは、以下に「寛容」の意味と使い方・例文・類義語・対義語などを説明します。

「寛容」の意味は?

まず、「寛容」を辞書で引いてみると、以下のように解説されています。

心が広く、人の言動をよく受け入れること。また、人の過ちや欠点をきびしくせめないこと。

 

出典:明鏡国語辞典「寛容」

つまり、「他人の言動を受け入れること、他人の欠点などを不要にとがめないこと」といった意味があり、心の広さがある、人の良い性質を表す語となっています。

実はこの言葉は、英語の「tolerance」という言葉を翻訳するために、明治に入ってから作られた語で、もともとは、異なる宗教を受け入れることを指しました。

「寛容」の元となった「tolerance」は15世紀の近世ヨーロッパで生まれた概念です。

当時はヨーロッパ宗教改革の後、カトリックやプロテスタントなどの異なる宗教や異なる民族・価値観がぶつかり合う社会でした。

そんな中で生き延びるためには、異なる信仰や考えを持つ人たちを受け入れ、共存することが必要となり、「寛容の精神」という概念が生み出されたわけです。

現在では宗教に限らず、「他人を許し受け入れる」という広い意味で「寛容」という言葉が使われています。

「寛」という字は「ひろい」「ゆるやか」「くつろぐ」とも読むことができ、「ゆったりと広い」「ゆるやか」などの意味を持つ漢字です。

また、「容」という字は「許容」「容器」などの熟語に使われていることからもわかるように、「何かを受け入れる」「許す」という意味があります。

これら2つの字を合わせて、広い心で他人を受け入れるという意味で使われるようになったのですね。

「寛容」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「寛容」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「彼は仕事でミスをすることはほとんどないが、部下のミスには寛容な態度で接している。」

「彼は寛容な人だから、数分の遅刻であれば大目に見るだろう。」

「日頃寛容な彼でも、人を欺くような行為は許すことができなかった。」

「誠に恐縮ではございますが、ご寛容のほどお願い申し上げます。」

「寛容」の類義語

では次に、「寛容」と似た意味を持つ言葉を見ていきましょう。

大らか(おおらか)・寛大(かんだい)

まず、これらの語には以下の意味があります。

【大らか】
心がゆったりとして、細かいことにこだわらないさま。

 

【寛大】
度量が大きく、思いやりがあること。

 

出典:明鏡国語辞典「寛大」

つまり、「寛容」は「他人を許して欠点などをとがめないこと」を表すのに対して、

「大らか」は「心にゆとりがあり、小さなことにはこだわらない様子」

「寛大」は「他人を受け入れる思いやりがあること」

というニュアンスの違いがあります。

また、「寛容」は「~する」をつけて「寛容する」という動詞として使うことができたり、否定の「不」をつけて「不寛容」という言い方をすることもできますが、「寛大」は「寛大する」や「不寛大」といった使い方はしません。「寛大な~」というように、名詞を修飾する際に主に使われます。

これらの語の使い方を、例文を使って比較してみましょう。

「寛容」:「彼は自分の子どもの欠点すらも寛容することができないようだ」
(彼は自分の子どもの欠点すらも許すことができないようだ)

「大らか」:「子育てにはある意味での大らかさが必要だ」
(子育てにはある意味で細かいことにこだわらない心のゆとりが必要だ)

「寛大」:「彼は家族に対して寛大で、子どもたちから尊敬されている」
(彼は家族のことをよく受け入れて思いやりのある態度で接し、子どもたちから尊敬されている)

寡欲(かよく)

これは「欲が少ないこと」を表す言葉で、これも上述の言葉と類語であるといえるでしょう。

「恬淡寡欲(てんたんかよく)」という四字熟語がありますが、「恬淡」は「物事に執着せず、さっぱりとしていること」を指すので、「寡欲」と合わせて「物事にこだわらず、さっぱりとしていて、欲望が少ない」という意味になります。

「寛容」の対義語

image by iStockphoto

次に、「寛容」と反対の意味を持つ言葉にはどのようなものがあるでしょうか。

狭量(きょうりょう)

「一つの考えにとらわれ、異なる考えを受け入れられない様子」を指します。

厳格(げんかく)

「規律や道徳にきびしく、不正や怠慢を許さないこと」を表す言葉です。

「あの社長はあまりに狭量で、自分の会社の利益しか考えない人だ。」

「彼は非常に厳格な家庭で育てられた。」

「寛容」の意味を正しく理解して効果的に使おう

以上、「寛容」の意味と使い方・例文・類義語・対義語などについてまとめました。

この言葉は「他人のことを受け入れること、欠点などを強くとがめないこと」を表し、他人のことを許し、欠点やミスなどを必要以上に責めることのない心の広い人やそうした振る舞いについて述べる場合に用います。

もともとは英語の「tolerance」を翻訳するために、明治に入ってから作られた語であるということでしたね。

似たような意味を持つ言葉として、「寛大」「大らか」をご紹介しました。

いずれも「寛容」と近い意味があり長所として述べることができる語ですが、それぞれ若干ニュアンスが異なります。

たとえば自分や周囲の人の性質について表す場合には、「人を必要以上に責めない心の広さがある」、もしくは「他人の言うことをよく聞き入れる」、「ゆったりとして心に余裕があり、小さなことにこだわったり騒ぎ立てたりしない」といった点で判断して、適した語を使い分けるようにすると良さそうです。

また、これら以外にも「鷹揚」「心が広い」「太っ腹」「度量が大きい」など、色々な言葉で言い換えることができますので、ご自身で調べてみても面白いかもしれません。

また、対義語としては「狭量」「厳格」という言葉をご紹介しました。

日本語は似た意味の言葉でも少しずつニュアンスの異なるものが数々存在し、使い分けるのが難しいですが、それだけに奥深い面白さがあります。

意味を正しく理解して、効果的に使い分けられるようになると良いですね。

Share:
sakura328