用語

「捻出」の意味と使い方・例文・「工面」との違いは?新聞記者歴29年の筆者が解説!

みなさんは「捻出(ねんしゅつ)」と聞いて何をイメージされますか?「~を捻出する」というと、まずお金を連想してしまうかもしれません。しかし、「工面(くめん)」という言葉にもお金と関係がありそうなイメージがあります。この2つの語は果たして同じ意味なのでしょうか?今回の記事では「捻出」の意味と使い方、また「工面」との違いについて、新聞記者歴29年の筆者が詳しく解説していきます。

「捻出」とは

image by iStockphoto

「捻出」は「拈出」と表記されることもあります。通常「捻出する・できる」という形で用いられることが多い言葉です。では、何を、どのようにすれば「捻出」なのでしょうか。

まず、以下に「捻出」の意味と使い方を説明していきます。

「捻出」の意味

「捻出」は、以下のような意味を持つ言葉です。

1.いろいろ工夫をして、ようやく考え出すこと。

2.苦心をして(費用などを)つくりだすこと。

何を「捻出」するのかについては、いくつかのことが考えられます。主なものを挙げると「お金(費用・資金・利益など)」「時間」「アイデア」「スペース」などです。いずれも「ようやく考え出す」「苦心してつくりだす」のどちらかに当てはまります。

また、「工夫して」「苦心して」というニュアンスを持つ点も、非常に重要です。努力もせずあっという間に出来上がってしまっては「捻出」とは言えません。何らかの苦労の末にひねりだされたものだけが、「捻出」されたものだと言うことができます。

漢字の「捻」

「捻出」を構成している2つの漢字のうち、「捻」について説明しましょう。

「捻」は本来「指で物を取る・手に持つ」ということを表していました。そうしたイメージから「指でよじる・よる・ひねる」意味につながっていったようです。

実際に「指でよじる・よる・ひねる」動作からは「捻線」「捻子(ねじ)」、「よじれるような(思いをする)」という比喩的な連想からは「捻転」「捻出」などの熟語が生まれています。

「捻出」の使い方・例文

次に、「捻出」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

例文:

「他店との差別化を図るため、新メニュー開発のためのアイディアを捻出する」

「限られた空間の中で座席スペースを捻出するには、窓の位置を犠牲にするほかない」

「施設の建て替えが最優先の課題とされたが、どうやってその資金を捻出するのかについては、棚上げされたままである」

「友人からどうしても会いたいと連絡があり、殺人的なスケジュールから何とか時間を捻出して会うことにした」

「工面」との違い

image by iStockphoto

「捻出」と意味が近い言葉に、類語の「工面」があります。会話の中では、お互いをそのまま置き換えて問題なさそうにも感じられますが、本当はどうなのでしょうか。

では、「工面」の意味と使い方、「捻出」との違いを見ていきましょう。

「工面」の意味と使い方・例文

「工面」には、以下のような意味があります。

1.必要な金銭・品物などを工夫・やりくりしてそろえること。

2.(1.の意味から)金のやりくり、金回り。

3.物事の手段・方法に関する工夫、算段。

江戸時代の初め頃までは「ぐめん」と濁音が入っていたそうで、意味も「手段・方法に関する工夫」を指す表現として使われていたと言います。江戸時代中期ごろになって、金銭面での使用に特定され、それが現代まで続いているようです。

「金銭・品物などを工夫・やりくりしてそろえること」の意味で使う場合には、「工面がつく/つかない、できる/できない」という表現になります。以下の例文で見ていきましょう。

例文:

「何とか費用を工面して、世界一周の旅に出ようと思っている」

「今月中に運営資金が工面できなくては、オープンに間に合わなくなってしまうぞ」

「今日になってとうとう、どうしても金の工面がつかないと白状した」

「軍資金の工面が、喫緊の課題である」

つまり、「捻出」は「工夫や苦心をして、ひねり出す(つくり出す)こと」を言い表しており、お金だけではなく「時間」「アイデア」「スペース」など幅広く用いることができる言葉です。一方、「工面」は本来「手段・方法に関する工夫」を指しましたが、現在では主に「金銭・品物などを工夫・やりくりしてそろえること」を意味し、お金に関わることに直結する言葉となりました。

金回りの意味で…

image by iStockphoto

ちなみに「工面」の「2.金のやりくり、金回り」という意味は、現在ではほとんど使われません。探してみたところ、明治の文豪・森鴎外の『二人の友』(1915年)という作品に、格好の用例があったので紹介しましょう。

「いいえ、大そう好い方でございますが、もうこんなに朝晩寒くなりましたのに、まだ単物(ひとえもの)一枚でいらっしゃいます。(中略)」
「はてな。工面が悪いのかしら。」独言(ひとりごと)のように私は云った。

工面が悪い=金回りが悪く、冬だというのに着るものもないのか、といった感じでしょうか。この意味で使う場合には「工面がよい/悪い」という表現の形になります。

近いけれど同じではない

以上、「捻出」の意味と使い方、また「工面」との違いについて詳しく解説してきました。

この言葉は「工夫や苦心をしてひねり出すこと、つくり出すこと」を言い表しており、「お金」をはじめ「アイデア」「時間」「スペース」など、さまざまなものに対して用いることができます。

一方「工面」にも同じように「金銭・品物などを工夫・やりくりしてそろえること」の意味がありますが、本来は「手段・方法に関する工夫」を指す言葉でした。そして、江戸時代の中ごろにお金に関わる表現へと変化し、現在まで続いています。

「捻出」と「工面」、いずれのケースでも何らかの努力や生みの苦しみを必要とする点については共通です。「何をひねり出す・つくり出すのか」という目的において違いが生じ、よりお金に関わる目的に重点を置いた表現が「工面」だといえるでしょう。

どちらがより適しているかは、ケースバイケースです。意味は非常に近いですが、同じではありません。場面によって使い分けるとよいでしょう。

Share:
keika03