用語

「憶測」の意味と使い方・例文・「推測」「予測」との違いは?新聞記者歴29年の筆者が解説!

みなさんは「憶測(おくそく)」という言葉を使ったことがありますか?日常会話の中では「憶測の域を出ない」「憶測でものを言う」などの形でよく用いられています。さまざまな場面で遭遇する語ではありますが、近い意味のある「推測」「予測」とはどこか違いがあるのでしょうか。この記事では「憶測」の意味と使い方、また「推測」「予測」との意味、使い方の違いを、新聞記者歴29年の筆者が詳しく解説していきます。

「憶測」とは

「憶測」は「臆測」とも表記されます。

「憶測」という言葉には「憶測する・ある・飛ぶ・呼ぶ・生む」あるいは「憶測でものを言う・口にする」さらに「憶測の域」など、さまざまな言い回しで活用されているので、どこかで目にした方も多いのではないでしょうか。

そのような、日ごろよく使われる「憶測」の意味と使い方を、説明しましょう。

「憶測」の意味

image by iStockphoto

「憶測」は「根拠もなく、いいかげんに推測すること。当て推量」という意味を持っています。

「推量」とは「おしはかること」つまり「ある事柄をもとにして、他の事柄の見当をつけること」の意味です。したがって、分からない事柄にこうではないかと見当をつけるのだけれども、ベースとなる正確な情報がない、あるいは乏しい状態から、無責任に想像し判断してしまうことを言います。

基本的に「憶測」は「あてずっぽう」ですから、そのいい加減さが他人に悪影響を及ぼす可能性もあるでしょう。また、他人の発言に「それは憶測だ」などと言うと、「ちゃんと考えたのにバカにするな!」と反論されトラブルにつながる可能性もあります。こうした点には気を付けておきたいですね。

漢字の「憶」と「臆」

「憶測」を構成する漢字の一つに「憶」があります。

「憶」はこの場合「推測する。おもんぱかる」という意味。「測」にも「推測する。おしはかる」という意味があり、「憶測」は同じようなことを意味する漢字が2つつながった構造になっています。

とはいえ、「憶」は「臆」の置き換えのための字として使われた時代もありました。意味的には「臆(=「根拠のないまま主観的に考える」の意もある)」のほうがしっくりくるので、「憶測」と表記するのは置き換え時代の名残と言うこともできます。

「憶測」の使い方・例文

次に、「憶測」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

例文:

「彼はすぐに憶測でものを言うため、彼の言っていることを真に受けるとろくなことにならない」

「その事件の背景についてさまざまな噂が飛び交っているが、すべて憶測の域を出ていない」

「大企業を退職して起業した彼の動向について、さまざまな憶測がなされている」

「軽々しく憶測でものを言うことは、周囲に不要な誤解を与えるばかりでなく、自身の思考力低下を招くことにもなるため避けたほうがよい」

四字熟語

ちなみに、「憶測」と関連した四字熟語に「揣摩憶測(しまおくそく)」があります。

「揣摩」は「あれこれと推量すること。当て推量」という意味なので、「憶測」とはほぼ同じ意味の言葉です。したがって、「揣摩」と「憶測」がつながることにより、いっそう多くのことを考えつつおしはかるといったニュアンスとなります。

使い方も「憶測」と同じですから、覚えておくと役に立つかもしれません。

「推測」「予測」との違い

「憶測」「推測」「予測」、いずれも分からないことについてこうではないかと考えるときに用いる言葉ですが、それぞれの意味や使い方に違いはあるのでしょうか。

次に、「憶測」と似た意味のある「推測」「予測」という語を説明していきます。

「推測」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

「推測」とは「おしはかって考えること。推量」という意味です。

「推」は訓読みでは「おす」と読むことができ、実際に押すときの動作イメージから発展して、この場合「考えや判断を前に押し出す」ことを指します。つまり、分からない事柄をあれこれ考え(前に押し出し)、こうではないかと見当をつける様子だといえるでしょう。

主に「推測する・される」「推測できる/できない」といった形で用いられます。

例文:

「見た目や話し方から、彼は30代半ばだと推測される」

「ここまでは私の推測通りに事が運んだようだ」

「これまでのデータからは、原因が何なのか推測できない」

「凶器が鋭利な刃物であることは、容易に推測できた」

「予測」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

「予測」とは「時間的にこれから先の事柄について、前もっておしはかること。また、その内容」を意味します。

どちらかというと、科学的な根拠や、推測のためのスキルを求められることが多く、「予測」はその内容に一定の論理性があることを示唆する言葉です。

主に「予測する・される」「予測可能/不可能」などの形で用いられます。

例文:

「前年の売上比から今期の売上を予測する」

「これまでの経緯を考えれば、厳しい状況に陥ることは予測可能だったはずだ」

「彼の予測があまりに説得力を持っていたため、案に反対するものはいなかった」

「落下位置を正確に予測すれば、回収の助けとなる」

つまり、それぞれ以下のような特徴・ニュアンスの違いがあります。

「憶測」:おしはかった考えの根拠がいい加減であやふや。そのため、主にマイナスイメージとして捉えられる。確固たる根拠が示されないため、誤りである可能性が高い。

「推測」:おしはかって考えることのみを指し、根拠のあるなし、時間的に先のことかどうかなど他の条件は要求されない。イメージはプラスでもマイナスでもない。その一方、信頼できるかどうかとなると、根拠の有無や推測スキルに左右される。

「予測」:まだ起こっていない事柄に対して、おしはかって考える。考えるポイントは未来にあり、一定の科学的根拠も要求される。ある程度信頼できそうだが、何しろ先の話なので真偽は不透明。

微妙な違いを見極めて使い分けを

以上、「憶測」の意味と使い方、また「推測」「予測」との意味・使い方の違いについて解説してきました。

この言葉は「根拠もなく(薄く)、いいかげんに推測すること。当て推量」のことを言い表し、「憶測する・ある・飛ぶ・呼ぶ・生む」あるいは「憶測でものを言う・口にする」さらに「憶測の域」などの形で用いられています。

また「推測」「予測」という語も何かを推し量ることを表しますが、「推測」は「推し量って考えること」のみを意味し、特に条件は問われません。「予測」は、まだ起こっていない事柄、一定の科学的根拠があるという条件をクリアしたうえで推し量ることを表します。

それぞれ違った特徴・ニュアンスを持っているため、場面に応じて使い分けるようにするとよいでしょう。

Share:
keika03