用語

「物見遊山」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説

「物見遊山」(読み方:「ものみゆさん」)という言葉は、「物見遊山に行く」「物見遊山に出かける」などの形で用いられています。

とはいえ、普段から頻繁に用いる類のものではなく、この言葉が具体的にどのようなことを表すのか、また他に似た意味の語にはどのようなものがあるのか、疑問に思うことがあるかもしれません。

そこで今回は、「物見遊山」の意味と使い方、また類義語にあたる言葉について、翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきましょう。

「物見遊山」の意味と使い方・例文・類義語

image by iStockphoto

それでは、以下に「物見遊山」の意味と使い方、また類義語について説明していきます。

「物見遊山」の意味は?

image by iStockphoto

まず、「物見遊山(ものみゆさん)」には以下のような意味があります。

物見と遊山。気晴らしに見物や遊びに行くこと。

出典:精選版 日本国語大辞典「物見遊山」

つまり「物見遊山」とは、「気晴らしに名所や催し物などを見て楽しんだり遊びに行ったりすること」を表す言葉です。

なお、「物見」は「見物すること」「見て楽しむこと」、「遊山」は「気晴らしに遊びに出掛けること」「山野を歩き回って楽しむこと」を表します。

「物見遊山」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「物見遊山」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「東京に物見遊山に行き、浅草寺や東京スカイツリーなどを見て回った」
「仕事が一段落したタイミングで有給休暇を取得して物見遊山に出かける」
「しばらく鬱々とした気分が続いていたため、子どもを実家の両親に預けて物見遊山に出かけた」
「海外に行くといっても、あくまでも仕事であり物見遊山に行くのではないため、とても浮かれた気持ちにはなれなかった」

「物見遊山」の語源

image by iStockphoto

「物見遊山」というのは、仏教に由来する言葉です。禅宗の僧は、ひとつの寺で修行を終えて次の寺に移動する際、その途中の自然を楽しみながら自由に散策していたといわれます。

この言葉は、そののちには僧侶だけでなく一般の人の行動にも使うようになり、「気晴らしに遊びに行くこと」や「山野で遊ぶこと」のように意味も変わってきました。

「物見遊山」の基本的な意味は「ひと仕事(修行)終えて」から(気晴らしとして)山野を歩き回って楽しむということですが、現代ではただ「気楽に遊びに行くこと」の意味でも使われています。

「物見遊山的」という使い方

image by iStockphoto

上述したように「物見遊山」は単に「遊びに行く」という意味で捉えられる場合があります。そのため、「物見遊山的」という言葉は、「そんな物見遊山的な行動をしてはいけません」というように、あまり良いニュアンスでは使われません。

「物見遊山」の類義語

image by iStockphoto

次に、「物見遊山」の類義語について見ていきましょう。

この言葉と近い意味のある語には、以下のようなものが挙げられます。

「遊覧」

image by iStockphoto

まず、「遊覧(ゆうらん)」には以下の意味があります。

あちこちを見物して回ること。

出典:明鏡国語辞典「遊覧」

つまり、この言葉は「催し物や名所などをあちこち見て回ること」を表し、以下のように用いることができます。

「遊覧バスに乗って市内にある観光名所を一日かけて回った」
「湾内をまわる遊覧船に乗って景色を満喫する」
「洞窟をめぐる船に乗って遊覧する」

「行楽」

image by iStockphoto

次に、「行楽(こうらく)」には以下の意味があります。

野や観光地に出かけて楽しみ遊ぶこと。

出典:明鏡国語辞典「行楽」

つまり、「野山や観光地に出かけて楽しむこと」を表します。

「観光」が景色だけでなく、名所や旧跡などを見て回ることに対して、「行楽」はその季節の景色を眺めたり旬の食べ物などが味わえる場所に出かけて楽しむことを意味する言葉です。

「行楽」は、次のように使います。

「行楽シーズンの到来に向けて、以前から行ってみたかった天橋立に行く計画を立てる」
「今度の週末は秋晴れ続きで絶好の行楽日和だった」
「気候が良かったので行楽地は人であふれかえていた」

「観光」

image by iStockphoto

「観光(かんこう)」の意味は次の通りです。

他の国や地方の風景・史跡・風物などを見物すること。

出典:小学館「観光」

「観光」とは、他の国や地方の風景などを見て回ることです。

「物見遊山」の本来の意味には「何かを終えてからの楽しみ」というニュアンスがありますが、「観光」は単に「景色などを楽しみに行く」という意味になります。

もともとは「勉強をするためにそこへ行く」「下見に行く」という意味を持っていましたが、近年は娯楽的な意味合いが強くなったようです。

「私は毎年夫と2人でハワイに観光に行っている」
「そのツアーはオプションで湖水地方を観光するコースがある」
「今回の旅は観光名所ばかりを巡るプランにした」

「旅行」

image by iStockphoto

「旅行(りょこう)」は次のような意味を持っています。

 

家を離れて他の土地へ行くこと。旅をすること。たび。

出典:小学館「旅行」

 

 

「旅行」は、見物などのために家を離れてよその土地に行くことを表す言葉です。

「旅(たび)」の語源ははっきりしておらず、「他日(たび)」「発日(たつび)」「他火(たび)」などさまざまな説があります。

 

「私は60歳までに世界一周旅行をするのが夢だ」
「息子の高校の修学旅行先は、京都だった」
「次は飛行機じゃなくて鉄道で旅行したい」

「グリーンツーリズム」という言葉がありますが、これは農山漁村を訪れて、そこでの自然と文化、人々との交流をありのままに楽しむ滞在型の余暇活動のことです。

訪れた先で何かを学ぶという意味では、「観光」の本来の意味に近いですね。

ヨーロッパ諸国ではグリーンツーリズムが定着しており、英国ではルーラル・ツーリズム、フランスではツーリズム・ベール(緑の旅行)とも呼ばれています。

古くからある言葉「物見遊山」を使ってみよう

以上、「物見遊山」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

この言葉は「気晴らしに見物や遊びに行くこと」を表し、ひと仕事終えた後に名所を見に行ったり、催し物や行事などに遊びに行ったりするというような場面で用いることができます。

また、「遊覧」や「行楽」などは、名所などを見て回る、野山などに出かけて楽しむという意味で「物見遊山」と似ている言葉です。

これらの言葉はどこかを見て回る、出かけて楽しむといった点で共通しますが、ニュアンスが異なります。それぞれの違いを知った上で、適切に使い分けましょう。

Share:
konomianko