用語

「各々」の意味と使い方・例文・「個々」「各自」との違いは?新聞記者歴29年の筆者が解説!

複数の人が集まった場合、各個人を指して「各々(おのおの)」という言葉が用いられます。リラックスした日常会話よりも、ビジネスの場面などにおいてよく使われる語ですが、意味を説明するとなると意外に簡単ではありません。また「個々(ここ)」「各自(かくじ)」といった近い意味のある語とは具体的にどのような違いがあるのか、疑問を持っている方もおられるでしょう。今回の記事では「各々」の意味と使い方、「個々」「各自」との共通点と違いについて、新聞記者歴29年の筆者が詳しく解説していきます。

「各々」とは

image by iStockphoto

「各々」は人が複数存在する場面で使われますが、物体に対して用いることもあります。また、グループの中のほぼ全員(全部)をイメージさせる言葉ですが、何か決まりはあるのでしょうか。

それでは、「各々」の意味と使い方を解説していきます。

「各々」の意味

「各々」には「集合の中のひとりひとり。めいめい。各自」という意味があります。

用いるための条件を、細かく見ていきましょう。

1.人(または物体)の集団があって使用可能に。グループが特定の人数か不特定かは問わない。

2.グループの中での「ひとり」を優先した捉え方で、一人でも欠けるとダメといったような拘束性はない。

3.主に、「全員一致」というようりは、「ひとりひとり別々」といったニュアンスを持たせたい場合に用いる。

「各々」の由来

漢字の「各」は一文字でも「おのおの」と読むことができます。本来「ある集合の中で一つ一つの個別を指す語」で、それぞれが異なることを表していました。

古い用例としては、中国古代に書かれた『易経(周易)』に「致天下民、聚天下之貨、交易而退、各得其所」という記述があります。

大意は「交易を行って、物資があるところとないところ、それぞれを適切な状態にする」といった感じですが、「各得其所」だけで「適材適所」の意と理解されることもあるようです。

また、「各々」は、いわゆる畳語(じょうご)表現の一つと言えるでしょう。漢字で「己己」と表記するケースもあることから、本来は「おのれおのれ」だったと考えられます。「おのれ」は一人称で「自分、その人本人」を指す言葉。畳語とすることで多数であることを示し、さらに「おのれ」を強調する意味を持たせたわけですね。

「各々」の使い方・例文

以上を踏まえて、「各々」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

例文:

「受賞した作品は各々高く評価できる要素を持っている」

「その問題については、各々が案を出し合って改善策を考えるように」

「参加者が各々席につくと、定刻よりも前であるが早速会議が開始された」

「セミナーで使用するパソコンは各々用意する必要がある」

「当日の昼食は各々が持参することになっている」

「個々」「各自」との違い

似た意味のある「個々」「各自」とは、使い方にあまり差がないようにも感じられますが、単純に置き換えても問題はないのでしょうか。

では、それぞれの共通点と違いについて見ていきます。

「個々」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

「個々」は「各々」と同じく「いくつかあるうちのひとつひとつ。ひとりひとり」という意味を持つ言葉で、人間と物体、どちらにも使うことが出来ます。

漢字の「個」は「ひとつ・ひとり」の意味。さらに「個々」を畳語として捉えると、「各々」のケースと同様に、多数であることと多数の中の「個」であることを強調する言葉となります。

例文:

「働きやすい職場環境の実現に向けて、個々の意見を聞くことにした」

「本プロジェクトの成功は、個々の能力を存分に出し切った結果である」

「各自」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

「各自」も「集団の中のめいめい、ひとりひとり」を指しますが、人に対して用いられる言葉です。

この場合の「自」は「自ら~する」の意で、動作主が自分で動作や行為を行うことを表しています。中国漢代の歴史書『史記』には「天下事大定矣、君王自為之」との記述があり、大意は「国家のことを決めるのは、君王あなたが自分でやりなさい」といった感じでしょうか。

すなわち、「各自」は「君王」が「各(=おのおの)」に置き換わり、動作主である「各」が「自分で(何かを)行う」ことを指す表現だと言えるでしょう。

例文:

「現地までの交通費は参加者が各自負担してください」

「その件については、各自の判断に任せるということでよいでしょう」

仮に置き換えてみると…

変化を比較するため、それぞれを置き換えてみましょう。

「各々が案を出し合って」:一人ずつ個別に用意した案を出し合って

「個々が案を出し合って」:それぞれが用意したひとつ(以上)の案を出し合って

「各自が案を出し合って」:それぞれが自分自身で用意した案を出し合って

いずれも、複数で同じ事案に対するアイデアを持ち寄るという点では共通です。ただし、「各々」は「それぞれが個別・別々に」、「個々」は「それぞれひとりひとりで」、また「各自」は「それぞれが自分自身で~した(する)」といったニュアンスを持つ表現となります。また、本来の意味から、「各自」は人の場合にのみ使える表現ですから、注意しましょう。

違いは微妙だが使い分けは可能

以上、「各々」の意味と使い方、「個々」「各自」との共通点と違いについて解説してきました。

この言葉は「集合の中のひとりひとり(ひとつひとつ)」を表す語で、「多数の中のおのれ」を強調するニュアンスを持つ言葉です。

「個々」「各自」も共通の意味を持ちますが、「個々」は「多数の中のそれぞれの個(ひとりひとり)」であり、「各自」は「ひとりひとりが自分で行動することを前提とした」表現になります。それぞれの由来の違いが、ニュアンスの違いになりました。

以上のように違いは非常に微妙ですが、意識して使い分けるようにすると、表現の幅が少しずつ広がっていくのではないでしょうか。

Share:
keika03