用語

「書き入れ時」の意味と使い方・例文・類義語・反対語は?現役ライターがサクッと解説!

バレンタインシーズンはチョコレートの販売が、クリスマスにはケーキやレストランが……といったように、季節によって、商品や場所が混み合うことがあります。企業でも、忙しい時期、少しゆとりがある時期といったように仕事の緩急がある会社も少なくないでしょう。
そのような時によく使われるのが、「書き入れ時」(読み方:「かきいれどき」)という表現。この表現は、「~は~の書き入れ時」といった形でよく用いられています。

しかしながら、この言葉は具体的にどのようなことを表しているのか、さらに近い意味や反対の意味の語にはどのようなものがあるのか、よく分からないまま使っていませんか。

この記事では「書き入れ時」の意味と使い方、よくある誤用、類義語・反対語、似たような状況をどのように表現するのか。これらの疑問を現役ライターが解説していきます。

「書き入れ時」の意味と使い方

image by iStockphoto

まず、「書き入れ時」の意味と使い方を紹介します。

書き入れ時」とは、「小売店などの(利益や売れ行き、すなわち)儲けが非常に多い時」のこと。現代で言うと、レジに売り上げを記録していくというイメージでしょうか。その中でも諸説あるようです。

儲かる当日にその売り上げを帳簿に書き入れていくことに忙しいという説と、前もって儲かる日を予測して、先に帳簿に書いておくのが「書き入れ時」とする説。そこから転じて、何かを楽しみにしたり当てにしたり、という用例も見られるようです。

国語辞典でどのように説明されているかも見ておきましょう。

商店などで、売れ行きが最もよく、もうけのきわめて多いとき。帳簿の書き入れに忙しいときの意から。

帳簿の書き入れに忙しいときの意から。

(出典:『明鏡国語辞典』第二版、大修館書店)

使い方・例文

次に、「書き入れ時」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば、以下のように用いることができます。

「旅行者が増える年末年始やお盆、ゴールデンウィークはホテル業界の書き入れ時だ」

「お盆は旅行業界の書き入れ時だから、宿泊代金は通常よりも高くなる」

「春や秋の行楽シーズンは書き入れ時だから、テーマパークはどこも混雑しているだろう」

「クリスマスがデパートの書き入れ時であることは分かっているが、家族でクリスマスを過ごそうと有給休暇を取得して休むことにした」

よくある間違った使い方

儲けや売り上げを「搔き集める」というイメージを持っているためか、漢字表記を「掻き入れ時」とするという誤用が散見されます。運や金銀をかき集めると縁起物とされている熊手などで、売り上げをまとめてかき取る、というように勘違いしてしまいやすいのかもしれません。

しかし、この表現は不正解。もともと「帳簿の書き入れに忙しい時」を表す語となっていることから、「書き入れ時」という書き方が正しいのです。

類義語

では次に、「書き入れ時」の類義語・反対語について見ていきます。

この言葉と似た意味のある語はどのようなものがあるでしょうか。

繁忙期

近い意味の語には「繁忙期」があり、この場合には利益について表すだけではなく、主に「仕事の忙しい時期」を表しています。

商店としての利益が多い時、もしくはお客さんが多く繁盛している時というのは、どちらもほぼ同じ時期にあたりますが、「利益」と「忙しさ」、どちらの意味を強調するかによって、これらの語を適度に使い分けることができるでしょう。

 

「クリスマスで出かけたいのも気持ちはわかるが、繁忙期にかかわらず二人も休みたいと言ってきている従業員がいて、シフトの調整に困っている」

「新商品が発売されるこの時期は、コールセンターの繁忙期だ」

「この会社は、繁忙期と閑散期の差が激しい」

「忙しい」を表現する言葉

image by iStockphoto

書き入れ時には忙しく動き回るようになりますが、そのような時に「忙しい」状態を表したい場合には、そのほかにどのような表現がぴったりなのでしょうか。「書き入れ時」のほかに、下記のような言葉を使うことができるでしょう。

多事多端:端は「事」を意味しており、自分の身の回りに事件や仕事が多いこと、そしてそれらにかまけてゆっくりできないことを示します。

きりきり舞い:「きりきり」とはこまが回るように勢いをつけて回る様子を表した擬態語。そこから転じて、忙しくて、休む間もなくあれこれと忙しくするさまのことを示します。

てんてこ舞い:「てん」とは里神楽などの太鼓の擬音。神輿の先頭に立って歩いていく「てこまえ」が合体した言葉。この「てこまえ」が、「舞い」となり、「てんてこ舞い」と言われるようになったようです。舞いを示す言葉で、忙しく動き回ること。「今日はお客さんが多くててんてこ舞いだ」

猫の手も借りたい:非常に忙しくて、どんな人にでも(たとえ猫であっても)応援してもらいたい状態のこと。

反対語

「書き入れ時」の反対の意味がある語としては「閑散期」(暇な時期、人が少ない時期)「オフシーズン」「シーズンオフ」(行事などがない時期)といったものが挙げられるでしょう。

これらの語は、以下のように用いることができます。

「引っ越しをするなら、一般に引っ越しをする人が少ないオフシーズンのほうが、物件探しや家賃交渉がしやすくて良い」 

「百貨店勤務は、閑散期に暇になりすぎるところが辛いところだ」

「季節外のこと・もの」を表現する言葉

例文で挙げたように、催し物やイベントごとが行われない時期や旅行者が少ない時期のことを示しています。

では、何かが季節外であることを示すには、そのほかにどのような表現があるでしょうか。

夏炉冬扇:夏の囲炉裏(いろり)と冬のおうぎを示しており、無用の物事のたとえ。冬扇夏炉とも言う。時期外れで役に立たないこと

土用布子に寒帷子(どようぬのこにかんかたびら):「布子」とは木綿の綿入れのこと、「帷子」とは裏地をつけない夏用の衣服のことです。夏の暑い時に綿入れ、冬の寒い時期に薄い夏用を着るということ。そこから物事が逆さまであること、季節外れで役に立たないことのたとえとなりました。

ちなみに、オフシーズンでもオンシーズンでもない時期のことは、ショルダーシーズンと言います。これは旅行会社などでよく使われている表現で、通常よりは若干混み合うものの、ピーク時まではいかない中間期のこと。

違いを知って正しく使おう!

以上、「書き入れ時」の意味と使い方、類義語、反対語、さらに「忙しい」を表す時の表現について紹介しました。この言葉は「商店などで利益が多く儲けが多い時」を表し、「~は~の書き入れ時だ」といったように用います。

さらにそこから派生して、季節に合わないものやことをどのように表すのかも覚えておくと、より広がりが出るでしょう。

Share:
kana