用語

「堪える」の意味と使い方・例文・「応える」との違いは?新聞記者歴29年の筆者が解説!

みなさんは「堪える(こたえる)」というと、何をイメージするでしょうか?精神的に「堪える」場合もあれば、肉体的に「堪える」こともあり、何が「堪える」のかは十人十色でしょう。また「堪えられない」といった否定の使い方もよく見受けられます。一方、同じ読み方の「応える」という語もありますが、どのような違いがあるのか、疑問を抱くことがあるかもしれません。今回の記事では「堪える」の意味と使い方、また「応える」との違いについて、新聞記者歴29年の筆者が詳しく解説していきます。

「堪える」とは

image by iStockphoto

「堪える」という表記には「こたえる」の他に「たえる」「こらえる」といった読み方がありますが、今回のテーマは「こたえる」です。主に厳しい状況に陥ったときに用いられます。

それでは、「堪える」の意味と使い方を解説していきましょう。

「堪える」の意味

「堪える」とは「耐える。がまんする。こらえる」ということを意味します。

動詞の下について「持ち堪える」「踏み堪える」といった形で使われることも多いです。意味は「苦しい状況に負けず、耐え続けて(その状態で)我慢をする」となります。

もちろん苦しいことがあるからこそ「堪える」必要があるのですが、具体的には「暑さ・寒さ」「空腹」「ケガや病気などの痛み」などの物理的なもの、「怒り・悲しみ」などの感情から発せられるものと、2種類が考えられるでしょう。どちらかというと、外的な要因に対抗するというよりは、内的な苦しみに耐え忍ぶニュアンスの方が強調されます。

漢字の「堪」

漢字の「堪」を詳しく見ていきましょう。

本来は「能力があって任務にこたえられる。負担できる」ということを言い表していました。そこから転じて「我慢する」の意味を持つようになったようです。

「子曰く~」で知られる『論語』に用例があり「一簞食、一瓢飲、在陋巷、人不堪其憂」との記述があります。回という人物を称えた内容で、大意は「少しのご飯と少しの汁で腹を満たし、住むのは汚い家。普通の人なら我慢できまい」といった感じでしょう。

逆境に耐え忍ぶ様子が、現代の「堪える」の意味にも繋がっています。

「今日も炎天下の中営業回りだが、この暑さに堪えられるかどうか心配だ」

「これだけの備えがあれば、災害時でも一週間は持ち堪えられるだろう」

「ここ最近も倒産の危機が訪れたが、何とか踏み堪えて持ち直した」

「病状の回復具合は思わしくなかったものの、持ち堪えて出版までこぎつけた」

「堪」忍袋

落語の演目としても有名な「堪忍袋」にも「堪(える)」の字が使われています。人が怒りを我慢できる度量・心の広さを袋にたとえて「堪忍袋」と言いました。つまり、このケースでは何を「堪える」のかというと、「怒り」です。

「堪えられない」?

image by iStockphoto

「堪忍袋の緒が切れた」と言うと、「怒りに持ち堪えられなかった」すなわち「(怒りを)我慢することができなかった」という意味になります。

しかし、日常会話の中で「堪えられない」という否定形で用いた場合、ほとんどのケースでは違った意味となるので、気を付けましょう。「この上なく良い」「なんとも言えず素晴らしい」ことを指す表現です。

実は「堪」には反語的な用法(「我慢できようか、いやできまい」のような使い方)があり、中国唐代の詩人・李賀の『出城』には「無印自堪悲」(官職がないという悲しみを我慢することができようか、いやできまい)との記述があります。

本来はネガティブな要素に対して抱く感情の表現でしたが、いつの間にか逆の要素について言い表す言葉に変化しているのは面白いですね。

「仕事を終えた後に飲む一杯は堪えられない」

「志望校の合格発表の日、自分の番号を見つけた時はまさに堪えられない瞬間だった」

「応える」との違い

「堪える」と「応える」、読み方が同じなので、会話の中で使うとどちらの「こたえる」なのか分かりませんね。ですが、それぞれ違った意味を持つ用語なので、文書の場合には使い分けする必要があります。

では、「応える」について説明していきましょう。

「応える」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

「応える」には、主に2つの意味があります。

1.相手の期待・要望などの働きかけに応じる、報いる。

2.刺激や衝撃などを強く感じる。

一見するとつながらない意味のように感じますが、漢字の「応」は本来の「返事をする」というところから転じて「共鳴する、調和する」意味も持っています。

古代中国に書かれた『易経(周易)』には「同聲相應、同氣相求」とあり、大意は「同じ音は互いに共鳴し合い、同じ性格のものは求め合う」です。もしかするとこちらの用法が「衝撃などを強く感じる」ほうの意味に繋がったのかもしれません。

例文(報いる):

「彼のツイートはいつもウィットに富んでおり、期待に応えてくれる」

「信頼に応えることができるよう、関連サービスにも注力していきたいと思います」

例文(強く感じる):

「彼の受験失敗による落胆ぶりは、私の胸にも応えた」

「今晩のお前の忠告が、よほど骨身に応えたようだ」

つまり、「堪える」と表現した場合、主に内的な苦しみやネガティブな感情などから発せられた苦痛に対して我慢する・耐え忍ぶというニュアンスがあります。一方、「応える」は、外的な要因(期待・信頼など)に応じる・報いるという意味だけでなく、外からの刺激に共鳴して覚える苦痛を言い表す際に用いられる言葉です。

明確な違いがある

以上、「堪える」の意味と使い方、また「応える」との違いについて、解説してきました。

この言葉は主に「内的な苦しみに対して耐える・我慢する」ことを表し、しばしば動詞の下について「持ち堪える」「踏み堪える」といった形で用います。また、「堪えられない」と否定形にすると、逆に「この上なく良い」状態の表現です。

一方、同じ読み方の「応える」という語は、主に「相手に応じる・報いる」「刺激などを強く感じる」という2通りに解釈されます。前者の場合は「期待・要望」「信頼」「呼びかけ」に「応える」、後者の場合は「暑さ(寒さ)が身に応える」といった形で用いることができるでしょう。

両者の語は異なることを表しているため、場面に応じて上手に活用すると良さそうです。

Share:
keika03