用語

「融通無碍」の意味と使い方・類義語・対義語は?国語科の教員がサクッと解説!

「融通無碍」(読み方:ゆうずうむげ)という四字熟語は、比較的有名な四字熟語の一つで、「融通無碍な発想」「融通無碍な考え」などの形で良く用いられます。

とはいえ日常生活において頻繁に用いられる語ではないため、具体的にどのような意味合いを持つ言葉なのか、またどのような類義語・対義語があるのかといった知識をお持ちでない方もいるかもしれません。

そこで国語科の教員である私が、「融通無碍」という四字熟語の意味と使い方、またその類義語・対義語を説明したいと思います。

「融通無碍」とは

image by iStockphoto

「融通無碍」の意味

image by iStockphoto

「融通無碍」には以下のような意味があります。

行動や考えが何の障害もなく、自由で伸び伸びしていること。
出典:新明解四字熟語辞典・第2版。三省堂

つまり、「考え方や行動がどんなことにも束縛されることがなく、あらゆることに自由に対応できること」を意味しています。

ちなみに、「融通」は、「滞りなく通ること」、「無碍」は「妨げのないこと」という意味です。

また「融通無碍」は「融通無礙」と漢字を充てても正解とされ、「融通自在」という言葉を用いることもあります。

「融通無碍」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「融通無碍」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「人生の紆余曲折を経て、他人の目や常識にとらわれない融通無碍の境地に達する」


「難題と思われるようなことでも、彼は融通無碍の考え方でいつもうまく対処している」

「融通無碍」の類義語その1「異類無碍」

image by iStockphoto

「融通無碍」という言葉の類義語に、「異類無碍」(読み方:いるいむげ)という言葉があります。

「異類無碍」の意味

image by iStockphoto

「異類無碍」には以下のような意味があります。

互いに異質なものが、何のさわりもなく相互に通じ合うこと。
出典:新明解四字熟語辞典・第2版。三省堂

ちなみに「異類」とは「全く別のもの」を意味し、「無碍」とは先に説明したとおり「妨げのないこと」という意味を持ちます。

この四字熟語は元々仏教の世界で使われていたもので、火と水・水と土など、異質なもの同士が何の障害もなく通じ合うことに由来しているそうです。

また「融通無碍」と同様に、「無碍」は「無礙」と漢字を充てても良いとされています。

「異類無碍」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「異類無碍」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「自由気ままな彼女と几帳面すぎる彼女だが、異類無碍、とても仲が良く親密な関係を築き上げている」

「兄と私は持っている世界観が対照的ですが、周りからは異類無碍な関係だと言われている」

「融通無碍」の類義語その2「無辺無碍」

image by iStockphoto

「融通無碍」という言葉の類義語に、「無辺無碍」(読み方:むへんむげ)という言葉があります。

「無辺無碍」の意味

image by iStockphoto

「無辺無碍」には以下のような意味があります。

限りなく広く、自由で何の障害もないこと。
出典:新明解四字熟語辞典・第2版。三省堂

ちなみに「無辺」とは「果てしなく広いこと」を意味し、「無碍」とはご存じの通り「妨げのないこと」という意味を持ちます。

「無辺無碍」という四字熟語も「異類無碍」同様、元々仏教の世界で使われていたものだとされていて、「無礙」と漢字を充てても正解です。

「無辺無碍」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「無辺無碍」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「仕事で抱えたストレスから解放され、無辺無碍の境地に立ちたいと、切に願う日々である」

「家庭を持ち子どももいる彼は、何歳になっても純粋な、子どものような遊び心を忘れない。無辺無碍な心の持ち主だ」

「融通無碍」の対義語その1「杓子定規」

image by iStockphoto

「融通無碍」という言葉の対義語に、「杓子定規」(読み方:しゃくしじょうぎ)という言葉があります。

「杓子定規」の意味

image by iStockphoto

「杓子定規」には以下のような意味があります。

一定の基準や形式で、すべてを律しようとすること。また、そのために融通がきかないさま。
出典:新明解四字熟語辞典・第2版。三省堂

ちなみに「杓子」とは「汁や飯などをもったりよそったりする道具」のことで、古くは柄が曲がっていたそうです。

「曲がっている杓子の柄を、無理に定規の代用とする」ことから出来た四字熟語で、「一つの決まりにこだわって応用や融通が利かないこと」というニュアンスを出したいときに用いる表現と言えるでしょう。

また、「杓子定規」に近い意味の四字熟語として「四角四面」などがあります。

「杓子定規」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「杓子定規」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「規則なのは仕方がないが、どんな例外も認めない杓子定規過ぎる対応はいかがなものかと思う」

「あの先生は杓子定規だから、一旦提出期限を過ぎてしまったら大抵のことでは受け付けられないだろう」

「融通無碍」の対義語その2「滞滞泥泥」

image by iStockphoto

「融通無碍」という言葉の対義語に、「滞滞泥泥」(読み方:たいたいでいでい)という言葉があります。

「滞滞泥泥」の意味

image by iStockphoto

「滞滞泥泥」には以下のような意味があります。

あることにこだわってしまうこと。滞ってしまい、融通がきかなくなること。
出典:新明解四字熟語辞典・第2版。三省堂

中国語に「滞泥」(ピンインと発音)という語があるそうで、滞・泥それぞれの漢字を重ねて意味を強調したものとされています。

ちなみに「滞」「泥」は共に「固執する」という意味がり、同じ意味の漢字を重ねて使うことで、内容を強調しているようです。

「滞滞泥泥」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「滞滞泥泥」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「私の部下は、仕事でミスをしないよう慎重に事に当たってくれるのはよいのだが、慎重ゆえに滞滞泥泥としたところがあり、時折行き詰まってしまう」

「生徒指導とはこうあるべきだ、という信念を持つのは良いが、相手は個性を持った人間なのだから、おおらかに構え、滞滞泥泥とならないように注意した方が良い」

類義語であっても、きちんと使い分けを!

以上、「融通無碍」の意味と使い方、類義語・対義語について解説しました。
 
この言葉は「考え方や生き方が何物にも縛られず自由なこと」、つまり何かにこだわることなく、物事に滞りなく、自由に対応できることを表し、「融通無碍な考え」「融通無碍な対応」などの形で用いられています。
 
また似た意味の語として「異類無碍」がありますが、この四字熟語は「互いに異質なものが、何のさわりもなく相互に通じ合うこと」という意味を持ち、前提として「対照的なもの」でなければなりません。
 
自由に行動することについていう四字熟語であっても、ニュアンスが異なるものもあります。
 
何ごとにも縛られず、自由に生きたいという思いは誰しも持つかもしれませんが、場面に応じて使い分ける必要があるものは、しっかり使い分けてこそ、自由に生きる、スマートな大人と言えるでしょう。
Share:
g_yairi1977