用語

「黄昏」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説

「黄昏」(読み方:「たそがれ」)という言葉は、「黄昏時」「黄昏の空」などの形でよく用いられます。さらに比喩的に盛りを過ぎ、終焉の兆しがあることを表現するのにも使われ、頻繁に見聞きする言葉ではないでしょうか。

《黄昏時》太陽が沈む時間帯(日没)で、少し物憂げでセンチメンタルになる人もいるようで、嫌いな人はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。
個人的な事ですが、私のこどもも「黄昏泣き」と言われる症状に長い年月悩まされ、人の心に作用する時間なのだな、とまざまざと教わった次第です。
しかし、本稿の筆者、ライターあかりはこよなくこの時間帯を愛する一人で、日が傾き始めると雲や街の色の変化を観察し、味わうことが趣味と言っても過言ではありません。この時間帯を表現した言葉は数多あり、それは変化に富んだ美しい時間であることも理由のひとつであり、また黄昏時は多くの人の心を揺さぶるものだからでしょう。太陽が沈む時間帯(英語:sunset)と一口にいっても、日本語の表現は多様で、「黄昏」とは具体的にどのようなことを表しているのか、また他の後との意味の違い、使い分けをどのようにしたらよいか、疑問に思うこともあるかもしれません。
そこで、ここでは「黄昏」の意味、語源、使い方、また類義語にあたる言葉について説明していきます。

「黄昏」の意味と使い方・例文・類義語

image by iStockphoto

それでは、以下に「黄昏」の意味と使い方、また類義語について見ていきましょう。

「黄昏」の意味は?

まず、「黄昏」には以下のような意味があります。

 

1.「たそがれどき」の略。

2.比喩的に、物事が終わりに近づき、衰えの見える頃。

出典:広辞苑「黄昏」

 

1.の通り「たそがれどき」の略称とのことなので、さらに「たそがれどき」を調べてみると、意味は下記のとおりです。

 

夕方になって辺りが薄暗くなるころ

出典:コトバンク「たそがれどき」

具体的な色や、太陽の傾きなどの定義はなく、「昼の明るさに比べ、薄暗いと認識できる時間帯」を指す言葉だとわかりました。そこから、「明るい時間」を物事の盛りにたとえ、昼が終わる「黄昏」が、衰えが見えた頃として表現する場合に用いられています。燃える夕日の明るさよりも、周囲の陰りに着目しているのが「黄昏」ではないでしょうか。

日没が近づき、辺りが薄暗くなってくるとすれ違う人の顔が見分けにくなります。相手が誰なのか分からなくなる時間を「誰そ彼(たそかれ)」と呼びました。そう名付けられたのが黄昏の語源であり、その歴史は長く、万葉集が由来とされています。当初「たそかれ」と発音していましたが、時が経ち江戸時代以降になると「たそれ」と発音が変わり現在に受け継がれました。「黄昏」という漢字は当て字です。この漢字から黄金に輝く太陽のイメージが強い方もいるかもしれませんが、「薄暗さ」に焦点が当てられた言葉だということを留意しておきましょう。

「黄昏」の使い方・例文

次に、「黄昏」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます

「黄昏時の美しい景色を堪能できるテラスで、ゆっくりとした時間を過ごす」

「人生の黄昏時を迎えて体力や気力が衰えるよりも前に、彼にはやり遂げたいことがあった」

「黄昏時、西の空に残る夕焼けの赤に染まる海を前に、彼女はどこか物憂げな表情をしていた」

「さてもう帰ろうかと店の外に出ると、街はもう黄昏れていた」

「夕暮れ時の喫茶店に、黄昏色のグラスでお水をいただくと、郷愁にひたることができす」

「黄昏」の類義語

image by iStockphoto

では次に、「黄昏」の類義語について見ていきましょう。

この言葉と似た意味のある言葉には、以下のようなものが挙げられます。

「夕暮れ」

まず、「夕暮れ」には以下の意味があります。

 

日の暮れる時。日ぐれ。たそがれどき。

出典:広辞苑「夕暮」

ちなみに「夕焼け」は、地平線近い西の空が赤く染まっている現象のことを指します。

「夕暮れ時になると、子供たちが帰ってきて家の中は一気に騒々しくなった」

「夕暮れの街は、仕事帰りのOLや買い物に訪れた主婦たちで忙しない雰囲気だった」

「夕暮れ時になると、コンビニが忙しそうい陳列棚を片付け始める」

 

つまり「夕暮れ」は「太陽が沈む時」を表し、「夕焼け」は空が赤くそまっていく現象を指します。

夕暮れ・黄昏・夕焼けを混同して使う方を多くお見受けしますので、誤用には気をつけましょう。

夕暮れは、以下のように用いることができます。

「夕映え」

まず、「夕映え」には以下の意味があります。

夕日を受けて照り輝くこと。

夕焼けのこと。

夕方の薄明かりに物の姿がくっきり浮かんで見えること。また、その姿。

(出典:コトバンク)

「夕焼け」と「夕映え」はある点で同義の言葉です。しかし、赤くそまった空・地平線以外の、雲・山・街の建物、海面、そして人々の顔に映る太陽の赤い光のことも「夕映え」で表現する事ができる多様な言葉と言えるでしょう。

「夕映えの西の空」

「夕映えのせいか、頬に赤みが差す」

「美しい夕映えだった。バラ色に染まった柔らかい雲が、空一面に広がっている。」

「晩年(ばんねん)」

image by iStockphoto

次に、「晩年」には以下の意味があります。

一生のおわりの時期。死に近い時期。年老いとき。晩歳。

出典:広辞苑「晩年」

これは、太陽の沈みゆく時「黄昏」を、人生や栄華の終末を表す比喩として使う場合の類義語です。

「人生の終わりの時期」を表し、以下のように用いられますのでチェックしてみましょう。

「彼は無事に定年まで勤め上げ、晩年は郊外に移り住んで満ち足りた生活を送った」

「彼は若い時には苦労のし通しだったが、紆余曲折を経て晩年になってから大きな成功を収めた」

「逢う魔が時」

まず、「逢う魔が時」には以下の意味があります。

(大きな災いの起こりがちな時刻の意から)夕方の薄暗いとき。たそがれどき。逢(お)う魔が時。

出典:大辞林(発行所:小学館)、コトバンク

こちらは、現代に日常的に使う言葉ではないかもしれません。現在も、交通事故の多い時間としても有名な「薄暮時」と重なる時間帯であり、意識的に「逢う魔が時」を使う方もいらっしゃるようです。

夕方から日が暮れ夜になるまでの時間が、災いが起きやすい時間と思われこの名で呼ばれるようになりました。太陽に照らされて活動的ではなかった魔物に出会いそうな時間、少し緊張する時間という事で、大禍時・大魔時・逢あふ魔時・王ワウ莽時などの仰々しい名前が付いているのでしょう。時間帯はまさに黄昏時と重複していますが、空の色味によってどちらの語で表現するのが適切に選ぶ必要があります。日々、同じ空はないというほど色の変化がある空模様。ここでポイントを押さえておきましょう。

 

「たそがれ=黄昏」は、一日のうち日没直後、雲のない西の空に夕焼けの名残りの「赤さ」が残る時間帯です。

一方、「まがとき=禍時」は、夕焼けの名残りの「赤さ」が失われて藍色の空が広がってきた時間帯に入ったころを表しており、この二つの時間の空色は異なります。

動詞「黄昏る」の意味は?最近見かける誤用例は?

「黄昏」から派生した造語「黄昏る」。これは現代的に一般的に使われる言葉です。

現在使われる一般的な意味を下記にあげてみましょう。

外を見てぼうっとする。一人で景色を眺めながら、物思いにふける

しかし、本来の意味は、当初記載した意味を忠実に繁栄したものです。

用途に正しい(本来的な)使い方と現代的な使い方があるのを覚えておき、解釈しましょう。

本来の黄昏る 「日が暮れて薄暗くなる」「盛りを過ぎて衰える」

現在的な黄昏る 「夕暮れ時にぼーっとする(物思いにふける)」

 

まとめ

以上、「黄昏」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

この言葉は「(日が沈んで)夕方の薄暗い時」「物事が終わりに近づいている時」を表し、「黄昏時の空」「人生の黄昏時」といった形で用いられています。

また、それらと似た意味のある語には「夕暮れ」「晩年」「夕映え」「逢う魔が時」。夕暮れには「日が暮れる時」、晩年には「人生の終わりの時期」という意味があり比喩的に使われるのはご存知でしょう。「夕暮」は、たとえば「夕暮の街」「夕暮れ時」といったように「黄昏」と同じような使い方ができますが、「黄昏」は薄暗さが切なさを連想させるからか、「黄昏れる」という動詞形で「物思いに耽る」という意味でも用いられることがあります。(ただしこの意味は本来の使い方ではないので注意してください。)

また「晩年」は単純に人生の終わりの時期をいいますが、「黄昏」は物事の終わりが近づいてその力が衰える時のことをいい、微妙に表していることの主旨が異なります。

そのため、その場面に応じてどのようなニュアンスを強調したいかでうまく使い分けるようにすると良いでしょう。

Share:
AcoLi