用語

「わび・さび」の意味と使い方・例文・「わび」「さび」の違いは?現役ライターがサクッと解説

「わび・さび」(漢字では「侘・寂」)という言葉は、「わび・さびを感じる」「わび・さびがある」などの形でよく用いられています。

日本の独自の美意識でしたが、今では世界中に日本庭園や茶道の愛好家が多く、「wabi」「sabi」は世界共通の国際語と言えるでしょう。
しかしながら、この言葉が具体的にどのようなことを表すのか、もしくは「わび」「さび」それぞれの語にはどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

日本人だからこそ、定義せずとも味わい楽しむことをしてきた方もいるかもしれませんが、国際社会の一員として、説明できるようになっておきたいものです。
ここでは「わびさび」の意味と使い方、「わび」「さび」の違いを確認していきましょう。

#1 「わび・さび」の意味(「わび(侘び)」「さび(寂び)」の違い)

image by iStockphoto

それでは、以下に「わびさび」の意味と使い方、また類義語との違いを説明します。

「わび・さび」の意味

まず、「わび・さび」と検索してみると、以下のような意味がヒットします。

わび・さび(侘・寂)は、日本の美意識の一つ。一般的に、質素で静かなものを指す。本来侘と寂は別の概念であるが、現代ではひとまとめにされて語られることが多い。

出典:Wikipedia「わび・さび」

「わび・さび」は一般的に「派手さや飾り気のない静かなもの」「質素で静寂に包まれた空間や物事」をいいます。

「わび(侘)」と「さび(寂)」という異なる意味の二つの語を合わせて作られたという言葉だということも上記の解説で分かりますが、「わび(侘び)」「さび(寂び)はどういう意味を持ち、一般的に使われるような意味を成すに至ったのでしょう。

以下にそれぞれの意味を詳しく説明していきます。

#1 「わび(侘び)」の意味

image by iStockphoto

「わび(侘び)」には以下のような意味があります。

〔動詞「侘びる」の連用形から〕

飾りやおごりを捨てた、ひっそりとした枯淡な味わい。

茶道・俳諧の理念の一つ。閑静な生活を楽しむこと。

落胆。失意。つらく思うこと。 

出典:大辞林 第三版(発行所 三省堂株式会社)「侘」

 

茶道・俳諧などの美的理念で、閑寂・質素の中に見いだされる枯淡の趣。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「侘」

「わび」という言葉は万葉集にも登場しますが、美意識として記録に残されているのは江戸時代から。もとは室町時代中期に「小さな草庵の座敷で、粗末な道具を用いて行う」茶会が始まり、千利休によって大成化された茶の湯の基本概念が「侘び」(「簡素さや不足を受け入れ、それ自体を楽しもうとする」精神を指した言葉)です。その後茶道に限らず、ひっそり、あっさりとした中にある趣や味わいを大切にし、また閑静な生活を楽しむという日本文化の支柱のひとつとなり、他の日本文化や芸術作品にも影響を与えいきました。

似た漢字で同じ読みの「詫び」とは間違えないように気をつけましょう。

人となり・より内面的な意味を持つ人べんの侘びるは感情を表す言葉であり、会話、言葉など言語に関わる意味の言べんの詫びるは、「謝る」と同義語で、自分の非を認めて相手に許しをこう言動を言います。へんの違いが適切にその「わび」の意味の違いを生み出していて興味深いですね。

侘びる 寂しく思う。みじめに思う。思い悩む

詫びる 自分の非を認めて、相手の許しを請う。あやまる。

動詞侘びるが変化の美意識の「侘び」は寂しく思う。みじめに思う。思い悩むといった心情も味わい、その心(もの)の変化も美しいと感じるというという言葉です。

#2 「さび(寂び)」の意味

image by iStockphoto

「さび(寂び)」には以下のような意味があります。

〔動詞「寂びる」の連用形から〕

古びて趣のあること。閑寂の趣。さびしみ。しずけさ。

枯れて渋みのあること。また、太くてすごみのあること。

しおり・細みなどとともに、蕉風俳諧の基調をなす静かで落ち着いた俳諧的境地・表現美。

出典:大辞林 第三版(発行所 三省堂株式会社)「寂」

 

古びていて物静かな趣があること。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「寂」

「古びたこと、枯れたことにより生まれた趣、渋み」を表し、経年劣化に思えるような<欠損や色あせ>なども、独特の美しさと捉える美意識で、その褪せたものを寂びと言います。状態(見た目)に着目している言葉と言えるでしょう。

さらには、松尾芭蕉が確立した俳諧の境地、表現美を寂びと言います。句に表現されるものは、対象物の見た目や様子の如何ではなく、その対象を捕らえている作者の心情であるというのが俳諧の追究しているもの。

たとえば、情景は賑やかであったり華やかだったとします。しかしそれを見た人の心が淡々とした心情でその心が歌に詠まれていた時、その句は「さびのある句」と評価されるのです。

#3 「わび(侘び)」「さび(寂び)」それぞれの例文

「わび(侘び)」と「さび(寂び)」という日本人の美意識をさす言葉の意味を見てきました。

そこで、以下にそれぞれの意味の違いを例文を通して確認していきます。「わび・さび」と一語として認識されがちな二つ意味の違いをイメージみてください。

わび
「茶道の茶室に見られるわびの精神は、豊満な現代の生活において改めて見直したいものの一つだ」(茶道の茶室に見られる質素や簡素さを重んじた精神は、豊満な現代の生活において改めて見直したいものの一つだ)

「わびの加わった祖父の生活に、安らぎを感じる」(簡素ながら豊かさを感じる祖父の生活に、趣と味わいがあり安らぎを感じる)

 

さび
「この茶碗はさびがついて新品にはない深みと味わいが出てきた」(この茶碗は経年による古びた色合いが付いて、新品にはない深みと味わいが出てきた)

「道路一面に敷き詰められた桜の花びらに、さびを味わう」(雨風で舞い散り道路に落ち踏まれた桜の花びらは色あせて、爛漫と咲いている時とは違う味わいを感じる)

 

#2 「わびさび」の使い方

image by iStockphoto

上記を踏まえて、次に日本の体系化された美意識を指す言葉「わびさび」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「この建物は質素に過ぎるつくりで、つい目を引かれるような華やかな魅力は無いが、何とも言えないわび・さびの趣がある」

「金箔貼りの華やかな金閣寺と静かな佇まいでわび・さびのある銀閣寺は、それぞれ違った魅力を持っている」

「地味や質素という言葉で片付けてしまうとそれまでだが、わび・さびの美しさはその簡素さが醸し出す独特の味わいにこそあるといえる」

「静寂に包まれたわび・さびの風景を目の前にして、新しく華々しいものばかりに囲まれていては知ることのできない固有の価値観を見出す」

「曽祖母から譲り受けた着物は、変わらぬ艶やかなものから、使い込まれたわび・さびのあるものまで、それぞれ味があって貴重。私の宝物にしよう」

「空き家になった日本家屋のもつわび・さびを外国人建築家が着目し世界に広めていることは、なんとも感慨深い」

日本発祥の美意識、芸術的観点の「わびさび」。「寂び」の美しさを見出し、簡素な美を楽しむ心が「侘び」

以上、「わび・さび」の意味と使い方、そして「わび(侘び)」「さび(寂び)」それぞれの違いについてまとめました。

この言葉は、一般的に「質素で静かなもの」のことをいい、簡素・質素ながら穏やかで趣のある庭園や建築物などのことについて述べる場合に「わび・さびを感じる」といった形で用いられています。

この言葉に含まれる「わび(侘び)」「さび(寂び)」という語は、本来それぞれ別の意味があることを忘れてはいけません。「質素な物に対して感じる深い味わい(侘び)」「古い物に見られる落ち着きや穏やかさの趣(寂び)」(簡単にいうと、「質素・簡素な物」と「経年で古さを帯びた物」にある趣)を表します。

日本的なものに対してよく用いる語ながら、現在は世界的に日本文化も浸透し、「茶道sadou」「盆栽bonsai」「日本庭園」のブームから「wabi・sabi」は海外でも通用する現代語と言えるでしょう。

具体的にどのようなものかを表現するのは難しいところもあるのではないでしょうか。

だからこそ、「わび」「さび」を追求した作品や空間を自分も楽しみ、違い感じる機会を持つことをお勧めします。そして、それぞれをといった語それぞれのニュアンスを意識して使っていきましょう。

Share:
AcoLi