用語

「夕映え」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説

「夕映え」(読み方:「ゆうばえ」)という言葉は、「夕映えの空」などの形でよく用いられています。
もし、この言葉をご存知ない方でも「夕暮れ」、「夕焼け」といった<太陽が沈む時間>を表す言葉であることは、イメージできるのではないでしょうか。
この言葉は情景を表現する場合に使うことができる言葉ですが、その他の似た意味のある語とはどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くこと方があるかもしれません。
一瞬一瞬変化に富んだ「太陽」が生み出すマジックアワー「日没」。比例して日没時間の日本語表現はとても多彩です。

ここでは「夕映え」の具体的な意味、ポイントや、類義語をご紹介しながら、同じ日没の情景を表す言葉との使い分けも整理していきましょう。

「夕映え」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは以下に、「夕映え」の意味を辞書から紐解き、例文を通して使い方をご紹介していきましょう。

 

「夕映え」の意味とは?

まず、「夕映え」には以下のような意味があります。

夕日の光を受けて物が美しく見えること。また、夕日に照りかがやく姿。

夕日に空が赤く染まること。夕焼け。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「夕映え」

 

夕日に反映して物の色が照り輝くこと。また夕焼け

薄暗い夕方頃、かえって物の色があざやかに美しくはえること。

出典:大辞林 第三版(発行所 株式会社小学館)「夕映え」

つまり、「夕焼け」と同義に使うことが可能です。具体的には「日の暮れるころの太陽の光を受けて、辺りの物が美しく見えることや明るく輝く様子」を意味しているというのが一点。さらには、「日が傾いて薄暗くなった夕方にかえって物の色があざやかに美しくみえること」を表す語ということを留意しておきましょう。一見、赤く色づいた情景に限って思い浮かべてしまいがちですが、東の空に見える夕暮れ時の薄暗い世界にある美しさも「夕映え」で表現できます。

太陽の光が周りを照らすことは、明るくものを見えやすくなるというのはもちろんでしょう。しかし、光を反射するものなど、日が高く照っている時にはくっきりと見えないものもあります。「暗」によってその姿の美しさを確認できる情景が「夕映え」と表現できることを覚えておきましょう。

「夕映え」の使い方・例文

次に、「夕映え」の使い方をご説明します。

まずは例文を見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「夕映えの幻想的な空の下を一人歩いていると、どこか切なく人恋しい気持ちになる」

「夕映えに包まれたを無邪気に駆け抜けていく子どもたちの姿は、幼少期への郷愁を呼び起こした」

「眼前には赤く染まった夕映えのが壮大なまでに広がり、これまでに見たどの風景と比べても際立った美しさを見せていた」

「真っ赤な夕日と夕映えに輝く海と雲、そしてその中に浮かび上がる木々のシルエットが辺り一面に幻想的な風景を作り出していた」

「町内放送が聞こえてきて辺りを見回すと、夕映えを受けたの稜線が美しく、一瞬時が止まった」

「夕映えの街路樹は、葉が落ちきったその枝ぶりさえ美しい」

「道行くランナーの夕映えが、スローモーションのように目の前を流れた」

夕映えは「夕日(夕暮れ時)に(で)映える」と読み下すことができるでしょう。つまりこのシーンの主役は、「夕日」や「時間」」ではなく照らされている「対象物」ということが言えます。

文章を作る際には、主役となる照らされているもの明記するようにしましょう。

「夕映え」の類義語

image by iStockphoto

では次に、「夕映え」の類義語について見ていきましょう。

この言葉と似た意味のある語には以下のようなものが挙げられます。

#1 夕焼け

まず、「夕焼け」には以下の意味があります。

太陽の沈むころ、西の空が赤く見えること。また、その現象。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「夕焼け」

つまり、「太陽が西の空に沈む頃に西の空が赤く見える現象」のことをいい、以下のように用いることができます。当然とは言えますが、「夕焼け」と表現できる条件は、赤く染まった「空」についていう場合、そして夕暮れ時の「西」の空であることに限られているので、他の条件の時は別の当てはまる表現を探しましょう。

夕焼けの例文をあげてみます。

「茜色に染まって鮮やかなまでに輝く夕焼け空は思わず見入ってしまう美しさだった」

「その日の空には赤黒く染まっておどろおどろした夕焼け雲が連なり、不穏な様相を呈していた」

#2 落陽(らくよう)

次に、「落陽」には以下の意味があります。

沈んでゆく太陽。入り日。落日。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「落陽」

夕日、入日、落日

出典:精選版 日本国語大辞典「落葉」

つまり「西に沈んでいく太陽」そのもののことを表しています。「夕映え」や「夕焼け」とはその点が使い分けるポイントでしょう。

例文を見ていきましょう。以下のように用いることができます。

「その写真は落陽が西の地平線に隠れて今にも姿が見えなくなる瞬間を切り取ったものだった」

「赤く染まった空に輝く落陽が没していくさまはいつ見ても変わることのない美しさだ」

#3 夕景(せっけい、ゆうけい)

次に、「夕景」には以下の意味があります。

<せっけい>
 夕方の景色。夕景色。 夕方の光。夕日。夕影せきえい。
 
<ゆうけい>
夕方。夕暮れ。また、夕方の景色。
出典:大辞林 第三版(発行所 三省堂株式会社)
 

「夕景」は読み方により意味合いが少し変わります。<せっけい>の場合は落葉や夕日、夕焼け、夕映えに近い意味。<ゆうけい>の場合は、夕暮れや夕方など時間帯を表す表現と言えるでしょう。

近年、日常的に使われ、耳にすることはない言葉かと思います。小説や歌詞など詩的な表現では近代でも用いられており、文学好きの方でしたらご存知かもしれません。

例文をいくつか挙げてみましょう。

「夏の夕景をフィルムに収めた」

「夕景の中に見た彼女の笑顔はとても眩しかった」

「湖水は夕景を映す美しい鏡だ」

#4 「夕映え」を言い換えた表現、文章

image by iStockphoto

<ポイント>

類義語であげた三つの言葉とも、夕映えとは少しニュアンスの異なる言葉であることがわかりました。

そこで、もし言い換える必要が生じた場合の表現を挙げてみます。

夕日の光を受けて物が美しく見えること 

「茜色に染まった街」(≒夕映えの街)

 

薄暗い夕方頃、かえって物の色があざやかに美しくはえること

「薄暮に映える富士山」

まとめ:太陽の作り出すマジックアワー 夕日が日常を演出したものそれが「夕映え」

以上、「夕映え」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

 

この言葉は「夕日を受けて辺りの物が美しく見えること、辺りの物が美しく輝く様子」「空が夕日に赤く染まること(夕焼け)」のことをいい、夕方の空や夕日を受けて輝く美しい風景を描写する場合などに用いることができます。

また、日が傾いたことにより「薄暗くなったことでかえって美しく映えてみえる情景」も「夕映え」と表現することを覚えておきましょう。

近い意味の語には「夕焼け」「落陽」があり、「夕日」は「西の空が赤く見える現象」を表し、空についていう場合に限られ、「落葉」も「沈んでいく太陽」自身のことをいう時に用います。「夕景」は夕焼け、落陽に加え、夕暮れの意味も表現できる多彩な言葉と言えましょう。

それぞれ違った意味があるため、夕方の空や太陽、もしくはそれを受けて輝く辺り一帯の景色といったように、表現したい対象によってこれらの語を使い分けていきましょう。

Share:
AcoLi