用語

「逆説」の意味と使い方・例文・「逆接」「パラドックス」との違いは?現役ライターがサクッと解説!

「逆説」(読み方:「ぎゃくせつ」)という言葉は、「逆説的に言うと~」などの形でよく用いられています。

事実とは相反する内容のことや矛盾しているようなことについて述べる場合に使われている語ではありますが、具体的にはどのようなことを表すのか、また「逆接」「パラドックス」といった似た意味のある語とはどのような違いがあるのか、中には疑問が浮かぶこともあるかもしれません。

「逆説」という言葉は「パラドックス」と同じように使われますが、漢字とカタカナというところからも、ニュアンスや聞いた時のイメージが若干ちがいますね。また、「逆接」は言葉として直接使う機会は少ないですが、その意味は文章の内容前後を示す言葉として知られています。

「逆接」の意味と使い方や「逆接」「パラドックス」という言葉の違いについて、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が解説していきます。これらの言葉の例文なども確認して、より適切に使い分けられるようにしましょう。

「逆説」の意味と使い方・例文・「逆接」「パラドックス」との違い

image by iStockphoto

「逆説」という言葉を文章や本、評価論などで目にする人も多いのではないでしょうか。普段の生活で違和感なく使う「逆説」という言葉の意味やニュアンスについて正確に理解するために、その意味と使い方、例文について確認しておきたいですね。また、「逆説」という言葉に近い意味を持つ「逆接」や「パラドックス」という言葉についても確認しておきましょう。これらの意味と違いを把握して、シチュエーションで正しく使うヒントにしてみてくださいね。

「逆説」の意味

「逆説」という言葉を頻繁に使うという人も多くはないのではないでしょうか。どちらかと言えば、類似表現である「パラドックス」や「逆接」を使う場面が多そうですね。日常での会話や文章で使う頻度が少ない言葉ではありますが、いざ見かけた時や理解する必要があるときがあれば、その意味とニュアンスを理解しておけば便利です。本や雑誌の文章に登場する事が多い「逆説」という言葉について、その意味を確認しておきましょう。辞書に記載されている定義をご紹介します。

一見真理に反するように見えて、よく考えると一面の真理を表している説。

ある命題から正しい推論によって導き出されているように見えて、結論で矛盾をはらむ命題。パラドックス。

ある事実に反する説で、その説に反対する正当な論拠を見出しがたいもの。パラドックス。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「逆接」

つまり、「事実ではないように見えながらも、よく考えてみるとその一部においては事実であることを表している説」「それが正しいかのように見えるけれど結論に矛盾を含む命題」「事実(や通説)とは食い違っているが、かといってそれに反対する根拠を見つけ出すことが難しい説」を表す語となっています。

「逆説」の使い方・例文

「逆説」は、「間違っているように見えるが実は正しいことを言っている」という理解がフィットしますね。少し意味やニュアンスを掴むのが難しいと感じるなら、例文からその使い方についてニュアンスなどを掴む事ができます。すこしわかりにくい言葉ではありますが、その使い方のヒントとなる例文から理解を深めていきましょう。

「一方的に子どもの世話をして育ててやっていると驕り高ぶる親もいるが、必ずしもそうとはいえないだろう。逆説的に言うと、子育てを通じて親が子どもから学ぶことも多いっていうことだ」

「頭が良くないから勉強が嫌いだという人もいるが、逆もまた然りだ。つまり、逆説的だが、頭が悪いから勉強嫌いなのではなくて、勉強が嫌いで学ぼうとしないから頭が良くならないということだ」

「彼の作曲のスタイルは、サウンドエンジニアの仕事を通じて生まれており、逆説的に誕生したものと言えるだろう」

逆説的に聞こえるかも知れないが、実際に去年起きたことはこれからの未来を明るくするものだ」

「逆説」のことわざ

「逆説」という言葉の理解を深めるヒントになることわざを、上記の意味を踏まえてご紹介していきます。これらの言葉には聞き覚えがあるかと思いますが、「逆説」を見事に言い表すことわざです。意味と例文に合わせてこちらもチェックしてみてくださいね。

「急いては事を仕損じる」「急がば回れ」(成果を急ぐならば一見してまわり道であっても安全・確実な方法をとったほうが良い、ということ)

「価格が下がれば需要が増える。しかし、それに比例して所得が下がったなら物の価格が下がっても必ずしも需要が増えるとは限らない」

「アキレスと亀(ゼノンのパラドックス)」(前方からスタートした亀との競争で、俊足のアキレスはいつまでも亀に追いつけないという逆説)

「逆接」「パラドックス」との違い

image by iStockphoto

「逆説」という言葉によく似た意味を持つ「逆接」と「パラドックス」ですが、これらの言葉についてもニュアンスの違いを確認しましょう。非常に似通った意味をもつ言葉ではありますが、「逆説」よりも「パラドックス」という言葉を耳にする機会が多くなっていますね。また、言葉の表現として使える「逆接」も含めて、使い方やニュアンスには違いがあります。これらの言葉も把握して、表現を広げるためにもチェックしてみてくださいね。

「逆接」「パラドックス」の意味

「逆接」「パラドックス」の意味をチェックしていきましょう。「逆接」という言葉は読み方と音が同じですが、文章の前後の内容の意味を示す言葉になります。また、「パラドックス」は「逆説」の英語表現です。これらの言葉は日常で使いやすいですが、意味を把握しておいたほうがより正確に使えますね。適切なシチュエーションで上手に使いこなすことができるように、辞書に記載の定義を確認しておきましょう。

二つの句・文を接続するとき、前の句・文とは逆の含意をもつ句・文を後に続けること。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「逆接」

逆説。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「パラドックス」

「逆説」と「逆接」「パラドックス」の使い方・例文

image by iStockphoto

「逆説」と「逆接」「パラドックス」について、その例文を比較してご紹介します。使う場面が微妙に難しいこれらの言葉ですが意味は非常に似通っており、「パラドックス」は言い換え表現として、また文章表現において、前の句と後の句で違う内容を表現する場合に、その意味を表す言葉として「逆接」という言葉を使うことが出来ますね。その他、意味とニュアンスさえ掴んでおけばスムーズに使用できるでしょう。また、これらの言葉を使い分けることで、より言葉の表現が豊かになります。「逆接」については言葉自体ではなく、それを意味する例文をご紹介しますね。

「逆接」:「その店は駅から遠い上に路地裏の分かりにくい場所に立地している。にもかかわらず、いつ行っても満席状態だ」

「パラドックス」:「地動説は天動説が覆されるまでの長い間パラドックスと見なされていたと考えられる」

「逆説」:「逆説的に聞こえるかもしれないが、笑うから楽しくなるのであって、楽しいから笑うのではない」

つまり、「逆接」は「2つの文章を接続する時に、前の文章と逆のことを意味する文を後に続けること」(上記の例文では、前後二つの文章において、前の文(「駅から遠く分かりにくい場所」)と逆の意味を含む文(「満席状態」)を後に続けています)をいい、「パラドックス」(英語のparadox)は「逆接(ただし2・3の意味、上記例文では3に該当)」と同意の語として用いられているものとなっています。

関連記事https://kotonoha-jiten.com/blog/conjunction/「対比・逆接を表す接続詞5つ」それぞれの意味と使い方

「逆説」と「逆接」「パラドックス」を正しく使い分けよう

以上、「逆説」の意味と使い方、「逆接」「パラドックス」との違いについてまとめました。

この言葉は「ある事実や通説と反しているように見えて、その一部には事実を表している説」などをいう語で、主に一般的な考えとは反対の見方でもって話を進めていく場合に「逆説的に言うと~」(普通とは逆の方向からいうと~)などの形で用いられていますね。

また「逆接」は、2つの文章をつなぐ時に前とは反対のことを意味する文を後に続けることを言う表現です。

つまり、「逆接」は「逆説」とは異なる類のことを表す語となりますが、「パラドックス」については「逆説」とほぼ同じような意味の語として扱うことができます。

たとえば、上記のように一般的な事実とは逆の考え方で話をする場合や正しいことのようでも矛盾した結論となることについて述べる場合などには、これらの語を使って話を展開してみてはいかがでしょうか。

Share:
prescott