用語

「覇気」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説

「覇気」(読み方:「はき」)という言葉は、「覇気がある顔つき」「覇気のない若者」などの形でよく用いられています。

若者や男性に対して使われることの多い言葉ですが、具体的にはどのようなことを表すのか、また他に近い意味を持つ言葉にはどのようなものがあるのか、疑問に思うことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「覇気」の意味と使い方、また類義語などについて、翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきます。

「覇気」の意味と使い方・例文・類義語

image by iStockphoto

それでは、「覇気」の意味と使い方、また類義語との違いなどについて説明していきましょう。

「覇気」の意味は?

image by iStockphoto

まず、「覇気」には以下のような意味があります。

覇者の意気

進んで物事に取り組もうとする意気込み。また、他に打ち勝とうとする強い気持ち。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「覇気」

つまり「覇気」とは、「他に勝る者になろうとする心持ち」「自ら物事に取り組もうとする気持ち」を表す言葉です。

「テキパキ」の「パキ」や「はきはき」の「はき」は、語源が「覇気」だと言われています。

「覇者」とはもともと、中国春秋時代の周王朝下で、徳によらず実力や諸侯の信を得て天下を治めた者の尊称でした。

「覇気」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「覇気」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「彼は仕事で足りない知識を補おうと、積極的にさまざまなセミナーや勉強会に参加している中々覇気のある青年だ」

「ただ頭が切れ仕事ができるだけでなく、自信満々として覇気に富んだ彼は男性的な魅力に溢れている」

「近頃は中性的な男性が人気だというが、どうも覇気に乏しく弱々しく見え魅力的には映らない」

「彼は大手企業に勤めているとはいえ、ルーティーンワークに不満を募らせるばかりでいつも覇気のない顔つきをしている」

「覇気」の類義語

image by iStockphoto

次に、「覇気」の類義語について見ていきましょう。

「覇気」と似た意味を持つ言葉には、以下のようなものが挙げられます。

「気迫」

image by iStockphoto

まず、「気迫(きはく)」には以下の意味があります。

ひるまずに立ち向かう強い精神力。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「気迫」

「気迫」とは「何かに恐れて気持ちがくじけることなく物事に立ち向かう強い精神力」をいい、以下のように用いることができます。

「彼のあまりの気迫に圧倒されて、誰も反対意見を切り出せなかった」

「彼は初舞台で気迫のこもった熱演を披露し、観客から拍手喝采を受けた」

「気概」

image by iStockphoto

次に、「気概(きがい)」には以下の意味があります。

困難にもくじけない盛んな意気。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「気概」

「気概」は「困難にあってそがれることのない強い気持ち」を表し、以下のように用いることができます。

「店の客足が伸び悩んでいても、彼には商売を軌道に乗せる気概があった」

「最終面接で第一志望の企業に落ちた今の彼は、他の企業を受ける気概をなくしていた」

「意気」

image by iStockphoto

「意気(いき)」には、次のような意味があります。

事をやりとげようとする積極的な気持ち。気概。いきごみ。

出典:小学館「意気」①

「意気」とは「何かをしようという積極的な気持ち」を表す言葉で、例文は次のようになります。

 

「いいぞ、その意気で頑張れ」

「みかん狩りに出かけた娘が、袋いっぱいのみかんを抱えて意気揚々と帰ってきた」

「プロポーズを断られた友人は、意気消沈していた」

「気合」

image by iStockphoto

「気合(きあい)」は、次のような意味を持つ言葉です。

精神を集中させて事に当たるときの気持ちの勢い。また、そのときの掛け声。

出典:小学館「気合(い)」

「気合」とは、「集中して何かを行うときの気持ちの勢い」を表し、「緊張感を高めて精神を集中する」意味の「気合を入れる」などの形で使われることが多い言葉です。

「気合」は、次のように使います。

「そんなやる気のない走り方じゃ、練習にならないよ。もっと気合入れて!」

「風邪を引いて熱があるけど、今日は大事な日だから気合で乗り切るしかない」

「根性」

image by iStockphoto

「根性(こんじょう)」には、次のような意味があります。

生まれつきの性質。根本的な考え方。

苦しさに耐えて成し遂げようとする強い精神力。

出典:三省堂「根性」①②

「根性」には、「その人の根本的な性質」「物事をやり通すたくましい精神」という意味があります。

「やじうま根性」「商売根性」などの他、次のような使い方をする言葉です。

「厳しいことで有名なあの教授の講義についていけるなんて、あいつも根性あるなあ」

「私は仕事を1日で辞めてしまった根性なしです」

「意志」

image by iStockphoto

「意志(いし)」には、次のような意味があります。

考え。意向。

物事をなしとげようとする積極的なこころざし。

出典:三省堂「意志」①②

「意志」は、「これを行いたい、または行いたくないという考え」「物事を実現しようとする精神の働き」の意味を持つ言葉です。

混同してしまいがちな「意思」は、「自分の考え、思い」のことで、「意志」のほうが積極的で強いニュアンスを含みます。

「意志」を使った例文は、次の通りです。

「彼女は穏やかで誰にでも優しいが、意志の強そうな目をしている」

「彼のような意志の弱い人がダイエットを成功させるのは難しいだろう」

「覇気」の対義語

image by iStockphoto

それでは、「覇気」と反対の意味を持つ言葉を紹介しましょう。

「無気力」

image by iStockphoto

「無気力(むきりょく)」には、次のような意味があります。

何をする気力もないこと。やる気のないこと。また、そのさま。

出典:小学館「無気力」

「無気力」は、「進んで何かをしようとする気力がないこと」を表す言葉です。

この言葉を使った例文は、次のようになります。

「学生たちは、夏の暑さのせいか無気力になっていた」

「あれだけ顔立ちが整っているのに彼がモテないのは、無気力だからだろう」

「臆病」

image by iStockphoto

「臆病(おくびょう)」は、次の意味を持つ言葉です。

 

ちょっとしたことにも怖がったりしりごみしたりすること。また、そのような人や、そのさま。

出典:小学館「臆病」

「臆病」とは、「ちょっとしたことでも恐れること」「気が小さいこと」を表す言葉です。

例文は、次のようになります。

 

「今日こそ彼に思い切って意見するつもりだったが、直前になって臆病風に吹かれて何も言えなくなってしまった」

「臆病で小心者の方が、自信過剰にならずに慎重に仕事をすることができるという考え方もある」

 

「覇気」の英語表現

image by iStockphoto

「覇気」にあたる英語は、「spirit」「will」「fight」などです。

「be full of spirit」で「覇気がある」、

「He lacks spirit.」で「彼は覇気がない」

などと表現できます。

「覇気」は積極的に取り組もうとする気持ちを表す言葉

以上、「覇気」の意味と使い方、類義語などについてまとめました。

「覇気」は「物事に積極的に取り組もうとする気持ち」「他に勝ろうとする気持ち」をいい、主にそのような姿勢のある若者や男性などに対して「覇気がある~」「覇気に富んだ~」のような形で用いられる言葉です。

また近い意味の語として、「気迫」「気概」といったものがありますが、これらはそれぞれ「恐れずに物事に立ち向かう強い精神力」「困難にもくじけない強い気持ち」を表し、「気迫がこもった~」、「~する気概がある」といった形で使われます。

それぞれニュアンスは異なりますが、人の強い心や意志、積極的な気持ちを表す時に用いることができるため、場面によって適切に使い分けましょう。

Share:
konomianko