用語

「秀逸」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッと解説!

「秀逸」(読み方:「しゅういつ」)という言葉は、「秀逸な作品」「秀逸」などの形でよく用いられています。

優れているものに対していう場合に使われている語ではありますが、具体的にどのようなことに対して用いるのか、また近い意味のある「優秀」という語とはどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「秀逸」の意味、由来や使い方、対義語、類似語を例文を交えながら、半年で独立したプロブロガーの筆者が解説していきます。

「秀逸」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

まず、「秀逸」の意味と使い方を解説します。

「秀逸」の意味とは?

「秀逸」には以下のような意味があります。

他よりもぬきんでてすぐれていること。また、そのもの。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「秀逸」

つまり、「他のものと比べてはるかに優れていること、またその優れているもの」を表す語となっています。

「秀逸」の語源

ここで秀逸の由来について見ていきましょう。

秀逸を分けると、「秀」と「逸」という2つの言葉で構成されていることが分かりますよね。

それぞれの意味を見てみると、「秀」は「ほかのものより抜きんでて優れていること」、「逸」は「世間よりも優れていること」という意味を持っています。

この2つの言葉を組み合わせることで、生まれたのが「秀逸」。

つまり、この言葉の語源と言えるものなのです。

「秀逸」の英語表現

次に、「秀逸」を英語で表す場合の表現について見ていきましょう。

「秀逸」の意味を英語で表した場合、「Excellent」「brilliant」「superb」と用いることができます。

ここで、「秀逸」の英語表現を例文で見ていきましょう。

「彼が提案した新しいビジネスアイデアは、秀逸なできなので必ず成功するだろう」:「The new business ideas he has proposed will be successful because they are excellent」

「彼女が作成したサイトはデザインは秀逸だが、機能面があまり良いできではなかった」:「The site she created was superb in design but not good in terms of functionality」

「今回のコンサートでは、最後の人物の演奏が秀逸だったため優勝するのは間違いなかった」:「In this concert, it was clear to win because the performance of the last person was brilliant」

「秀逸」の使い方と例文

次に、「秀逸」を例文を使って見てみましょう。

たとえば以下のような使い方をすることができます。

「彼が長年温めてきたという新作は、これまでの作品と比べても秀逸なできに仕上がっていた」

「人物の心理描写が秀逸なその作品は男女を問わず人気を集めている」

「数あるミステリー小説の中でも、この小説は伏線の張り方も登場人物の描写の仕方も秀逸だ」

「彼のつくった俳句は大会で秀逸句として選出され、他の受賞者とともに表彰された」

「秀逸」の類義語

image by iStockphoto

「秀逸」の単語の意味を学んでいただいたところで、もう少し理解を深めていただくために、どのような類義語があるのか解説していきます。

「秀逸」の類義語:優秀

「優秀」には以下の意味があります。

ひときわすぐれているさま。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「優秀」

「どんな難題な問題も解決してしまう彼は本当に優秀な人財だ」

「この研究は彼女たちのような優秀な助手がいなければここまで到達することはなかっただろう」

「スカウトされる人物は特に優秀だった彼が選ばれることになった」

「秀逸」「優秀」の2つの語における違い

では「秀逸」と類義語を比較して違いをおさらいしましょう。

「優秀」:「彼は真面目に勉強し優秀な成績で大学を卒業した」(彼は真面目に勉強し他の学生と比べて一際優れた成績で大学を卒業した)

「秀逸」:「コンクールに応募された作品の中でも彼の作品は秀逸で、満場一致で最優秀賞に選ばれた」(コンクールに応募された作品の中でも彼の作品は格段に優れていて、満場一致で最優秀賞に選ばれた)

「優秀」は「人の能力などが他と比べて顕著に優れている様子」、「秀逸」は「俳句や詩などの作品が他よりも飛び抜けて優れていること」を表すという、ニュアンスの違いがあります。

「秀逸」の対義語

image by iStockphoto

ここで「秀逸」にはどのような対義語があるのか解説していきます。

「秀逸」の対義語1:劣悪

「劣悪」:性能や性質が普通よりも劣っていること。

「劣悪な環境下で作業を続けていたため体を壊していた」

「劣悪な職場環境を改善するために、事務所が移転することとなった」

「最新型の装置は、劣悪な環境にあっても想定通りのパフォーマンスを発揮した」

「秀逸」の対義語2:凡人

「凡人」:優れたところが特にない普通の人。

「彼は特に秀でた才能もなくただの凡人だった」

「この作品は、ただの凡人では作ることはできない」

「凡人たちでは偉人が考えていることが分からない」

「秀逸」の対義語3:平凡

「平凡」:特に優れているところがなく、ありふれていること。

「この映画は特に面白いところがなく平凡な作品だった」

「彼の発想は平凡の域を出ることがなかった」

「変わらずに進む平凡な毎日に嫌気がさした」

「秀逸」を上手く使いこなそう

以上、「秀逸」の意味と使い方、「優秀」との違いについてまとめました。

この言葉は「他よりも抜きん出て優れているもの」をいい、たとえばある俳句が他の作品と比べてはるかに優れていることについていう場合に「秀逸な句」「秀逸な作品」といった形で用いられています。

また「優秀」についても、同じように優れている物についていいますが、主に人の能力が他と比べてその違いがはっきりと分かるほどに優れていることをいう場合に用いることができますよ。

同じような意味ではありますが、他よりもずば抜けてできが良い作品に対しては「秀逸」、能力が他よりも目立って優れている人などには「優秀」といったように、その場面によって適度に使い分けると良いでしょう。

Share:
shinkai