用語

「恐悦至極」の意味や語源・英訳・使い方・類義語は?現役ライターがサクッと解説!

「恐悦至極」(読み方:「きょうえつしごく」)という言葉は、「恐悦至極に存じます」などの形でよく用いられています。

「恐悦至極」は普段の日常会話ではあまり頻繁に用いられませんが、ビジネスや改まったシーンでは用いられることのある言葉です。耳馴染みが少ない言葉であるため、具体的にはどのようなことをいうのか、また近い意味のある「祝着至極」という語とはどのような違いがあるのか、中には疑問が浮かぶこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「恐悦至極」の意味や語源・英訳・使い方、また似たような意味のある「恐縮至極」や「有難き幸せ」について「誰にでも分かる言葉で伝える」を心掛ける現役ライターが分かりやすく解説していきます。ビジネスシーンなどにおいて相手に失礼のないように、言葉の意味や使い方をしっかり理解しておきましょう。


「恐悦至極」の意味や語源・英訳・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは、以下に「恐悦至極」の意味や語源・英訳・使い方について説明していきます。

#1 「恐悦至極」の意味は?

まず、「恐悦至極」の意味について見ていきましょう。この言葉には、以下のような意味があります。

目上の人に関したことやその行為などを、たいそう喜ばしく思うさま。きわめて喜ばしいの意。

出典:精選版 日本国語大辞典「恐悦至極」

つまり、「あることがこの上ない喜びであること」を表している謙譲語(目上の人に対して敬意を表して表現する語)となっています。

#2 「恐悦至極」の語源

次に、「恐悦至極」の語源について見ていきましょう。この言葉は、「恐悦」と「至極」の2つの言葉の組み合わせからできています。

「恐悦」とは、非常に喜んでいることを相手に伝える時に用いる言葉であり、「至極」とは「きわめて、最高に」ということを表している言葉です。このことから、「恐悦至極」とは「これ以上ないほどに大変喜んでいる」ということを表す言葉となります。

#3 「恐悦至極」の英訳は?

次に「恐悦至極」を、英語でどのように表現するのか見てみましょう。

●extremely delighted

「extremely」は「非常に、大変」を表し、「delighted」は「たいそう喜んで」という意味を表している英語です。このことから、「恐悦至極」は英語で「extremely delighted」と表現することができます。

#4 「恐悦至極」の使い方・例文

次に、「恐悦至極」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「このたびは、このようなお褒めの言葉に与り恐悦至極に存じます」
「格別なるご恩情を賜り、誠に恐悦至極に存じます」
「多くの方々のご賛同を得てこの会を発足できましたこと、誠に恐悦至極に存じます」
「本日はお招きに与り、恐悦至極に存じます」

「恐悦至極」とは「この上ないほどの喜び」を表している言葉であり、主に目上の人に対して用いる謙譲語です。この言葉は、「恐悦至極に存じます」などのような形で用いることができます。

「恐悦至極」の類義語

image by iStockphoto

次に、「恐悦至極」の類義語について見ていきましょう。この類義語には、「恐縮至極」「有難き幸せ」などがあります。

#5 「恐縮至極」

「恐縮至極」の意味は、以下のようになります。

あまりに恐れ多くて身が縮こまってしまうかと思われるさま、たいへん恐縮するさまなどを表す言い回し。

出典:実用日本語表現辞典「恐縮至極」

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「大変お忙しいところ、恐縮至極ではございますが、お時間を頂戴いただければと存じます」
「私のような若輩者にまで、大変有難いお言葉を頂き、恐縮至極の思いです」
「遠方までご足労をお掛けした上に、このようなお品までいただき、、恐縮至極でございます」
「いつもお心遣いいただき恐縮至極にございます」

#6 「有難き幸せ」

次に「有難き幸せ」について見ていきましょう。この言葉には、以下のような意味があります。

めったにない巡り合わせ、幸運、といった意味を示す古風な言い回し。

出典:実用日本語表現辞典「有難き幸せ」

この言葉は、少し古い表現となるので、現代ではあまり用いられることはありませんが、時代劇などで良く聞く言葉ですね。目上の人に対して、自分がこの上ないほど嬉しく思っているということを表す言葉であるため、「恐悦至極」の類義語と言えるでしょう。

「有難き幸せ」をもう少し詳しく見てみると、「有難い」と「幸せ」という2の言葉の組み合わせからできています。「有難き」は、「有ることが難しい」という意味で、「滅多にないほど珍しい」ことを表しており、私たちが普段用いる「ありがとう」という言葉の語源となっている言葉です。

「有難き幸せ」から「ありがとう」に言葉が変化しても、この言葉が普段の日常会話で用いられていること自体が素敵な日本の文化ですよね。古い時代から相手を敬い、感謝する日本人の心が「ありがとうの精神」と呼ばれるのでしょう。

「恐悦至極」の類義語には、「恐縮至極」「有難き幸せ」などがあります。「恐縮至極」は「恐悦至極」と大変似ている言葉であり、混同されやい言葉です。この上ないほどの喜びを表す「恐悦至極」に対し、「恐縮至極」は、「たいへん恐縮している様子」を表しています。一般的には、「恐縮至極」よりも軽いニュアンスで、「恐縮です」などと用いられる方が多い言葉です。

また、「有難き幸せ」は、「めったにないほどの珍しい幸せ」を表しています。これは、「有難い」と「幸せ」から出来ており、「ありがとう」の語源となっている言葉です。

「恐悦至極」を使いこなそう

以上、「恐悦至極」の意味や語源・英訳・使い方などについてまとめました。この言葉は、「この上ない喜び」を表し、目上の人から受けた厚意に対する喜びを伝える場合に用いることができます。

また、この類義語は「恐縮至極」「有難き幸せ」などです。「恐縮至極」とは「たいへん恐縮している様子」を表している言葉であり、一般的には「恐縮です」などと用いられることの方が多いでしょう。

「有難き幸せ」は「めったにない幸せ」を表しており、現代で用いられる「ありがとう」の語源となっている言葉です。昔から相手を尊敬したり、小さなことにも感謝する日本人の精神が現れた言葉と言えるでしょう。

Share:
tanpopo409