用語

「多様」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッと解説!

「多様」(読み方:「たよう」)という言葉は、「多様な~」「多様化する」などの形でよく用いられています。

この言葉は、ある事柄に「たくさんの種類があること」を意味しており、ビジネス・日常を問わずに一度は見たことがある、もしくは聞いたことがあるという人は意外と多いのではないでしょうか。

とはいえ、ざっくりとした意味は知っているけど若干間違っていた、ということもあるのかもしれません。

そこで、ここでは「多様」の意味、由来や使い方、対義語、類似語を例文を交えながら、半年で独立したプロブロガーの筆者が解説していきます。

「多様」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

まず、「多様」の意味と使い方を解説します。

「多様」の意味とは?

「多様」には以下のような意味があります。

さまざまな種類があること。変化にとんでいること。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「多様」

つまり、「ある物事の種類が多いことや変化に富んでいること」を表す語となっています。

「多様」の語源

秀逸を分けると、「多」と「様」という2つの言葉で構成されていることが分かりますよね。

それぞれの意味を見てみると、「多」は「 多いこと、多いもののこと」、「様」は「ありさまや様子」という意味を持っています。

この2つの言葉を組み合わせることで、生まれたのが「多様」。

つまり、この言葉の語源と言えるものなのです。

「多様」の英語表現

次に、「多様」を英語で表す場合の表現について見ていきましょう。

「多様」の意味を英語で表した場合、「various」「diverse」「multifarious」と用いることができます。

ここで、「多様」の英語表現を例文で見ていきましょう。

「ファイルを共有するのであれば多様なシステム間で使用できるものにする必要がある」:「If you want to share files, you need to be able to use them among various systems」

「多様な技術を持つことでどこでも生きていけるようにするべきだ」:「You should be able to live anywhere by having diverse technologies」

「仕事のやり方は多種多様のため、一概にこれが正解とは言えないものだ」:「Because there are many multifarious ways of working, it is not something that can be generally said to be the correct answer」

「多様」の使い方と例文

次に、「多様」を例文を使って見てみましょう。

たとえば以下のような使い方をすることができます。

「現代では価値観や働き方が多様化しており、昔のような終身雇用のシステムは廃れ(すたれ)つつある」

「その新商品の開発にあたり、社員たちから多様なアイディアが寄せられた」

「その人事評価システムの変更に対して、社員から多様な反応があった」

「フロアを貸し切って行われたそのセール会場には多様なブランドの商品が取り揃っていた」

「多様」の類義語

image by iStockphoto

「多様」の単語の意味を学んでいただいたところで、もう少し理解を深めていただくために、どのような類義語があるのか解説していきます。

「多様」の類義語1:多彩

「多彩」には以下の意味があります。

種類が多くてはなやかなこと。変化に富んでいること。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「多彩」

「気まぐれに入った飲食店は多彩なメニューがあり、大変満足できるものであった」

「パソコンの性能を向上させなければ、多彩な動画表現を行うことは不可能だった」

「水族館は多彩な魚がいるので、飽きることなく見ることができる」

「多様」の類義語2:様々

「様々」には以下の意味があります。

一つの様式だけでなく、いくつもの型が見られるさま。いろいろ。種々。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「様々」

「同じような風景でも様々な角度から見ることによって、新たな発見をすることができる」

「学生時代には楽しいことや辛いことなど、様々なことがあったが全て大事な思い出だ」

「問題は同じでも人によって様々な考え方を持つので、一概に否定することはできない」

「多様」「多彩」「様々」の3つの語における違い

では「多様」と類義語を比較して違いをおさらいしましょう。

「多彩」:「その日は多彩な顔ぶれのゲストがそろい、豪華なイベントとなった」(≒その日は多岐にわたる業界からゲストを迎え、華やかで豪華なイベントとなった)

「様々」:「その居酒屋では和食・中華・イタリアン・イタリアンと様々なメニューを楽しめるようになっている」(≒その居酒屋は和食・中華・イタリアンと料理の種類が多く、いろいろなメニューを楽しめるようになっている)

「多様」:「その企業には多様な国籍の社員が在籍している」(≒その企業には異なる数多くの国籍をもつ社員が在籍している)

つまり、「多彩」は「種類が多く華やかなこと」、「様々」は「ある物にいろいろな形・種類のものが見られること」、「多様」は「たくさんの種類があること、つまり同じではないものがたくさんあること」を表すというニュアンスの違いがあります。

「多様」の対義語

image by iStockphoto

ここで「多様」にはどのような対義語があるのか解説していきます。

「多様」の対義語1:一様

「一様」:同じように揃っていること、またありふれていること。

「セミナー参加者の反応は、一様に悪いものだった」

「彼らが作る記事は一様に良いものだ」

「国の権力者たちは、自分の力を示すためにみな一様に豪邸に住んでいる」

「多様」の対義語2:一律

「一律」:物事の調子が同じで変化がない、全ての同じで違いがないこと。

「試験のために全ての生徒が一律にノートの内容を暗記しようとしていた」

「重要度に違いがある問題を一律に扱うことができない」

「景気が回復した影響か全社員の給料が一律で10%上がることが決まった」

「多様」を上手く使いこなそう

以上、「多様」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は、ある事柄に「たくさんの種類があること」をいい、「多様な価値観」「多様な反応」などの形で用いられています。

また「多彩」「様々」も同じような意味ではありますが、「多彩」は「あることの種類が多くて華やかなこと」、「様々」は「ある物にいろいろな形や種類が見られる様子」を表す言葉です。

つまり、「多様」は種類が多い、すなわち「同じではないものがたくさんある」ということを表すことに対して、「多彩」は「(種類が多いために)華やか、派手で人目を引くこと」、「様々」は「ある物の種類や形が一つではなく、いくつもの異なったものが見られる様子」を表すというニュアンスがあります。

それぞれ種類が多いという似た意味がありますが、微妙に異なる意味があるため、適度な場面で使い分けるようにすると良いでしょう。

Share:
shinkai