用語

「行き違い」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説!

「行き違い」(読み方:「ゆきちがい」)という言葉は、「行き違いが生じる」「行き違いになる」などの形でよく用いられています。

催促する手紙や請求書などの文章でよく使われる語ですが、具体的にはどのようなことを表すのか、また他に近い意味の語にはどのようなものがあるのか、中には疑問が浮かぶこともあるかもしれません。

そんな「行き違い」という言葉について、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が説明していきます。

「行き違い」の意味と使い方、また類義語にあたる言葉について見てみましょう。

「行き違い」の意味と使い方・例文・類義語

image by iStockphoto

普段の生活で多用される「行き違い」は、仕事柄の約束やその他の予定、または日常生活における予定などについて上手く事が運ばなかった場合に使われることが多いですね。対人における関係性の中でも使われる言葉でもありますが、実際の意味と使い方、例文などを参考に正しい使い方をチェックしてみましょう。また、いくつかの類義語もその意味と使い方の例文をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

「行き違い」の意味

あらゆる場面で使われる「行き違い」という言葉ですが、その本来的な意味はどんなものになるのでしょうか。適切なシチュエーションで「行き違い」を使うためにも、その定義について辞書を元に解説していきます。

すれちがいになって、出会わないでしまうこと。

意思がうまく通じなくて、くいちがうこと。手筈が狂うこと。

 

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「行き違い」

つまり、「互いに相手に会いに行きながらも出会わないで終わること」「意思が適切に通じず、合致することが望まれる意見や物事が一致しないこと、段取りが予想通りにならないこと」を表す言葉として使用することができます。

「行き違い」の使い方・例文

人や物事の経過に対して応用が効く「行き違い」という言葉について、その使い方と例文を見ていきましょう。例文では、予定が合わないことや、予定通りに行かなかったことを表す言葉として使われているのがお分かりいただけるでしょう。相手との予定が合わなかったり、都合が合わなかったりする旨を丁寧に説明するときなどにも使われる言葉となっています。

「彼は仕事を片付け慌てて待ち合わせ場所に向かったが、結局彼女に急用ができてしまい行き違いになった」

「彼女が店に着いた時には彼はもう店を出た後だったので、その日は行き違いとなった」

「契約の更新を希望される場合には申込書に必要事項を記入の上、同封の返信用封筒にて○日までにご返送くださいますようお願いいたします。なお、すでにご返送済みでこの手紙が行き違いとなっておりましたら何とぞご容赦ください」

「連携がうまく取れていないことから認識に行き違いが生じ、自社の両部署間に諍いが起こった」

「行き違い」類義語

image by iStockphoto

予定が合わないこと、都合がつかないことを表す言葉である「行き違い」ですが、この言葉にはいくつかの類義語が存在します。その中でも特に意味が違い言葉についてもチェックしてみて下さい。これらの類義語の意味と使い方を把握して、ビジネスシーンやプライベートでの使い分けをしてみても良いかも知れません。適切なタイミングで使用するようにしましょう。

「行き違い」の類義語1 「食い違い」

「意見が食い違う」といった使われ方をすることが多い「食い違い」は、ポジティブな意味よりもネガティブなニュアンスを含む意味として使われることが多いですね。自分の都合に対して、人や物事の都合が合わなかった場合に使われています。その他、客観的な視点から人同士や物事の行き違いを説明する時にも使えますね。「食い違い」の意味や例文についてもみていきましょう。

「食い違う」の意味

あらゆるシチュエーションで使用可能な「食い違う」ですが、「行き違い」とは言葉の意味は似ていますが、ニュアンスとしては若干異なったものです。「食い違う」の言葉の意味を、辞書の定義を元にご紹介します。

物事や意見がうまく一致しない。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「食い違う」

つまり、「物事や意見がうまく一つにまとまらない」ことを指す言葉として使用することができます。

「食い違い」の例文

「行き違い」の類義語である「食い違い」という言葉を適切に使うためにも、その例文をご紹介するので確認してみて下さい。この言葉は、客観的な視点から双方の意見や条件が違っている場合などに使える言葉でもあります。仕事や契約上の行き違い、その他適切なシチュエーションで使ってみましょう。

「双方の言い分を聞いてみたが、彼らの言っている事実は互いに食い違っていた」

「面接で確認した労働条件と実際の状況には食い違う点が多く、入社してすぐにもかかわらず退職を考え始めた」

「彼の家族との間で意見に食い違いがあり、結局彼は遠方に引っ越しをすることになりました」

「ある程度の意見の食い違いをすり合わせるために、お互いの会社の代表に相談することになった」

「行き違い」の類義語2 「擦れ違い」

image by iStockphoto

「行き違い」や「食い違い」といった言葉とよく似た意味を持つ類義語の「擦れ違い」についてご紹介します。「擦れ違い」は、「人や物事がある地点で一緒になるところが合わずに擦れ違う」といったように、双方の動きや意見が予定通りに合致しなかなかった場合に使う言葉の一つです。「行き違い」「食い違い」といった他の類義語と区別して使えるように、その意味と使い方・例文を見ていきましょう。

「擦れ違い」の意味

物事や人との状況に対して使うことができる「擦れ違い」の意味について、辞書に示された定義をご紹介します。

議論などで、論点が合致しない状態になる。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「擦れ違う」

つまり、「相手と出会うはずのところを出会わずに終わること」「議論の要点となることが相手と一致しない状態」を表す言葉として使うことができます。

「擦れ違い」の例文

希望していた結果に至らなかった場合に使われることが多い「擦れ違い」について、その例文を見ていきましょう。例文では、結果的に意見や人との待ち合わせなどが上手く行かなかった場合に使われていますね。やはりネガティブな結果に対して使われる「擦れ違い」について、その使い方を例文から解釈してみて下さい。

「その日の打ち合わせは、それぞれの意見が擦れ違いまとまらないままに終わった」

「彼らは一緒に暮らし始めたが、互いに仕事が忙しく擦れ違って会えない日が続いた」

「彼と彼女の擦れ違いが重なった結果、未だにお互いのことが理解できずにいる」

「各店舗の意見の擦れ違いを無くす方向で働きかければ、必ず良い結果に繋がるだろう」

「行き違い」とその類義語を適切に使おう

以上、「行き違い」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

この言葉は、「すれ違って出会えないで終わること」「考えがうまく通じずに意見などが食い違うこと」をいい、互いに会いに行って会えずに終わる状況や意思が通じず物事に食い違いが出ることについていう場合に「行き違いになる」「行き違いが生じる」などの形で用いられています。

また、似た意味の語には「食い違い」「すれ違い」といったものがありますが、「食い違い」は「意見などがうまく一致しない」ことをいい、相手と同じ意見でまとまることが望まれる状況にあるけれどそれがうまく一致しないことについていう場合に「~と食い違う」「食い違いが生じる」などの形で使ってみましょう。

そして「すれ違い」は「出会うはずを会えずに終わる」「論点が合致しない」ことをいい、相手と会えるところを時間などが合わずに会えない状況や議論において要点となることが一致しない状態についていう場合に使用することもできますね。

これらの語は同じような意味がありますが、微妙に違った使い方ができるので適当な場面で使い分けるようにすると良さそうです。

Share:
prescott