用語

「粋」の意味と使い方・例文・「小粋」との違いは?現役ライターがサクッと解説!

「粋」(読み方:「いき」)という言葉は、「粋な人」「粋な計らい」などの形でよく用いられています。

たとえば洒落た人のことをいう場合に使われている言葉ですが、具体的にはどのようなことを表すのか、また近い意味のある「小粋」という語とはどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

「粋」の意味と使い方、「小粋」との違いについて、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が解説していきます。

言葉の違いが明確でない「粋」という言葉と「小粋」という言葉について、それぞれの意味を辞書を元に確認しましょう。それぞれの言葉の使い方とニュアンスを掴むための例文もご紹介します。これらの言葉を正しく理解し、上手く使い分けられるように確認してみてくださいね。

「粋」の意味と使い方・例文・「小粋」との違い

image by iStockphoto

「粋」という言葉は、日本に古くから存在する独特の言葉と言えるでしょう。他の言語には無いような、いかにも日本的なこの言葉ですが、現在では日常的に使うことは少ないのではないでしょうか。しかしながら、古くから日本の文化が残るような場所では使われることもあるかも知れませんね。この「粋」という言葉を正しく使えるように、その由来と意味、使い方、例文をチェックしてみましょう。また、「粋」という言葉と同じように使われる「小粋」という言葉は、どのような意味があるのでしょうか。「粋」や「小粋」を上手く使えるように意味などを確認しておきましょう。

「粋」の由来とは

「粋」という言葉は、昔から存在するイメージがありますね。この「粋」の発祥は江戸時代にさかのぼります。江戸の庶民の生活の中から生まれた言葉であり、時代時代で移り変わる美的観念を反映していました。遊ぶ上での礼儀や、容姿端麗なことを指す言葉として使われていましたが、現在ではその意味は幅広く拡大されており、当時の意味の範囲を超えたものとなっているようです。現代においてはどのような意味で使われ方がされているのでしょうか。「粋」の意味についてご紹介します。

「粋」の意味

日常的に使う機会は少ないものの、聞く事もある「粋」という言葉については、一般的にはかっこいいという意味で使われることが多そうです。しかしながら実際の意味を説明するとなれば、詳細な意味を理解している人は少ないのではないでしょうか。適切なシチュエーションで正しく使えるように、その意味について辞書を元に確認してみましょう。

容姿・気風などが洗練されていて、しゃれた色気があること。あかぬけている。粋(すい)。
花柳界(かりゅうかい)の事情に通じていること。また花柳界。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「粋」

つまり、「見た目や気質などが垢抜けていて色気があること」「情けや思いやりといったものがよく分かっていて理解があること」を表す語となっています。

 

「粋」の使い方・例文

「洒落気」や「容姿端麗」という言葉が近いと思われる「粋」という言葉ですが、実際に人をそう評価する時に使うことが多いですね。そんな「粋」という言葉を実際に使うときのヒントとなる例文をご紹介していきます。例文を元に、「粋」という言葉を使うニュアンスを掴んでみてくださいね。

「その日の彼女は、体のラインが美しく見えるタイトな黒いワンピースというななりをしていた」

「彼女が誕生日を迎えたその日は、シェフのな計らいでサプライズのバースデーケーキが用意された」

「普段は洒落っ気のない彼も、その日はなジャケットにホワイトジーンズを合わせたコーディネートでスタイリッシュに見えた」

「友人たちのな計らいにより、彼は留学を前にぎくしゃくしていた彼女と二人で会いじっくりと話し合うことができた」

「粋」と「小粋」の違い

image by iStockphoto

「粋」という言葉と同じように使われている「小粋」という言葉をご存知でしょうか。現在ではあまり耳にする機会も少ないこの2つの言葉ですが、実際にこの言葉が使われることがあるのも事実です。はたして、この両者の言葉にはどんな違いがあるのでしょうか。聞いた時にも、また使用する時にも正しい理解ができるように確認しておきましょう。

「小粋」の意味

「小粋」という言葉は、「粋」と同じように形容詞として使われる事が多いでしょう。この「小粋」という言葉は、あまり使う事は少ないかも知れません。しかしながら、意味や使い方を知っておいたほうが表現の幅は広がりますね。「粋」という言葉は「意気」を表す言葉としても知られていますが、この「小粋」という言葉についてはどのような意味なのでしょうか。「小粋」の気になる意味についてチェックしてみましょう。

どことなくあか抜けした趣があること。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「小粋(小意気)」

「小粋」の使い方・例文

「小粋」は、「粋」という言葉と意味もあまり変わらず使用することができそうですね。また、「小」という漢字が付いていることから、「粋」よりも控えめの印象であり、小洒落た容姿の人や、物事をよく理解している人に対して使えますね。正しいシチュエーションでつかうためにも、この「小粋」という使い方のヒントとなる例文をご紹介していきます。「粋」の例文も対比してご紹介しますので、使い分けるのにニュアンスを掴んでおきましょう。

「小粋」:「彼は話し上手で、時折小粋なジョークやユーモアを盛り込むなどして場を和ませた」(≒「彼は話し上手で、時折ちょっと洒落たジョークやユーモアを盛り込むなどして場を和ませた」)

「粋」:「普段清楚な印象が強い彼女の黒いドレス姿はに見えた」(≒「普段清楚な印象が強い彼女の黒いドレス姿は都会風に洗練されていて色気もあるように見えた」)


「小粋」「はっきりどことは言えないけれど、何となく粋に感じられる、少し洒落ていること」「粋」「容姿などが洗練されて色気があること」を表すというニュアンスの違いがあります。

「粋」と「小粋」を上手く使い分けよう

以上、「粋」の意味と使い方、「小粋」との違いについてまとめました。

この言葉はいくつかの意味がありますが、主に「容姿などが洗練されていて色気があること」「物分りがよい、事情などに理解があること」をいい、たとえば垢抜けてすっきりりとして色気がある人などについていう場合に「粋ななり」などの形で用いられています。

また「小粋」にも近い意味がありますが、この場合には「どことなく垢抜けていること」をいい、何となく、どことは具体的にいえないけれど垢抜けて見える人などについていう場合に「小粋な人」といった形で用いることが可能です。

これらの語は、垢抜けて色気がある、もしくは何となく洗練されているように感じられる人についていうことができるため、ケースに応じてこれらの語を使い分けてみてはいかがでしょうか。

Share:
prescott