用語

「潤沢」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役ライターがサクッと解説!

「潤沢」(読み方:「じゅんたく」)という言葉は、「潤沢な資金」「潤沢な食料」などの形でよく使われています。

物などが豊富にあることについていう場合に使われている言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また他に似た意味のある語にはどのようなものがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。そんな「潤沢」という言葉について、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が解説していきます。

「潤沢」という言葉について、その意味と使い方を見ていきましょう。また、「潤沢」という言葉の意味をニュアンスで使い分けるための類義語や、「潤沢」という言葉を正反対の意味で使用できる対義語、それぞれの例文についてもご紹介します。それぞれのシチュエーションで適切なニュアンスの言葉を選ぶヒントにしてみてくださいね。

「潤沢」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

利益や経済面、物資などの面でよく使われる言葉として目にする「潤沢」は、その音の響きや使われている漢字からも、非常に豊かなイメージがありますね。名詞を修飾する形容詞として、プライベートもそうですが会社などのビジネスシーンで主に使われている言葉になります。「潤沢」という言葉を使用する際に、適切なシチュエーションで使えるように、その意味と使い方を見てみましょう。また、「潤沢」の使い方のヒントとなる例文をはじめ、類義語、またその反対の意味を示す対義語についてその意味と例文もご紹介します。

「潤沢」の意味

「潤沢」という言葉について、具体的な使い方とニュアンスを掴むためにも、その意味についてご紹介していきます。「潤沢」は、一般的に豊かである様を表す言葉として使われますが、否定文でも使用しても不自然ではありません。しかしながら、否定文で使用するときは「潤沢」の反対語を使用するのも一つの手段です。まずは「潤沢」の正確な意味を把握するためにも、辞書に記載されている意味について引用してご紹介します。

つや。うるおい。物資や利益などが豊富にあること。十分ゆとりのあること。

恩恵を施すこと。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「潤沢」

つまり「物資(生活に必要なもの)や利益が十分にあること、満ち足りていてゆとりがあること」「うるおい、つやがあること」を表す語となっています。

「潤沢」の使い方・例文

豊かである様を表す「潤沢」という言葉は、経済面に限らず、物資などのさまざまな物事に対し形容する言葉として使うことが可能です。類義語や反対語を持つ「潤沢」を、適切なシチュエーションで使うために、そのニュアンスを理解しておきましょう。ご紹介する例文を元に、日常生活で使用するためのヒントとしてチェックしてみて下さいね。

「その企業は主力事業の利益率が高く潤沢な資金があることから、新規事業への進出を決めた」

「物が潤沢ではなかった戦後には衣料品も品質の良くないものが多く出回っていた」

「震災直後は潤沢な食料が入手できず、彼らはカップ麺やお菓子といったものばかりを食べていた」

「明るい髪色に染めて都会風を装う女性たちの中で、潤沢を帯びた黒髪を持つ清楚な雰囲気の彼女はひときわ人目を引付けた」

「潤沢」は、上記のように利益や食料・衣料といった生活に必要なものが豊富にある(もしくは逆に十分でない)状況についていう場合、もしくは髪などにうるおいや艶があることをいう場合に、「潤沢な利益」「潤沢な黒髪」などの形で使われています。

「潤沢」の類義語と対義語

image by iStockphoto

十分であること、豊かで豊富であることを示す「潤沢」には、いくつかの類義語と対義語が存在しています。類義語とは正反対の意味をもつ反対語は、理解しておけば否定文として「潤沢」や類義語を使う時により自然な印象がありますね。これらの類義語と対義語は、どちらかといえば「潤沢」よりも日常で使う言葉として馴染みのあるものになります。あらゆる状況をニュアンスで分けて説明するためにも、その類義語と対義語について見ていきましょう。

「潤沢」の類義語・「豊富」の意味

「潤沢」の類義語である「豊富」の意味について見てみましょう。「豊富」という言葉は、「潤沢」よりもより一般的であり、ビジネスシーンからプライベートまで、よく耳にする言葉なのではないでしょうか。たくさんあるという意味で使うことができる「豊富」について、辞書に記載されている定義を確認してみましょう。

ゆたかに富むこと。ゆたかにあること。たっぷりとあること。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「豊富」

つまり「十分にあること、満ち足りていること」のことを言い表す時に使用することができます。

「豊富」の使い方・例文

image by iStockphoto

すでに使い慣れた感もある「豊富」ですが、ニュアンスを掴むという目的も含めて、その例文について見ていきましょう。日常生活で比較的よく使う言葉になりますので、あまり解説は必要ないという方もいるのではないでしょうか。例文をチェックして、普段の使い方を見直すためにもチェックしてみて下さいね。

「ヨーロッパを産地とするミネラルウォーターはほとんどが硬水でミネラルが豊富に含まれている」

「彼は入社してまだ日は浅いが、即戦力として十分に通用するだけの豊富な経験を備えていた」

「砂漠の中でも、水が豊富な土地には人や動物が集まり暮らしている」

「彼らの豊富な知識は、チームとして我が社のメインプロジェクトに貢献するだろう」

「潤沢」の対義語・「不足」の意味

「潤沢」という言葉の反対語になる「不足」という言葉も、「豊富」の反対語として日常生活で使う事が多い言葉になりますね。この「不足」という言葉は、客観的な視点から何かが足りない時などに使われることが多く、「不足感」といった言葉として観念を表す言葉としても使われています。この「不足」についても、その意味を辞書から引用してみましょう。

必要なだけないこと。足りないこと。欠けていること。不十分。不完全。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「不足」

つまり、「必要とされている分が足りていないこと、十分ではないこと」のことをいい、以下のように使うことができます。

「不足」の使い方・例文

「不足」の使い方のヒントとなる例文をご紹介します。この言葉も日常生活でよく使われる言葉なので、馴染みがある人も多い言葉になりますね。例文をチェックして、そのニュアンスを今一度確認してみましょう。

「彼は駅前の一等地にこだわっていたが、そこに店を開くには資金が不足していた」

「毎年繁忙期になると人手不足に陥ることに鑑みて、事前に対策を考えて準備をしておくことにした」

「物やお金などが不足しているという考え方が、現代の消費社会を支えている」

「大幅な物資の不足によって、駅前に展開するプロジェクトは頓挫してしまうだろう」

「潤沢」と「豊富」「不足」を適切に使おう

以上、「潤沢」の意味と使い方、類義語、対義語についてまとめました。

この言葉は主に「利益や物資が十分にあること」「潤いや艶があること」をいい、食料などの生活に必要な物が十分にあること、つやや潤いのある髪についていう場合などに「潤沢な食料」「潤沢な黒髪」といった形で使われています。

また近い意味の語には「豊富」がありますが、この場合は「豊かにあること」をいい、物や経験などが十分にあることをいう場合に「~が豊富にある」「豊富な~」などの形で使うことが可能です。

そして反対の意味のある語には「不足」があり、この場合はある物が必要とされている分量に足りていないことをいいます。

これらの語は、物などが十分にありゆとりがあること、逆に十分ではなく満足していないこと、必要とされる分に足りていないことをいう場合に使う語ですが、微妙に使う場面が異なるため、適度に使い分けてみましょう。

Share:
prescott