用語

「顕在」の意味と使い方・例文・「顕著」との違いは?日本文学専攻の現役ライターがサクッと解説!

「顕在」(読み方:「けんざい」)という言葉は、「顕在化する」「顕在的な~」などの形でよく使われています。

はっきりとした形で表に現れている問題についていう場合に使われている言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また似た意味ある「顕著」という語とはどのような違いがあるのか、中には疑問が浮かぶこともあるかもしれません。

正しく意味を理解しているという人は、圧倒的に少ないと思われる言葉の一つです。

そこでここでは、日本語を勉強することが好きな筆者が「顕在」の意味と使い方、「顕著」との違いを説明していきます。

「顕在」の意味と使い方・例文・「顕著」との違いは?

image by iStockphoto

それでは、以下に「顕在」の意味と使い方、また「顕著」との違いを説明します。

「顕在」の意味は?

そもそも、「顕在」とは、一体どのような意味を持つ言葉なのか?という疑問を浮かべる人も、中にはいるかと思います。

「顕在化する」「顕在意識」などといった形で、比較的よく使われる言葉ですので、一度は見かけたことがある人も多いかと思いますが、よくよくその言葉の意味を考えたことはないのではないでしょうか。

これを機会に、しっかりと「顕在」という言葉の意味を確認していきましょう。

「顕在」という言葉を辞書で引いたり検索したりして調べてみたところ、以下のような意味があることがわかりました。

はっきりあらわれて存在すること。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「顕在」

物事が、はっきりと現われて存在していること。⇔潜在

出典;コトバンク

 

つまり、「顕在」とは、「ある物事がはっきりと表面に出てそれと分かる形で存在すること」を表す言葉です。

ちなみに、上記で触れたように、この「顕在」という言葉の対義語は「潜在」になります。

近年、「潜在意識」という言葉がビジネス書や自己啓発書によく登場するのですが、この「潜在」は「無意識」のようなものです。

主に「内に秘められた能力」を表しますので、その反対の「顕在能力」は、「あきらかに所有していることがわかる能力」や「(自覚している)意識」というわけですね。

このように、反対の言葉を考えて、そこから正しい意味を推察することもできますので、気になった言葉の対義語を一度調べてみることもおすすめです。

「顕在」の使い方や例文は?

では、「顕在」の意味がわかったところで、次は「顕在」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

例文を見て具体的な使い方を知ることによって、言葉をより適切な場面で用いることができるようになりますので、ここはしっかりと抑えておきたいところです。

この「顕在」という言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

・「顕在化していない潜在失業者を含めると失業率はより高いものとなる」

・「コミュニケーターの仕事は顕在的な問題に対処するだけではなく、顧客自身がまだ気付いていない潜在的な問題を表面化して対処することも求められる」
・「顧客がサービスに不満を感じていても顕在的なクレームとして明らかになるのはごく一部だ。それだけではなく『サイレントクレーム』といわれる表面化していないクレームがより多く存在していることにも注意を向ける必要がある」
・「多くの企業で顕在化した問題となっている人手不足は今後さらに深刻になっていくことは明らかだ」

「顕在」は「潜在」の対義語にあたり、内に隠れて表面からは分からない「潜在」に対して、表面に現れていてそうと分かる形で存在することを表します。

つまり、誰にも分かるような形で表面上にはっきりと存在している物事についていう場合に、「顕在化する」「顕在的な~」といった形で使うことが可能です。

イメージ的には、「氷山」が近いでしょう。

「氷山の一角」とはよく言ったもので、氷山は表面だけがごく一部だけ出ていますよね。この「表面」にあたる部分が「顕在」です。

対して、「潜在」はこの表面の下、つまるところ「氷山の隠れた部分」を指すと例えると。わかりやすいのではないでしょうか。

このように、言葉の意味が掴みにくいときは、「イメージ」を用いると、ニュアンスを掴みやすくなります。

言葉の意味に迷ったり悩んだりしたときは、是非この「イメージ化」を試してみてくださいね。

「顕著」との違いは?

次に、「顕在」と似た意味のある「顕著」という言葉との違いについて見ていきます。

「顕著」も日常的によく使われる言葉ではあるものの、やはり「顕在」同様、深く意味を考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。

ここでは、改めて「顕著」の言葉の意味を確認していきたいと思います。

そこで、「顕在」と同様、辞書や検索で調べてみたところ、「顕著」には以下の意味があることがわかりました。

きわだって目につくこと。著しいこと。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「顕著」

際立って目につくさま。だれの目にも明らかなほどはっきりあらわれているさま。「顕著な業績」「徴候が顕著に現れる」

出典:コトバンク

違いはわかりましたか?

意味がわかっても、なかなか違いを掴むのは難しいかもしれませんね。

そこで、より違いがわかりやすくなるように、「顕在」「顕著」それぞれの例文を挙げて比較してみることにしました。

「顕在」と「顕著」の例文を並べて比較したものが、以下になります。

「顕著」:「彼は新人ながら顕著な営業成績を収めて表彰を受けた」(≒「彼は新人ながら、はっきりと目立った営業成績を収めて表彰を受けた」)

「顕在」:「歯痛というと虫歯を想像しがちだが、顕在化していない他の部分にある身体の不調が原因になっていることもある」(≒「歯痛というと虫歯を想像しがちだが、まだ表面に現れておらず本人が気付いていない他の部分の身体の不調が原因になっていることもある」)

つまり、

「顕著」は、ある物事の変化や程度の差などがはっきりと目立っていること、他との違いが明らかではっきりと目に付くこと

「顕在」は、ある事柄が表面上に現れてはっきりと認識できる形で存在していること

を表すという違いがあります。

一見、同じような意味合いに見えますが、「顕著」は「目立っている」という意味を持つのに対して、「顕在」は「はっきり認識できる」という程度にとどまっており、それが目立っているかどうかは争点になりません。

より際立って表面化している(はっきりしている)と感じた場合は「顕著」、そこまでではないけれど「はっきりと認識できる、理解できる」といった場合は「顕在」と使い分けることをおすすめします。

「顕在」と「顕著」のニュアンスの違いを把握して、適切に使い分けましょう!

以上、「顕在」の意味と使い方、「顕著」との違いについてまとめました。

この「顕在」という言葉は、「はっきりと現れて存在すること」をいい、(潜在に対して)表面化して分かるような形で存在する物事についていう場合に、「顕在化する」「顕在的な~」といった形で使われるのが一般的です。

また「顕著」も近い意味があるように思えますが、この場合は「著しいこと」「はっきりと目に付くこと」をいい、ある物事の変化や他との差などがはっきりと目立っていることについていう場合に「顕著な~」などの形で使うことができます。

この「顕在」と「顕著」という言葉は、一見似ているようでもそれぞれ違った意味があるので、適度な場面で使い分けることが可能です。

特に、「程度」を意識してみると、より適切に使い分けられるでしょう。

Share:
shr0805